醍醐虎汰朗(こたろう)は天気の子の帆高!Wikiや年齢、出演作品は?



スポンサーリンク

こんにちは、ももあぼです。

2019年7月19日の新海誠監督の映画

「天気の子」が公開されます。

「天気の子」主人公の森崎帆高(もりさき ほだか)役

約2000人のオーディションの中から選ばれた醍醐虎汰朗さん。

今回はネクストブレイク必至の

魅力に迫っていきたいと思います。


スポンサーリンク

醍醐虎汰朗プロフィール(Wiki風)

醍醐虎汰朗(だいご こたろう)さんは、俳優です。

醍醐

https://mdpr.jp/interview/detail/1657856

生年月日:2000年9月1日(18歳)

出身地:東京都

身長:167cm

趣味:サッカー・ファッション・ゴルフ・ランニング

特技:サッカー・筋トレ・水泳・ボクシング

趣味や特技から

かなりのスポーツマンのようですね。

所属事務所:エーライツ

中学でサッカー部を引退後

幼いころからの夢だった芸能界にチャレンジしたくて

ネットでオーディションに応募したのがきっかけだそうです。

と、いうことは、2015年か2016年はじめですよね。

2016年デビューですぐに

東進ハイスクールのCM、

翌2017年からは

ドラマや舞台で活躍されているんですね。

調べたところ、雑誌では

2017年1月発売のJUNONの3月号に

「今月の推し。天月-あまつき-/醍醐虎汰朗」

と、特集されているのが最初かな?

これは、2019年どーーんといくかもしれませんね。

漫画を読むスピードが非常に速く、

1日に30冊を読破したこともあるという醍醐さん。

「ONE PIECE」のエースが死んでしまうところで

泣いてしまったというエピソードからも

漫画がお好きなようですね。

俳優としては、伊藤英明さんを尊敬していて

「海猿」の心に響くアツい芝居に感動したのだそうです。


スポンサーリンク

醍醐虎汰朗の出演作品

映画

2017年:「兄に愛されすぎて困ってます」 山田先輩

醍醐

https://mdpr.jp/cinema/detail/1649997

主演・土屋太鳳さん演じるせとかの告白を誠実に断る山田先輩を演じました。

2019年:「セブンティーン・モータース」伊藤亮太 役(公開予定)

醍醐(Twitterより)

ドラマ

2017年:「先に生まれただけの僕」 梅本満 役

醍醐

http://www.ntv.co.jp/sakiboku/chart/index.html

櫻井翔さん主演のドラマ「先に生まれただけの僕」では

蒼井優さんが担任する2年3組の梅本満役でした。

舞台

2017年:

「弱虫ペダル 新インターハイ篇」 小野田坂道 役

醍醐

https://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1612051012/?

累計発行部数1700万部(2018年5月)の大ヒット作を

2012年に舞台化し、12作公演されています。

醍醐虎汰朗さんは、主人公 小野田 坂道(おのだ さかみち)役を

10、11、12作と演じています。

CMなど

「2016 全国統一高校生テスト」(東進ハイスクール)

「父と息子〜STEP WGN SPADA HYBRID」(Honda Cars)

「冬のグランバザール2017×弱虫ペダル」(PARCO)

古舘佑太郎「本をめくるように」 ミュージックビデオ


スポンサーリンク

2019年映画 「天気の子」

醍醐

空を飛んでいるように見える女の子も気になりますが

空に浮かんでいるように見える草原や

ポスター下の魚や龍のような模様?も気になりますね。

物語とどう関わってくるのでしょうか。

また、現実の現代の日本と

誰も見たことのない高い空の上の世界も出てくるそうで

今の東京を舞台にした映画なのだそう。

天気の子のあらすじは?

新作『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、

運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。

「あの光の中に、行ってみたかった」

高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。

しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、

怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。

そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。

彼女には、不思議な能力があった。

「ねぇ、今から晴れるよ」

少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。

それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――

https://www.tenkinoko.com/

醍醐虎汰朗コメント

醍醐(Twitterより)

「ニヤニヤが止まらなかったです。

僕『君の名は。』は映画館に3回観行っていて、大好きな監督の作品に出られるということにプレッシャーも感じたんですけど、それ以上に今はワクワクする気持ちが大きいです。

精一杯頑張ります」

https://mdpr.jp/cinema/detail/1810181

新海誠監督は、醍醐さんに対して

「醍醐くんに関しては最初にマイクの前で喋ってるのを見て、これは僕たちが描いている帆高そのものと凄く似てるなと思ったんです。立ち振舞とか。

それから、みんなが『これは自分なんじゃないか』って思って乗っかれる大きな器を持っている役者さんだなと感じた」

https://mdpr.jp/cinema/detail/1810181

どんな作品になるでしょう。楽しみですね。

醍醐虎汰朗まとめ

醍醐虎汰朗さんは、2000年生まれの18歳。

中学の部活引退後にオーディションに応募したということで

2年でテレビドラマや舞台、

そして新海誠監督の最新作「天気の子」に出演されることになりました。

スポーツ万能でイケメンさんなので

これからテレビでもたくさん見ることができるようになるかもしれませんね。

これからの活躍を楽しみにしています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする