古尾谷雅人二世の息子・娘の今現在!鹿沼絵里の病気や介護生活は?

タレント

こんにちは、ももあぼです。

 

5月10日(金) 19時からの「爆報THEフライデー」では、自殺した俳優・古尾谷雅人の二世は今…ということで俳優活動休止、介護生活について放送されるようです。

 

古尾谷雅人さんといえば、金田一少年の事件簿の剣持警部が印象的でした。

ご家族皆さん芸能一家だったんですね。

 

今回は、古尾谷雅人さんの妻・息子・娘のプロフィールや現在のことを調べてみました。

古尾谷雅人Wikiプロフィール

古尾谷雅人(ふるおや まさと)さんは俳優です。

(Twitterより)

本名:古尾谷 康雅(ふるおや やすまさ)

生年月日:1957年5月14日

没年月日:2003年3月25日(45歳没)

 

出生地:神奈川県川崎市

身長:188cm

 

家族:

配偶者は 鹿沼絵里、息子は髙藤 疾土、娘は水野快令

 

主な主演作:

テレビドラマ「金田一少年の事件簿(剣持勇警部役)」「六番目の小夜子(山田孝之演じる秋の父親役)」

映画「ヒポクラテスたち」「丑三つの村」「宇宙の法則」など

 

所属事務所:正木ルーム

スポンサーリンク
松田優作の後継者と言われていた古尾谷雅人さんですが

2003年3月25日、東京都文京区の自宅で首つり自殺。45歳でした。

 

晩年は事務所兼自宅マンションの住宅ローンや、自殺の1年前に亡くなった父の遺産相続をめぐって継母との民事裁判を抱えていたそうです。

 

 

古尾谷さんの死後、マンションのローン返済が滞り、借金が3億円に。さらに妻である鹿沼絵里さんが番組で家庭内暴力があったことを告白。

 

その後、鹿沼さんの実母も骨粗しょう症に苦しみ、農薬を飲んで自殺未遂。

一命は取り留めますが、1年後に亡くなっており、実父も後追い自殺をしています。

 

鹿沼さんは、1998年に取得したヘルパーの資格で働き、自宅ローンは保険金もあり完済。

子供たちも一時、都内の賃貸マンションで一緒に住んでいたようです。

 

 

髙藤疾土は古尾谷雅人の息子!

髙藤 疾土(たかとう はやと)さんは、元俳優です。

 

本名:古尾谷 雅(まさ)

生年月日:1983年1月7日

出身地:東京都

 

身長:178cm

特技:スキューバダイビング、バスケットボール、水泳

 

学歴:実践学園中学・高校卒業

所属事務所:正木ルーム

 

出演作品

映画:「スクールデイズ」「サヨナラCOLOR(妹・水野快令さんと共演)」

テレビドラマ:

「ごくせん 第2シリーズ」「家政婦は見た23」「ライオン先生(妹・水野快令さんと共演)」「太陽と雪のかけら」「すいか」

 

俳優を辞め、ファミレスでアルバイトをしている(いた)という話も。

10年以上コンビニでアルバイトをしながら母を支えていました。

 

水野快令(麗)は古尾谷雅人の娘!現在は?

水野快令(みずの れい)・麗さんは、元女優です。

https://news.goo.ne.jp/entertainment/talent/W01-0529.html

生年月日:1985年11月26日

出身地:東京都

身長:163cm

 

趣味:イラスト、シルバーアクセサリー作り

特技:スキューバダイビング、バスケットボール、水泳

母親である鹿沼さん、兄の髙藤 疾土さんの特技もスキューバダイビングだったことから、ご家族で楽しんでいたのかもしれませんね。

 

出演作品

映画:

2005年「サヨナラCOLOR(兄の高藤疾士さんと共演)」

2006年「スケバン刑事コードネーム=麻宮サキ」

 

テレビドラマ:

1992年「恋人たちのターミナル(古尾谷雅人さんとの親子共演)

2002年「ライオン先生(兄の高藤疾士さんと共演)」

 

 

2006年ごろ芸能界を引退。

ジュエリー関係のお仕事をされていたようです。

 

2016年にご結婚されたようです。

スポンサーリンク

鹿沼絵里の病気や介護生活とは?

番組では、古尾谷雅人二世の俳優活動休止と介護生活が放送されるようですが、お2人とも古尾谷雅人さんの死後、芸能界を引退されているようですね。

 

では、介護生活とは誰の介護なのでしょうか。

 

古尾谷雅人さん、その実父(おじいさん)、鹿沼絵里さんのご両親は亡くなっています。

古尾谷雅人さんと継母は、裁判沙汰…ということは、母の鹿沼えりさんでしょうか。

 

 

鹿沼絵里さんは、42歳(1994年)のときに心筋梗塞に襲われており、2017年7月には「急性大動脈解離」を発症して、身体障がい者手帳1級を支給されています。

 

急性大動脈解離とは、大動脈の内膜が破れて血液が入り、大きく避けてしまう病で、死亡率は67%にものぼります。

 

娘さん夫婦と晩酌中に舌をかんだ瞬間、心臓に激痛が走り、救急搬送されたようです。

一命は取り留めたものの、時々突発的な立ち眩みに襲われ、1日30錠以上の薬を飲んでいる状態でありながら、古尾谷雅人さんの個人事務所の借金が残っているため、月2~3回老人施設で働いているようです。

 

ただ、鹿沼さんが、今でもとてもオシャレでお元気そうなのを見ると、鹿沼さんが介護されている生活なのか、している方(お仕事の)生活なのでしょうか。。。

 

古尾谷雅人二世は息子?現在は?改名?

古尾谷雅人さんのお子さん2人とも、一時は芸能界で活躍されて、その後完全に引退されているはずなのに、「休止」という言葉を使う「爆報THEフライデー」が気になるなぁと思っていました。

(Twitterより)

2018年3月24日、古尾谷雅人さんの16回忌を迎える前日に、髙藤 疾土こと息子の雅さんが「古尾谷雅人」の芸名で活動を開始したそうです。

 

雅さんは芸能界を引退されて、ほかの職業に就いていたようですが、周囲の勧めもあり、鹿沼さんが出演した「秘密戦隊ゴレンジャー」の仲間で立ち上げた「朗読劇団 桃色旋風」に出演することになったのだそうです。

 

鹿島絵里さんが出演された「秘密戦隊ゴレンジャー」は、1975年(昭和50年)放送ですので、かなり共演者の仲がよかったのでしょうね。

 

ジュニア世代もご活躍されているようです。

 

「古尾谷雅人」という芸名は、鹿沼絵里さんが提案したそうですが、ご本人も、自分が名乗ることでお父さんを思い出していただけたら…という気持ちがあるそうです。

 

なんだか鹿沼さんは、古尾谷さんに対して家庭内暴力もあり、3億とも言われる借金を背負って、ご苦労されている(いた)ようなので、息子さんに名前を継がせるほど想われていたなんて、少し驚きました。

スポンサーリンク

追記:佐藤浩市の言葉とは?

雅さんがデビューしたのは、19歳の時。

父の反対を押し切ってデビューし、「古尾谷雅人二世」として脚光を浴びたものの、親の七光りだけで続けられるほど甘くはなく、仕事は激減。

 

さらに、父・古尾谷雅人さんの死。

「父親の死っていうのが残ってた。もやっとしたものが。要は逃げたんです。逃げたんだと思います」と雅さん。

 

父の死を理由に俳優から逃げた雅さんに、佐藤浩市さんがある言葉をかけたのだそうです。

 

それは、葬儀の翌日。

古尾谷の自宅を訪ねてきた、佐藤浩市さん。

「昨日は、葬儀に顔を出せずにすみません。お線香あげさせてもらえますか」

 

 

2人の共演は2002年ドラマ「天国への階段」。

当初、古尾谷さんは佐藤さんのことを二世俳優への嫉妬から、よく思っていなかったそうです。

 

佐藤浩市さんの父親は、三國連太郎さんです。

しかし、共演したことで俳優としての実力に圧倒され、3歳年下の佐藤浩市さんを尊敬するようになり、プライベートでも仲が良かったのだそうです。

 

そんなある日、佐藤さんに悩みを持ち掛けます。

それは、雅さんのこと。

雅さんの俳優デビューには反対だったはずですが、「息子に演技のアドバイスとかするのはやめておいた方がいいのかな?そんなことしたら嫌がるよな?」

 

 

そんなことがあり、葬儀の後訪ねてきた佐藤さんに

「君はもうお父さんのような俳優は目指さないのか」

「君のお父さんは二世として君のことをとても心配していたよ」

と言われ、雅さんは父親がどれだけ気にしてくれていたかを知りました。

 

「お父さんのようになりたいなら、10年は頑張りなさい」

「俺とやれるとこまでこい。俺は待ってるよ」

という佐藤さんの言葉も、当時20歳の雅さんは父の死のショックから言葉を受け止めきれずにいました。

 

 

14年後、あるプロデューサーから、突然役者復帰のオファーが舞い込みました。

それは「爆報THEフライデー」を見たからだったそうです。

 

このことをきっかけに、俳優復帰。

朗読劇の主演として数年ぶりに舞台に立ちました。

「ここからの10年間。佐藤さんに言われた10年間。どこかで見守ってくれているだろう親父と一緒に46年目を行けるようになれたら一番ですね。」

 

10年後、佐藤浩市に会える役者になるため、俳優 古尾谷雅人は再び走り出しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました