大阪・歩夢ちゃん虐待死事件の判決は?概要・刑罰や市の対応は?裁判員裁判に?

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

大阪府箕面市の集合住宅で当時4歳の男児が母親らから暴行を受けて死亡した事件で、傷害致死罪などに問われた母親の交際相手で無職松本匠吾被告(25)と知人の大倉敏弥被告(21)に対する裁判員裁判の初公判が15日、大阪地裁(大寄淳裁判長)であった。両被告は起訴内容をいずれも認めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000059-asahi-soci

事件の概要

歩夢ちゃん

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000059-asahi-soci

11月下旬から、大倉敏弥被告(当時20歳)と同居生活をしていたようです。

歩夢ちゃん(当時3歳)が亡くなる前日の24日のクリスマスイブ。

母親の筒井麻衣被告(27)、母親の交際相手の松本匠吾被告(25)、大倉敏弥被告(21)は

スーパーでオードブルを購入し、歩夢ちゃんの祖父からもらったクリスマスケーキを持って帰宅。

夕方に5人で食卓を囲んでいた際に「食事をこぼした」として8時間の暴行が始まったそうです。

自宅で、筒井被告と3人で長男歩夢ちゃんの腹部に強い衝撃を与える暴行を加えて死亡させました。

筒井被告の「今回はやっていない」という発言から、虐待は日常的に行われていたことがわかります。

3人は2017年12月中旬からこの事件までの間にも歩夢ちゃんや当時2歳の弟を殴り、打撲を負わせたとされる傷害罪にも問われています。

普通一番守ってあげるのが母親でしょう?

母親も加わって、大人が3人がかりで暴行ですか?あり得ませんね。

市の対応は?

2016年5~6月に大阪府池田子ども家庭センター(児童相談所)がネグレクト(育児放棄)の疑いで歩夢ちゃんと次男を一時保護しています。

事件の約3カ月前には保育所職員が異変に気付いて「死に至る危険もある」と市の担当者に伝えていましたが、新たな対応は取られませんでした。

歩夢ちゃんが亡くなる半月前には保育所職員が家庭訪問して

次男の顔に青あざがあるのを発見していますが、筒井被告は「階段から落ちた」と説明。

市はこうした状況を児相や警察に通報していませんでした。

この事件は、2017年に起こったものですが

一体いつまで市と児童相談所や学校(この場合は保育園?)との連携が取れませんでしたとか言っちゃってんの?

現在進行形で虐待を受けている子供がいるのかと思うと辛すぎます。。。

今後は?

筒井被告は公判前整理手続きが続いているということで

公判前整理手続きとは、第1回期日前に、刑事事件の争点や証拠を整理するための準備手続きです。刑事裁判の迅速かつ適正な進行を目的にしています。

公判前整理手続きが行われるのは、次のようなケース

●すべての裁判員裁判事件
●否認事件など、争点が多岐にわたるため事前の争点整理や証拠の整理が望ましいケース

https://izumi-keiji.jp/column/jiken-bengo/kouhanmaeseiri

この事件が裁判員裁判なら、

さらに世論の注目が集まりそうですね。

刑罰はどれくらい?

殺人だと思いますが、虐待死の場合は殺人とはならず

傷害致死になってしまいます。

暴行や虐待の末亡くなったとしても、過去の判例を見ると懲役8年くらいでしょうか。

命が軽すぎて言葉も出ませんね。。。

まとめというか感想

毎回こんな虐待のじけんがあるたび

気持ちがモヤモヤしちゃいます。

そして見なきゃいいけど、見ちゃいます。

だって、その子はそれまでの人生頑張ったんだって思うから。

この母親は最後まで女だったのかぁと思ってしまいます。

子供もファッション感覚でしかなかったのかもしれませんね。

近くにおじいちゃん(母親にとっては父じゃないの?)もいて

普通なら、内縁の夫・その友達と大人の手があって、大変だったと思うけれど恵まれていたんじゃないかなって思うんです。

この母親もシングルだけど

シングルだとかワンオペとか、自分だけしかいなくてもっと大変な人だっていっぱいいる。

でもなんでこうなったのか。。。

私だって、3人の大人に殴られ蹴られしたらと思うと怖いよ。

小さい男の子だったら100cmくらいでしょ?

もっと怖かっただろうね。

子供が産まれると母になるっていうけれど

最初から「100レべおかん」なわけじゃないし

時間と共にレベルが上がっていくわけでもないと思う。

子供にとったら理不尽にイライラしたり、ひどいこと言われたり

時には叩かれたりするかもしれない。

でも、子供のことで悩んだり、バタバタしたりしながらも

もっとよくなろう、子供のために頑張ろうって思わないとレベルなんて上がらないと思う。

私が勝手に思ってるのは、

もっと小学生や中学生、高校生の学生のときに小さい子供とふれあう機会を増やすといいかなって思うよ。

私は子供を産んだとき、むちゃくちゃ怖くて

妊娠中はかなりの育児書を読み漁ったもん(笑)

支援センター行ってた時も

中学生の子が職業体験とかで来てたけれど、最初は恐る恐るふれあう子が多かったよ。

できたら希望した一部の中学生の子だけじゃなくて

みんなが年の離れた子と触れ合えたらいいのに。

話ずれちゃったけど、虐待で死んでしまう子が1人でもいなくなればいいなと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする