スポンサーリンク




歩道橋に透明な糸で男児転倒の事件。犯人はどんな刑に?数が減っている?神戸

こんにちは、ももあぼです。

 26日午後3時40分ごろ、神戸市垂水区本多聞1丁目の歩道橋で、市内の小学4年生の男児(10)が階段に張られた透明な糸状のものに引っかかって転倒し、顔に軽傷を負った。

県警は何者かが糸を張ったとみて、傷害事件として捜査している。

垂水署によると、糸状のものは、階段の最上段付近に両側の手すりに結ばれて、張られていた。

男児は階段を上っていた際、腹部に糸が引っかかって前のめりに転倒した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000039-asahi-soci

スポンサーリンク

歩道橋に透明な糸

歩道橋

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000039-asahi-soci

犯人は、いたずらのつもりかもしれませんが

透明な糸状のもの(…ワイヤー?ピアノ線?)を

最上段にっていうところが悪質だなと感じました。

まず、歩道橋にそんなトラップが仕掛けられているなんて

考えたこともありませんしね。

男の子が階段をのぼっていたから、まだよかったものの

これが下りようとしている所だったら

バランスを崩して、転がり

骨折していてもおかしくはありません。

また、歩道橋を渡っていたのが

高齢者だったら?

妊婦さんだったら?

わざわざ歩道橋を渡らないかもしれませんが

全くないとは言い切れませんよね。

もう少し小さい子が走っていて

首にでもひっかかったら?

自転車のスロープのある歩道橋で

自転車がひっかかったら?

そう考えると怖くなってしまいます。

犯人は一体何がしたかったのでしょう。

歩道橋は減り続けています

歩道橋は、減り続けています。

少子化により、子供が少なくなったことで

学校が廃校になり、それに伴い

歩道橋も減り続けているのだとか。

また、老朽化の問題や地震対策からも

歩道橋は次々に撤去され、信号機ができているのだそうです。

また、歩道橋は意外に人目に付かず

犯罪の温床となっている場合があるのだそうです。

確かに、歩道橋を歩いている人を気にしたことなんてありません。

そう考えると、逃げ道も少なく、人目につきづらい歩道橋は

他の道路と比べると、犯罪が多いかもしれません。

スポンサーリンク

犯人はどうなるの?

いたずらとはいえ、男の子が軽傷を負っているということなので

きちんと捕まえて、罰せられてほしいですよね。

やはり傷害罪に当たるのでしょうか?

傷害罪は故意犯であり、傷害の結果を意図して暴行を加え、よって傷害の結果が発生した場合に傷害罪が適用されることは議論の余地はない。

しかし、相手方に故意に暴行を加えたところ、意図しない結果として傷害の結果が発生した場合が問題になる。

(傷害罪wikiより)

広告336




広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告336