カナダ人講師園児暴行事件!認可外保育園はどこ?動画も。リトルジェムス



スポンサーリンク

こんにちは、ももあぼです。

北九州市小倉北区の認可外保育施設に勤める40代のカナダ人の男性講師が、施設に通う当時2歳の男児への暴力行為に及んでいたことが14日、分かった。

元職員が告発のため、暴行の様子を撮影した動画を会員制交流サイト(SNS)に投稿し発覚。

市は同日、施設に対して国の通知に基づく特別立ち入り調査を実施し、口頭指導した。市によると、施設側は事実関係を認めているという。

北九州小倉のカナダ人英語講師の園児暴行事件

北九州市小倉北区の認可外保育施設に勤める40代のカナダ人の男性講師が、施設に通う当時2歳の男児への暴力行為が発覚。

投稿した元職員は講師として勤めていた米国人男性。

子どもの口に本を突っ込む様子を見て驚き、他にも複数の幼児への暴力行為が日常的にあったため2~3月ごろ、ひそかに撮影したのだそうです。

講師が幼児の手を乱暴につかみ上げたり、幼児の背後から洋服をつかんで強く引っ張ったりする様子が写っていた。

泣きじゃくる幼児をなだめようと駆け寄る女性職員の姿も。

4月16日に市民から電話で通報があり調査したが、施設側は「不適切な対応はない」と否定。今月しかし5月13日、再び市民から「動画が上げられている」と市に連絡があり、暴力行為が判明しました。

施設側は14日夜に保護者向けの説明会を開催。

終了後、施設責任者は取材に「顧問弁護士とも相談してしかるべき対応を取りたい」と話しました。

市保育課は「施設が適切な対応をするよう指導したい」とコメント。

スポンサーリンク

北九州市小倉北区の認可外保育施設はどこ?

施設は1歳半から6歳までの未就学児が通い、英語を母語とする講師による英会話の「英才教育」をうたっているそうです。

この英会話講師は常勤で約5年前から勤務。施設は14日から出勤停止としています。

保育園は発覚した翌日には、カナダ人英語講師を出勤停止、保護者説明会を行っており、対応は早いとは思いますが、4月の時点では見つけられなかったでしょうか。

4月16日の時点での告発は、告発動画を見た市民からの電話です。

市は立ち入り調査も行いましたが、園の担当者は、「思い当たることはない」としました。

このとき、カナダ人講師は「やっていない」と答えているそうです。

本人が否定したとしても、他の職員はどうしていたのでしょう。

この時にもう少し丁寧に、園や市が調査をしていれば…と思います。

そして今月。再び市民から市に「SNSに動画が上がっている」と通報がありました。

動画があると、認めざるを得ないと思います。

告発者は、13本の動画、2時間以上を撮っていました。

動画には、園児に対して乱暴な対応、暴行ともとれる行為が収められていました。

さて、この認可外保育園ですが、小倉北区にある認可外保育園は19園ありました。

ただ、その中で、HPとFacebookが見られなくなっている園がありました。

Little Gems International School Kitakyusyuリトル ジェムス インターナショナルスクール北九州)です。

このタイミングでHPなどが見ることができないなんて、この施設であると言っているに等しいという認識なのですが、いかがでしょう。

こちらの施設では、1歳半~未就学児を受け入れており、英才教育が売りで、授業だけではなく、ランチタイムや休み時間など園内での会話は全て英語なのだそうです。

外国人講師が、子供たちへ指導を行っています。

カナダ人講師ってどんな人?暴行は日常的?

暴行したとされるカナダ人講師は、40代で、勤務歴は5年。

2001年に来日し、講師歴は15年のベテラン。

園児から高校生までの指導経験があり、近年は幼児教育専門にやっていたそうです。

プレイべートでは、2児の父。

保護者からは、熱心な指導で評判がとてもよかったそうです。

園は、保護者説明会を行いました。

モザイク処理されていますが、保護者の方は、あの先生だ!ってわかるでしょうね。

施設長の話だと、「喜怒哀楽といえば激しいかと思います」

「叱るときにはすごく大きく叱り、ほめる時にはすごく大きく褒めてくれる先生です」

「はずみで(園児を)叩いてしまった。自分が床を叩くつもりで」

保育施設側は、カナダ人講師は、教育熱心なあまり手が出てしまったなどと説明しました。

また、暴行について日常的に行われていたかは「把握できていない」としています。

動画を撮影した元講師は、「暴行が行われた事実を親たちに知らせたいと思った。だから投稿した」

「私が働いていた1年間、ほぼ毎日暴行は行われていた。」

「私が同僚にその事実を伝えましたが”注意してみておく”としか言われなかった」

上司にも相談したそうですが、誰も何もしなかったのだそうです。

もちろん、2018年に本人に直接「その態度どうなの?」と言ったそうなのですが、「ふざけるな!」と逆上されてしまったようです。

(子供たちの前で、言ってはいけないような言葉も吐いたのだとか)

施設側は、把握できていないとしていますが、告発者は上司に相談したこと、動画にはほかの先生が映っています。

園児暴行の告発動画は?

暴行を受けたのは、2歳児と報道されています。

この動画の叩かれた子でしょうか?

Why did you do that? Are you OK? (なぜそんなことしたんだ?)

確かに2歳児さんって、言うこと聞いてくれないですよね。

でも、ちょっとこの動画からは英語の楽しさは伝わってきません。

絵本の読み聞かせもそうですが、無理強いするものではありませんし。

他の動画では「あと2秒で箱に入れるぞ!早く座れ」など、子供をつまみ上げました。

「ばかばかしい。朝は勉強する時間だぞ」

そして結局、子供たちは箱の中へ。

動画を見る限り、「子供を好きな人」という感じ・接し方ではありません。

告発者の今年3月まで働いていた元職員もアメリカ人講師であることから、このやり方は間違っていると思うから告発したのですよね。

他の職員は見て見ぬふりをしていたのでしょうか? → 何も言っていません。

園長先生は知っていたのでしょうか?

園風は、自由にのびのびと…という感じではなく、英語を覚えろ!って感じなの?

ですが、認可外保育園に預けている親御さんが、すぐまた別の保育園を見つけて入ることができるかというと疑問です。

不満を抱えつつも、問題の講師が辞めたことで幕引きにして、そのまま預け続ける…ということになってしまうかもしれませんね。

だからこそ、園には今後しっかり対応してもらって、難しいかもしれないけれど、大きく変わってほしいと思いました。

スポンサーリンク

カナダでは虐待になる?

カナダは子供福祉の発祥の国と言われているようです。

12歳以下の児童を家に一人に放置したり、スーパーの駐車場などで一人で放置したり、叩いたりすると「虐待」ということになり、逮捕されることもあるのだそうです。

つまり、カナダでは自分の子でも犯罪で、逮捕される可能性だってあります。

日本だって、お預かりしている子に手をあげるなんて犯罪です。

英語講師の職を解雇されるだけでなく、慰謝料請求や暴行容疑で逮捕されることもあるかもしれません。

例えば家では普通に日本語で会話をしていて、日中、園では英語だけの会話。

そこにフォローもない感じだと、いくら順応性が高い子供だって辛いと思います。。。

幼児期にこんな怖い思いをして英語が話せるようになっても、意味がないっていうか、情操教育の方が大事だと思うのですが。

英語教育が重視されていて、ネイティブの英語講師として頑張っている方はたくさんいます。

告発者も含め、その人たちの肩身が狭くならないといいなぁ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする