三崎優太(青汁王子)脱税で逮捕!実刑や刑期は?年収や馬主、車についても。



スポンサーリンク

こんにちは、ももあぼです。

インターネットで青汁を販売する健康食品販売会社「メディアハーツ」(東京都渋谷区)が、架空の経費を計上して2年分で数億円の法人所得を隠した疑いがあることが、関係者への取材でわかった。

東京地検特捜部は12日、社長の三崎優太容疑者(29)を法人税法違反(脱税)容疑で逮捕した

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000032-asahi-

この、メディアハーツ社長の、三崎優太容疑者は

青汁王子とも呼ばれ、多くのメディアにも出演していた人のようです。

三崎優太のプロフィール

三崎優太(みさき ゆうた)さんは、実業家です。

三崎優太(三崎優太さんInstagramより)

生年月日:1989年3月29日

出身地:北海道札幌市

高校時代は、クラブにハマっており中退しているようですが

アフィリエイト(インターネット広告)で

数千万円の利益を出していたというのですから、商才はあったのでしょう。

18歳の時に株式会社メディアハーツを起業。

2014年に美容通販事業を開始し、「すっきりフルーツ青汁」が

2017年10月23日時点で累計1億3,000万本を超える売上となりました。

現在、青汁などの健康食品だけではなく、化粧品も販売しています。


スポンサーリンク

すっきりフルーツ青汁とは?

2014年からネット限定で発売された「すっきりフルーツ青汁」。

多くのモデルや芸能人がブログで宣伝したため

累計販売数は、150,000,000本という大人気商品です。

年商は、2018年前期で130億円というのですから

単純計算で、2018年度は260億円ですか。すごすぎます。

三崎優太の年収は?

自らが取締役を務める会社でこれだけ年商がある三崎さん。

そして、仮想通貨の売買で十数億円の所得を得ていました。

どれだけの年収か気になるところですが、残念ながら年収は公表されていませんので

三崎さんのお買い物を見て、想像してみたいと思います。

2018年1月、Instagramで

アンチエイジングのために、500万円の幹細胞治療をすることを公表されています。

趣味は、温泉巡りにキャンプや釣りとアウトドアな三崎さん。

2018年1月の時点で、八ヶ岳に別荘を建築中とのことでしたので

1年以上建っているので、既にできていそうですね。

別荘は、森林浴をしながら露天風呂やサウナに入れるようで

BBQや焚き火もできるということから、敷地もかなり広そうです。

三崎優太(三崎優太さんInstagramより)

こちらが、別荘の模型のようですが

後ろに東京タワーが見えるお部屋は自宅なのでしょうか。

家賃100万円といわれるタワマン…成功者って感じがします。

2018年12月には海外に拠点を移しています。

脱税に関する後ろめたさでもあったのでしょうか。。。

三崎優太(三崎優太さんInstagramより)

2018年の大きな買い物は、ベンテイガというベントレーのSUVだそうです。

価格は、3086円からって…かなりの高級車です。

そして、ベントレー購入者の年収予測として

1.2億円以上で、他の生活レベルを変えることなく乗りたい層に

当てはまるのではないかと思っています。

ちなみに、年間維持費は、80万~250万円と言われています。

三崎優太は馬主

三崎優太(三崎優太さんInstagramより)

2018年7月のセレクトセールでは

初日に1億1000万円の母ベガスナイト(父ハーツクライ)をはじめ、

計4頭、総額2億2400万円を買い、馬主になりました。

もちろん、最初は一口馬主からだったそうですが

最初に買ったのがフォーエバーモアだったそうです。

高校生くらいのときにウイニングポストというゲームにはまり、

馬主が登場してくるのをみて、こんなふうにゲームに出たいなと思ったのだそうです。


スポンサーリンク

脱税の内容は?

社長は架空の広告費を計上して、2年分で数億円の所得を隠し、法人税の支払いを免れた疑いが持たれている。

さらに知人が広告費の計上に協力していたという。

東京国税局が昨年、同容疑で強制調査(査察)に入り、調べていた。三崎容疑者は「広告費は正当な支払いだった」と容疑を否認しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000032-asahi-soci

今回逮捕されたのは、3人。

法人税法違反幇助(ほうじょ)などの容疑で会社役員、加藤豪容疑者(34)

事務代行業、内藤由美子容疑者(49)も逮捕されています。

架空宣伝費を振り込むなどして三崎容疑者の犯行を手助けした疑いが持たれています。

こちらが続報です。

逮捕容疑は、平成27年9月期と29年9月期に架空の広告宣伝費を計上するなどして同社の所得を隠し、法人税約1億4千万円を免れたほか、架空の課税仕入れを計上するなどして26年10月~27年9月と28年10月~29年9月に消費税約4千万円を免れたとしている。

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/「青汁王子」を逮捕-法人税など約%ef%bc%91億%ef%bc%98千万円脱税容疑-%ef%bc%92%ef%bc%99歳経営者、東京地検特捜部/ar-BBTtbYp?ocid=spartanntp#page=2

脱税で起訴された場合の実刑・刑期は?

今回、脱税容疑で逮捕された三崎優太さんですが

もし、起訴された場合、どうなるのでしょうか?

主要な脱税行為の法定刑は、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金(脱税額が1000万円を超える場合は情状により脱税相当額以下の罰金)

または懲役と罰金の併科です(所得税法第238条、法人税法第159条、消費税法第64条など)。

法人の代表者、代理人、使用人その他の従業員が、法人の業務または財産に関して脱税行為をした場合は、法人に対しても罰金刑が科されます(所得税法第243条、法人税法第163条、消費税法第67条など)。

https://keiji-bengosi.com/datsuzei/

三崎さんは、2018年Twitterで

「20億円は税金を納めている。全部記録済み」

「数十億円納税して、この仕打ちはやってられない」などと投稿していることから

全く税金を納めていないわけではなく

故意ではなく過失(申告ミス、記録漏れなど)だと証明できれば

不起訴処分又は無罪判決となるかもしれません。

しかし、もし本当に脱税していた場合の量刑はどうなるのでしょう。

脱税ではこちらの基準で判断されます。

●脱税額:まず脱税額に関しては当然法人税や所得税の金額が基準となります。

●脱税率:申告率0、つまり無申告というのが最も悪質です。

●脱税手法:脱税にその道のプロが絡んだりしていると罰の量刑がいっそう重くなります。

●修正申告:納税していない場合、懲役等の実刑になります。

●脱税の前科がある場合:脱税の前科があるとたいてい実刑となります。

これらの他にも、脱税の動機や脱税資金の使い道、隠蔽工作の有る無しなどで量刑が大きく変わります。

脱税では総額が3億円と言うのが懲役などの実刑の目安となっています。

http://zhk.jp/datsuzei/dz-tyoueki.html

ニュース記事では、数億円となっていましたが

3人で1億8000万という報道が出ました。

3億円には届かないので、悪質でない限り実刑は免れるのではないでしょうか。

とはいえ、悪質なものは、3億円に届かなくても実刑となることもありますし

追加の脱税の金額が増えるかもしれません。

架空の宣伝広告費とは?

続報で、架空の宣伝広告費とは

「競合他社を誹謗中傷するネット上への書き込みを別の会社に依頼した外注費だった」

としていましたが

実際には、「自社の従業員に誹謗中傷の書き込みをさせていた」そうです。

それならお金はかからないよね…って!

ライバル社を誹謗中傷する書き込みしてたことは認めるんかい!

うわぁ…ネットの口コミは疑ってかからないといけませんね。

これが本当なら、3人だけでやったとは考えにくいですよね。

そんなチマチマした仕事、こんな豪華な暮らしをしているトップやその周りの人がするはずないじゃないですか。

会社ぐるみのような気もしてきました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする