スポンサーリンク




冷えむくみ改善!原因や対策は?入浴法、体操に食材、漢方まで!

12月に入り、だんだんと寒くなってきましたね。

夕方になるとブーツがパンパンになる、靴下のゴムの跡が残ってしまう、顔のむくみが気になる…

日頃の生活の中で、むくみを気にしたこと、自覚したことはありませんか?

7日のグッド!モーニングで「冷えむくみ」の特集をしていたのが気になって

まとめてみました。

と、いうことで、今回は冷えむくみです。

スポンサーリンク

むくみの自覚と原因は?

冷えを感じている人のむくみ自覚

ウーマンウェルネス研究会調べ

むくみを感じている女性は、どれくらいいるのでしょう?

女性冷えむくみ

むくみを自覚している人が、頻繁に感じる30.1%、時々感じる44.6%

合わせて74.7%もいることがわかります。

むくみの原因

通常むくみは

塩分のとりすぎ

運動不足や長時間の同じ姿勢で引き起こされます。

塩分のとりすぎ

血液を薄めようと血管内に多くの水を蓄えると血流が悪くなり

むくみが引き起こされます。

運動不足や長時間の同じ姿勢

血流が悪くなり、水分や老廃物がたまると血流が悪くなり

むくみが引き起こされます。

冷えむくみの怖さと病気のリスク

要は、血流が悪くなるとむくみが引き起こされるということなのですが

冬は寒さによって、血管が収縮し、血流が悪化することにより

水分や老廃物が、夏に比べるとたまりやすくなってしまいます。

冷えむくみの何が怖いかというと、冬はむくみが長期化してしまうということです。

寒くて血管が収縮したり、寒くて運動不足になってしまうと、血流が悪くなります。

血流が悪くなると体が冷えます。

体が冷えると、体がむくみます。

体がむくむと、だるくて動かなくなります。

…となると、最初に戻って、負のスパイラルに迷い込んでしまうわけです(´-ω-`)

病気のリスクについて

でも、冬って、そーゆーものじゃないですか?

冬が寒いのは当たり前のことだし、むくんでしまうのも仕方のないこと…?

いえいえ、冷えむくみは、病気のリスクが高まるのです。

冷えむくみが長期化することにより、血栓ができる可能性が高まります。

➡ エコノミークラス症候群発症リスクが増えます。

冷えむくみにより、血流が悪くなり免疫力が低下

➡ 冬場に怖い風邪やインフルエンザ、胃腸炎など様々な病気の発症リスクが増えます。

続きは次のページへ  冷えむくみの改善方法は、冷え対策!

スポンサーリンク
広告336




広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告336