宝くじ300億は元妻にも?(アメリカ)離婚後の高額当選はどうなる?

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

現在、全米で論争になっているのが

マイケル・ウィアースキーさんが300億円の宝くじを当てたという件。

グッディで特集されていたので、まとめてみました。

アメリカのマイケルさん宝くじで300億当選!

アメリカ・ニュージャージー州で宝くじで2億7300万ドル(約304億円)を当てたのは、マイケル・ウィアースキーさん(54歳)

「宝くじ売り場に行って、宝くじを見せたら、店員が”オーマイガー!あなたが当選者だ”って言ったんだよ」

マイケルさんは、今月購入したアメリカ2大宝くじ「メガミリオンズ」に当せんし、億万長者となりました。

メガミリオンズは、6個の数字を選び、すべての数字を的中させると大当たりになります。

当選者がいない場合は、キャリーオーバーとなる、超高額当選の宝くじです。

昨年10月には、過去最高額となる、約1720億円という歴史的高額当選。

マイケルさんの場合は、1口2ドルの宝くじが、たった一夜にして約300億円になったのです。

「まずは、新しい小型トラックを買おうと思っている。フォードのラプター。長年ほしかったので…

それから、母親とかを連れて家族旅行したり他のこともしてみたいんだ」

いきなり高額当選者になったのだから、夢は膨らみますね。

マイケルは、失業中で扶養手当生活

「何もかも変わっていくと思うよ。私は失業中だったから」とコメント。

そう、マイケルさんは、働いていなかったのです。

そして、2018年10月に離婚していました。

結婚している15年間、元妻が働いていて、マイケルさんは働いたことがなかったのです。

1年ほど前から就職活動をしていたものの、54歳で一度も働いたことのないマイケルさんを雇う会社はなかったのだそうです。

さらに、マイケルさんには、元妻から扶養手当が支払われている状態でした。

アメリカでは、一方が無職の場合、子供がいなくても収入がある方が扶養手当を支払う責任があるのだそう。

と、いうことは、購入した宝くじは、元妻からの扶養手当で当選したと言ってもいいかもしれません。

と、いうことでアメリカでは、元妻にも高額当選金の分け前を渡すべきか?という論争が起こっているのです。

元妻がいくらかもらうべき!

離婚しているんだから分ける理由はない

元妻が15年間彼を支えてきたのよ。彼は分けるべきよ。

元妻のアイリーンさんは、ニューヨークポストの取材に対して、

「前の夫には、正しいことをしてほしい。

考えてもみてください。どれほど長く私が働き、彼を支えてきたか。

離婚では大金を支払わなければなりませんでした。

彼にとって道義的に正しいことは何だと思いますか?」

一方でマイケルさんは、「元妻には何かあげるの?」という質問に対して

「彼女はちょうど今日電話してきて、私を法廷に呼び出すと言ったんだ」

ーーそれは真剣に言っていたの?

「心配しないでください。呼び出すと言ってもそれはできないですよ。」

と、裁判沙汰にはならないと余裕のマイケルさん。

離婚前のマイケルの生活は?

マイケルさんは、15年間無職。主夫をやっていました。

キッチンの掃除や犬の世話、キャンピングカーの管理をしていたそうです。

また、便利屋さんのようなこともしており、お小遣い程度は稼いでいたのだそう。

そして、妻のアイリーンさんは、公益事業会社でコストアナリストとして働き、家計を支えていました。

離婚後も、アイリーンさんが扶養手当を支払っていました。

アメリカでのアンケート

これだけお世話になっていたので、離婚後とはいえアイリーンさんに分配してもいいのでは?という声も多く出ています。

元妻はお金をもらえる?

もらえる  62% (宝くじは彼女の出したお金で買っている!)

もらえない 38% (離婚が成立しているので、元夫は間違えていない。妻のタイミングが悪かった)

元夫は、元妻とお金を分けるべき?

分けるべき   34% (彼女が15年間支えてきたのだから、元夫はお金を出すべき)

分けなくていい 66% (離婚して子供もいないから、元夫はお金を共有する理由はない)

元夫婦は、お互いにどう思っている?

マイケルさんは、払うつもりがなさそうです。

「7日に彼女から電話があった。法廷に引きずり出すつもりだ。」と記者会見で。

「今後の私の人生に一切かかわってほしくない」とテレビ番組で発言しています。

元妻アリーンさんは、支払い要求をしているように思えます。

「彼が急にお金持ちになったからといって、魅力は感じません。

私がどれほど長く働いたか考えてほしい。彼に正しいことをしてほしい。」

元夫に扶養手当を支払っている状態です。

まぁ合わなくて離婚しているんですもんね。

結局、元妻は当選金額の一部をもらえるの?

15年家計を支えてきたアイリーンでしたが、離婚後に宝くじを購入・当せんしたので共有財産とはみなされず、もらえないそうです。

ただし、結婚中の精神的苦痛などで損害賠償請求ができる可能性もあるのだそう。

宝くじで300億円は妻と分ける?まとめ

できれば、15年一緒にいた奥さんに支払ってほしいという気持ちはありますが

記者会見しているこのマイケルさんが、完全に妻のことを見下していて、それが不快でした。

いやぁ…金って怖いですね。

Twitterでも皆さんどう思っているのか気になったので見てみました。

アメリカでずっと無職で妻に養ってもらってた男(働かないので妻に離婚された)が宝くじで300億当たったらしいけど
この人、多分自堕落で自分を律することを知らず
社会経験も大して無さそうなので
これから悪い奴がわんさか寄ってきて
人生転げ落ちそうで
ちょっと気の毒だったりする(´;Д;`

アメリカ
離婚後も扶養手当かー

確かにすぐ生活水準落とすのも無理だし…人権が手厚い部分は先進国らしい

その扶養手当から宝くじ購入したのに、宝くじの当選金額の一部すら払わなくていいってのは世知辛すぎ

アメリカの法律で離婚した時に収入差がある場合、収入の多い方から少ない方に一定の期間サポートするというのなら、宝くじの当選によって収入差が逆転したのだから、今度は奥さんの方がサポートしてもらえるようになるということじゃないのですかねぇ?

アメリカで男性が54年 職歴無し、結婚して15年主夫、奥さんが働いていて、離婚してアメリカの法律上、奥さんが元夫に扶養手当、その扶養手当で買ったであろう宝くじが当たり300億円。奥さんに分けるか分けなくていいかの論争。オレの考えは半分か100億渡しても良くない?それでも150億200億あるんだよ

アメリカの宝くじ300億当たったって話、絶対妻に分けなくていいでしょ
夫は仕事してこなかったから半分よこせって、家事だって仕事だと思うし
夫が家事してくれたから妻は安心して働けたんだから夫は妻にあげる必要なし。

立場が逆だったら、専業主婦の当てた宝くじを元旦那と分けるかって話にもスポットが当たっていますが、よく見ていただきたい。

部屋の掃除や洗濯、マイケルさんはやっていませんよ!

確かにね、これが男女逆だったらどうなっていたのか気になるところではあります。

うん。気持ちはわかる…わかるけど、私はちょっとマイケルの態度が好きじゃない。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ねこ より:

    第一買ったお金だって扶養手当を払っていた妻の稼いだお金でしょ?

    そもそもこんな人間に宝くじが当たるなんて・・・神様は何も見ていない・・・いや居ない証拠だわ。