覚せい剤で逮捕されたのは、北海道の現役警官・成田順!なぜ道警ばかり4回も?

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

北海道警の巡査部長が覚せい剤をやってたみたいです。

北海道警は10日、道警札幌中央署薬物銃器対策課の巡査部長、

成田順(おさむ)容疑者(46)=札幌市北区南あいの里7=を

覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。

「所持していたのは間違いない」と容疑を認めているという。

覚醒剤を使用した疑いもあるとみて調べる。

逮捕容疑は10日夜、札幌市東区北6東1の路上で覚醒剤を所持したとしている。

当時は勤務時間外で1人だった。

所持していた覚醒剤の量は明らかにしていない。

道警監察官室によると、成田容疑者は10年以上、薬物などを取り締まる薬物・銃器対策を担当し、4月から同課に所属していた。

道警の尾辻英一監察官室長は「不正を正すべき警官による言語道断の行為で痛恨の極み。

道民の皆様に深くおわび申し上げる」と謝罪した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000116-mai-soci

覚せい剤

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6299893

路上で職務質問を受けたということなので

相当あやしかったのでしょう。

13日の報道では、覚せい剤の使用も認めているそうです。

北海道警察の覚せい剤事件は初めてではない

現職の警察官が薬物事件で逮捕されるのは今回で4回目。

2002年、道警生活安全部特捜隊の40代の警部が覚せい剤取締法違反で逮捕。

2007年には札幌中央署地域課の30代巡査部長が、覚せい剤取締法違反。

2017年は大麻とみられる薬物を譲り受けたとして、

函館西署警備課の30代の巡査部長が麻薬特例法違反で逮捕されています。

北海道警での覚せい剤事件が多いですが、

このような証言もあるそうです。

道警元幹部:

「この仕事をしていたら、いやでも暴力団関係者や売人関係者と会わなければならない」

「(薬物事件に)関わる中で、興味本位で使用して、そこから抜け出せなくなったんじゃないか」

「(使っているときは)いつでもやめられると思う。罪悪感はなくなっていく。密室で使用するから」

2016年の事件は同僚なのでは?

2016年にも今回の事件と同じ北海道警・薬物銃器対策課の

警部補が逮捕されているんですね。

北海道警・薬物銃器対策課の早坂洋平容疑者(38)は、

2015年4月、覚せい剤密売の仲介者と共謀して、

別の50代の男性が、「覚せい剤を所持しているのを見た」などと、

虚偽の供述調書を作成、証拠を偽造した疑いが持たれている。

また、覚せい剤所持で逮捕された男の供述内容などを、

仲介者に漏らしていた疑いも持たれている。

調べに対し、早坂容疑者は「過去にも何回かやった」などと、容疑を認めている。

北海道警の監察官室は、「道民に深くおわびする。再発防止に努める」

などとコメントしている。

https://www.christiantoday.co.jp/articles/21228/20160622/hokkaido-police-hayasaka-yohei-arrested-drag-case.htm

ちなみに、この早坂被告は懲役2年、執行猶予3年ということで

今は、執行猶予中ということでしょうか。。。

成田容疑者が、10年以上薬物銃器対策課に勤めていたなら、

成田容疑者と早坂被告は同僚、もしくは顔見知りだったかもしれませんね。

同僚が逮捕されてもなお、覚せい剤を辞めることができなかったのでしょうか。

まとめ

映画「日本で1番悪い奴ら」や本のモチーフになるくらい

汚れていると言われている北海道警察。

同じように謝っても繰り返すようでは

学んでないと言われても仕方ありませんね。

真面目に働いている方ももちろんいるとは思いますが

これだけやらかしているのを見ると

蔓延しており、入手ルートは、まさかの警察内というのも

十分考えられますね。

…もみ消されるかもしれませんが。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする