くちばしにガムテープカモを彦根で発見!犯人の刑罰は?

スポンサーリンク
事件・事故

ももあぼです。

 

滋賀県彦根市で、くちばしにガムテープ、

胴体に綿製のひもで巻かれたカモが見つかりました。

 

くちばしにガムテープのカモが発見される

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000005-kyt-l25.view-000

7月14日午前9時40分ごろ、滋賀県彦根市平田町のアパートで

くちばしにガムテープが巻かれたカモがみつかりました。

 

カモは、体長約40センチの成鳥で、種類は不明。

くちばしはガムテープで二重に巻かれていました。

胴体も綿製のひも(太さ約5ミリ、長さ約80センチ)で結ばれていましたが、羽を広げることはできる状態でした。

 

発見時、発見者の男性のアパートのベランダの3階で動かずじっとしていたそうです。

カモは弱っており、水を与えても飲む様子はありませんでした。

 

午後1時15分ごろ、同市松原町の琵琶湖に放すと、湖面を泳いでいったそうです。

 

ガムテープでくちばしグルグル巻きにしたら、餌も食べられなくて弱ってしまうことはわかっていたこと。

 

自分より弱い相手にしか強く出れないような犯人は卑怯者。

対象がどんどん大きくなって、いずれは子供になってしまわないか心配です。

早く捕まってほしいです。

鳥獣保護法とその刑期は?

滋賀県警彦根署が鳥獣保護法違反の疑いで捜査しているそうです。

 

鳥獣保護法の目的は

「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資すること」(環境省HPより)

 

 

基本的に、野鳥は捕まえてはいけません。

 

どのようにカモを捕獲したのかわかりませんが、

1年以下の懲役または5 0万円以下の罰金に処することとしています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました