福原志保(バイオアーティスト)の高校・大学は?結婚や子供、国籍も

テレビ

こんにちは、ももあぼです。

 

10月11日放送の「いま知りたい天才5人VSさんま岡村SP」では

今知りたい天才軍団の超ルールが発表されます。

 

今回は、その中の1人、美人天才アーティストの福原志保さんについてです。

番組では、世界を飛び回る奇抜な美人科学アーティストと紹介されるそうなので興味があります。

 

福原志保さんは、「バイオテクノロジーの研究を続けながらアートの可能性を拡張するアーティスト」とも言われています。

 

よくわからないからこそ、面白そうです。

福原志保さんがどんな方なのかまとめてみました。

 

美人科学アーティスト福原志保のプロフィール!

福原志保(ふくはら しほ)さんは、バイオアーティスト、研究者であり開発者です。

年齢:43歳

出身地:新潟県

 

肩書を見ても、今ひとつ何をしていらっしゃる方なのかわかりにくい…。

 

バイオアーティストとは、「細胞のキレイな写真を撮ってる」方ではなく

生命科学の技術を用いて制作をされている方のようです。

 

ご本人も「バイオアート」に違和感がある様子。。。

「生け花や料理もバイオアートになりえる」とのこと。確かに。

 

「Ghost in the Cell:細胞の中の幽霊」(2015年9月~2016年3月、金沢21世紀美術館)が話題を呼んだのが記憶に新しいです。

初音ミクの外見を形作るのに必要と思われる遺伝子の情報を集めて形成したDNAをiPS細胞に与えて、心筋細胞をつくって展示したものですが、大きな反響がありました。

https://wired.jp/waia/2017/05_shiho-fukuhara/?utm_content=buffer4ef5c&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

スポンサーリンク

福原志保の両親の職業は?

福原志保さんのお父さんの職業は、歯科医。

大学で矯正歯学の研究をされていたそうです。

 

父の書斎には、解剖書や子供の頭蓋骨の模型があったそうなので

普通の子とは違う環境にあって、いろいろなことに興味があったそうです。

 

お父さんは現在92歳。

年の離れたお兄さんもいらっしゃるようです。

 

一緒に研究室で父親と一緒に「サンマの型取り」をしたこともあり

福原さんの好奇心を刺激してくれる存在だったのかもしれませんね。

 

 

お母さんは、低学年の時に先生に「福原は壊れた洗濯機だな」

(スイッチを押しても動かないが、放置してると、突然すごいスピードで動き出すの様子)

 

と、言われたことを「良い例えだわ」と笑う大らかさと

常に褒めてくれる優しさがあったそうです。

 

子どもの好奇心に付き合って、いつも認める…子育てをしていると難しいですが

これが天才を育てるいい環境なのかもしれませんね。

 

福原志保の高校や大学は?

福原さんの高校については、はっきりとわかりませんでしたが

高校ではフランス語を学んでいたことがわかりました。

 

高校卒業後、語学留学でフランスへ行くも

フランスでも英語が必要で、イギリス・リーズの大学で英語コースを専攻。

 

しかし、隣にあるアート学校の方が気になり、ファウンデーションコースに転入。

 

2001年、セントラル・セント・マーチンズというロンドン芸術大学のファインアート学士過程修了。

2003年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(国立の美術大学)の

インタラクション・デザイン修士課程を修了。

 

卒業展で発表した、亡くなる方から採取されたDNAを樹木の遺伝子内に保存し、

墓標代わりに木を育てるするというプロジェクト「バイオプレゼンス」が話題を呼び、

オーストリア人アーティストのゲオアグ・トレメル氏とともに

英国科学技術芸術基金のパイオニア・アワードを受賞し、バイオプレゼンス社をロンドンで設立。

 

故人のDNAを木のDNA内に保存するというアイデアだったんです。

その木をお墓の代わりに自分の家の庭に植える。

庭にお墓があると気持ち悪いけど、おばあちゃんの木がある、ひいおじいちゃんの木がある、ってなれば、家族で死んだ家族のことを話すきっかけにもなります。

(中略)

死んだ後に忘れ去れる恐怖心も少しは薄らぐでしょうし、死んだ後もお墓よりもっと身近な形で一緒に存在していけます。

https://www.gqjapan.jp/life/business/20160512/shiho-fukuhara

スポンサーリンク

福原志保は結婚してる?子供は?

福原志保さんは、ご結婚されていて10歳の娘(マメ子)さんがいます。

 

マメ子という呼び方、かわいいですね。

 

2007年から活動拠点を日本に移していますが

月の半分は、「フラフラ飛び回っている」そうです。

 

現在は、Googleの社員、そして早稲田大学理工学術院 電気・情報生命工学科でバイオの研究と制作を行っているようです。

 

結婚相手(配偶者)に関する情報は、ありませんでした。

 

福原志保の国籍は?

福原志保さんの国籍について気になりました。

 

これだけ海外と日本とを行き来していて、活動拠点は日本と言えども

旦那様は、海外の人なのでは?国籍は?と思っていたのですが、

 

このツイートを見る限り、福原さんは日本国籍のようです。

 

このツイートから、結婚されて珍しい苗字に変わったのかもしれませんね。

 

カタカナ苗字といえば、水卜アナが、「みとちゃん」と呼ばれていますが

「メ」なら、「〆(しめ)」のつく苗字でしょうか。

 

〆野さん、〆木さん、〆垣さん、〆谷さんなど

珍しいですがいらっしゃるようです。

スポンサーリンク

バイオアーティスト福原志保まとめ

福原志保(ふくはらしほ)さんは、バイオアーティストと紹介されていますが

アーティスト、研究者、開発者でもある多才な方です。

 

歯科医で好奇心に応えてくれる父と寛容な母のもとで育ちました。

 

高校卒業後の語学留学でアートの道に進み

2001年にセントラル・セント・マーチンズのファインアート学士過程修了。

2003年にロイヤル・カレッジ・オブ・アートの

インタラクション・デザイン修士課程を修了しました。

 

亡くなった人のDNAを木の細胞内に保存して、墓標代わりに木を育てる「バイオプレゼンス」プロジェクトで注目が集まり

英国科学技術芸術基金のパイオニア・アワードを受賞しました。

 

2007年からは、日本を拠点に活動されていて

結婚し、10歳の娘さんがいます。

 

 

最近の福原さんは、あいちトリエンナーレ2019について、多くツイートされており

純粋にアーティストとして「表現の不自由展」への意見を送ろうとしているような方ですが

この展示の動画は禁止、写真は会場の職員が撮影で、鑑賞者に誓約書って…これこそが表現の不自由っていう皮肉。

 

アートとは、トップダウンで何かを教えるものではありません。

分かりやすい説明をするのではなく、ディスカッションにみんなが参加しやすくする。

世界にある問いに対して、1つの答えを出すのが科学なら、1億くらいの答えを出すのがアートだと思います。

https://dual.nikkei.com/atcl/column/17/032000067/032300002/

こんな愛知になってほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました