チョコブリの味は?いつ食べられる?値段や育成方法も。ブリの味覚ってどうなの?



スポンサーリンク

こんにちは、ももあぼです。

 愛媛県は22日、ブリの餌にチョコレートを混ぜて養殖した

「チョコブリ」を開発したと発表した。

カカオポリフェノールの抗酸化作用により、

切り身が5日間にわたって鮮やかな色合いを保つという。

特許出願中で、県担当者は

「和食ブームで需要が高まる海外への流通拡大も狙いたい」と意気込む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000014-mai-soci

「チョコブリ」って名前のインパクト強すぎじゃないですか!?

さっそく、チョコブリについて、味や、いつ食べられるかなど調べてみました。


スポンサーリンク

「チョコブリ」とは?

チョコブリ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000014-mai-soci.view-000

チョコ入りのエサを与えられたブリのこと。

出荷前のブリに20日間にわたって与えることによって、

肉の色の変色を抑えることができるのだとか。

ブリは生(い)け締めにすると、2日で肉の色が変化していまいます。

特に切り身にした際、血合いが茶色くなり、商品価値が下がってしまうのだそう。

それをチョコをエサに入れることで、

変色の期間を2日から、5日に遅らせることができるのだそうです。

「チョコブリ」の味は?

魚の味は通常のブリと変わらないそうです。

チョコレートメーカーから提供されたチョコを飼料に約10%混ぜて

チョコブリのエサにします。

エサのチョコも人間が食べるような甘いチョコで、

今後はコスト面からカカオバターなどに変える可能性があるのだとか。


スポンサーリンク

なぜブリにチョコを与えたの?

抗酸化作用を持つミカンの皮を餌に混ぜて育てた「みかんブリ」を開発していましたが、

チョコブリの方が色合いが長持ちするのだそうです。

また、ブリは苦いミカンの皮を食べたがらず、やせてしまう懸念があったそうですが

チョコは嫌がらず食べるのだとか。

愛媛なので、みかんはわかりますが

なぜにチョコ…?と思っていたら、抗酸化作用目的だったのですね。

そして、ブリも甘党だったということでしょう。。。

「チョコブリ」の値段は?

まだ市場に出回っていないのでわかりませんが、

チョコブリの生育経費は、

ブリ1キロ当たり通常より15円プラスとちょっとお高め。

今後は、コストを抑えるため、チョコレートではなく

カカオバターの使用も検討中だそうで

値段が安いのであれば、食べてみたいと思っちゃいますよね。

チョコブリはいつから食べられるの?

現在、愛媛県と水産加工・販売会社「宇和島プロジェクト」(宇和島市)が

特許を出願中です。

養殖ブリ「チョコブリ」は早ければ12月に市場に出回わり

食べられるようになるかもしれません。

影響はオリーブハマチから?

同じ四国でも、香川県には、「オリーブハマチ」なるハマチがいます!

オリーブハマチは、オリーブの“葉”の粉末を添加したエサを

20日間以上与えた養殖ハマチのことです。

(実際は100日以上与えることも)

オリーブの葉にも抗酸化作用があるようで、

酸化・変色しにくく、さっぱりとした味なのだそうです。

香川県の県魚「ハマチ」と県木「オリーブ」のコラボレーション!

と、いうことで、愛媛県も「みかん」で頑張りたかったのかもしれません。

ブリの味覚について。かぼすブリはどうなの?

同じブリということで、

大分県の特産、かぼすを食べて育つ「かぼすブリ」もいますよね。

こちらもかぼすに含まれる、抗酸化作用のおかげで長持ちなのだとか。

「え、みかんの皮は苦くて嫌だけど、かぼすはいいの?」

って思いませんでした?

ブリって、甘党で、苦みには敏感だけれど、酸味は大丈夫なのかもしれない?

ブリの味覚について、考えたこともありませんでしたが

ちょっと気になりますね。

チョコブリまとめ

チョコブリとは、チョコを入れたエサを食べたブリのことで

チョコの抗酸化作用によって、肉の変色を抑えることができるのだそうです。

味は、普通のブリと変わらず楽しめます。

市場に出回るのは、12月頃だとか。

お歳暮にも珍しくって需要がありそうですし

ウケ狙いで、バレンタインにプレゼントしてもよさそうですよね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする