エスワティ王国(スワジランド)はなぜ国名変わった?国王や一夫多妻制、台湾との関係も。千原せいじ

スポンサーリンク
エスワティ王国 テレビ

こんにちは、ももあぼです。

 

11月13日放送の

「世界の村で発見!こんなところに日本人」では

千原せいじさんがアフリカ31カ国目の

今年、王の一声で国名が急に変わった“エスワティニ王国”に入国します。

 

エスワティ王国は、なぜ名前が変わったの?

どんな国なの?

と、いうことが気になったので調べてみました。

 

エスワティ王国とは?

アフリカ南部に位置する立憲君主制国家。

首都はムババーネである。

エスワティ王国(Wiki)

 

国王は、ムスワティ3世(Mswati III)。

 

エスワティ王国は絶対王政?

エスワティ王国(Wikiより)

エスワティ王国は、国王を国家元首とする君主国

国王の位はドラミニ家(英語版)により世襲されます。

一応は、立憲君主制ですが

憲法で国王の強大な権力が保障されており

政府の要職の多くも王家が占めています。

 

エイズ感染率は世界で最も高く

貧困層が人口の3分の2を占める中

ムスワティ国王は、世界の最も裕福な王族ランキング(2008年)

上位15位に入っています。

 

自家用のセスナ機やダイムラー製の高級車、

マイバッハ(1億円前後)の購入、

14名の妻のためにいくつもの宮殿を建設したりするなど

国王の散財癖は有名で、国家予算も著しく圧迫されているそうです。

どうして国名が変わったの?

エスワティ王国は、イギリス連邦加盟国のひとつで、

周囲を南アフリカ共和国とモザンビークに囲まれた内陸国。

1968年に独立しました。

 

 

独立時に国名を変更する国もありますが、

60年以上の英国保護領時代を経て、名称は変更されませんでした。

 

そのため

現地語である「スワジ」と英語の「ランド」を掛け合わせた言葉であるために

一部の国民からの不満がありました。

 

 

2018年4月、国王ムスワティ3世(Mswati III)は

英国領からの独立50年を記念した式典で、

 

正式な国名を「エスワティニ王国(Kingdom of eSwatini)」に変えると宣言しました。

 

エスワティニはスワジ人の言語・シスワティ語で

「スワジ人の場所」という意味です。

 

国名変更の影響は?

国連(UN)世界食糧計画(WFP)によれば、

エスワティ王国は、

人口130万人の63%が貧困ラインを下回る生活を送っているとされるています。

 

そのため、国名変更はコストが高すぎだそうです。

「これには多額の費用負担が伴うと予測される。われわれは破産国家だ」と

「ヌグワネ国民解放会議」の党首は批判しました。

 

 

エスワティ王国は一夫多妻制

スワジランドでは一夫多妻制が認められていて、

現国王のムスワティ3世は2013年時点で14人の妻を娶っています。

 

前代の国王であったソブーザ2世(1899年 – 1982年)も70人の妻を娶り、

そこから生まれた王子・王女は210人もいるそうです。

 

 

花嫁を選ぶには、

伝統的な儀式「リード・ダンス(Reed Dance)」を行うそうです。

 

スワジ語でウムランガ(Umhlanga)と呼ばれる

毎年恒例のこの儀式は8日間にわたって行われ、

さまざまな首長の支配する地域から、数万人の少女たちが王家の村に集結

王の前で上半身はだかで踊りを披露するのだそうです。

 

ちなみに、観光客もこのダンスを見ることができ

一大イベントになっているのだとか。

 

2015年8月には

リードダンスに向かうはずの少女たちを乗せたトラックが

交通事故にあい、38人の少女たちの死亡が確認され、

他に20人以上が重傷を負ったそうです。

 

しかし、政府発表の死者は、7人。

公共テレビでは事故の報道がされておらず、

報道関係者は事故現場の写真撮影を禁止されていたのだとか。

 

 

夢みてトラックに乗った少女たちがかわいそうですね。

この事件、以前にテレビで放送されていたと思うのですが

調べても詳しくは出てきませんでした。

 

 

そして、この制度がHIV感染者を増やしていっています。

エイズ蔓延と治安による悪化の影響で、

2008年の平均寿命は男41歳・女43歳

2007年の15〜49歳のHIV感染率は約25%です。

エスワティ王国は台湾を承認している唯一のアフリカの国 

エスワティ王国は2018年現在、

中華民国(台湾)を承認している唯一のアフリカの国です。

 

中国の囲い込みによって

台湾との断交、そして中国と国交樹立という流れは止められません。

 

台湾は、発展途上国との外交関係をめぐり中国と数十年にわたって

主導権争いを繰り広げてきました。

 

しかし、形勢は不利になる一方で、

アフリカにおける台湾の同盟国はエスワティ王国のみとなっています。

 

他のアフリカ諸国は、お金で中国についたのでしょうか。

それを考えると、国王が大きな権力がありお金持ちのエスワティ王国は

ちょっとのお金くらいでは流されないでしょうね。

 

それともイギリスから釘刺されたとか…でしょうか?

何はともあれ、踏ん張ってほしいものです。

 

 

エスワティ王国まとめ

千原せいじさんが訪れるという、エスワティ王国。

 

今年4月に、全て現地の言葉に名前が変わりました。

 

絶対王政で、国王ムスワティ3世の権力がすごいですね。

それも文化と言われてしまえばそれまでですが

世界の流れから言うと、フェミ系が黙っていなさそうな国ですよね。

 

一夫多妻制は、HIV感染者を増やし

平均寿命もかなり短いです。

 

現在は、アフリカで唯一の台湾との同盟国なので

このまま国交を続けてほしいと思っています。

 

番組では、せいじさんがどのような旅をしてくれるのか

楽しみですね。

 

さすがに国王の生活は見ることはできないと思いますが

奥様のお屋敷とかは外側から見ることはできるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました