カラテカ入江の闇営業を吉本興業が山里結婚リークで隠ぺい?詐欺グループ主犯は?

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

吉本興業は6日、振り込め詐欺グループの忘年会に、所属する吉本興業のタレントを仲介したとして、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也との契約を解消した。

7日、入江はTwitterを更新し、「皆様へ」と記した投稿で一連の騒動について謝罪した。

https://blogos.com/article/382689/

(Twitterより)

入江慎也さんについてや、所属事務所だった吉本興業のこと、闇営業のことをまとめてみました。

入江慎也のプロフィール!年齢は?

入江 慎也(いりえ しんや)さんは、お笑いタレント・実業家。カラテカのツッコミ担当。

(スッキリより)

生年月日:1977年4月8日 (42歳)

出身地:東京都小平市

学歴:東京都立保谷高等学校卒業。専門学校中退。

株式会社イリエコネクション代表取締役。

吉本興業に所属していました。

1997年に相方・矢部太郎さんとコンビを組み「カラテカ」結成。

「人脈力」「後輩力」「接待力」などの人脈づくりについて書いた書籍を出版。講演会も行っていました。

コンパが好きな芸人さんで人脈凄いイメージです。

芸能界・スポーツ界・経営者など幅広い交流を持ち、友達は5000人いると公言していました。

人に愛されるコミュニケーション術として、携帯電話に関しては

「すべての充電器を持ち歩く。これ救世主になれるんですよね。

例えば、iPhoneの充電器れそう、近くにコンビニもない、どうしよう」

「(充電器)持ってますよ」

「マジか!」救世主になれるわけです。

さらに、そのひとのことを思って動くことが僕は一番大切なことなんじゃないかなと思うんです。

とテレビの取材に答えていました。

カラテカ入江の闇営業!吉本興業を解雇

問題となったのは2014年12月に都内で開かれた、詐欺グループに関わる人物が代表を務める企業の忘年会。

入江は雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やレイザーラモンHG(43)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)、ガリットチュウの福島善成(41)らに声を掛けて、ともに参加。それぞれがネタを披露したという。

この詐欺グループは、約200人から40億円超をだまし取ったとみられ、翌15年6月に計約40人が摘発されている。詐取した金は、経営するエステサロン関連会社などに流用していたとみられる。

http://news.livedoor.com/article/detail/16581342/

このことが事務所を通さない「闇営業」と報じられました。

闇営業とは?

スッキリ・加藤さんの話では、

事務所を通さないで、例えば知り合いの社長さんの結婚式の二次会に来てください、司会をやってもらえませんかと誘わられて、

そこで5万円10万円もらったりすると、会社を通さないので闇営業となるようです。

会社を通すと何パーセントかお金を取るのだそうです。

闇営業は、吉本興業の規約であって、法的に問題はないようです。

(お世話になっている社長さんなら、吉本もそんなに厳しく言わないのでは?と加藤さん)

ただ、菊地弁護士の話では、今回の場合、吉本興業に所属しているにもかかわらず、入江さんが芸人さんを集めて、派遣するようなことをしてしまいました。

これは、競業避止義務違反(労働者は所属企業と競業する行為を行ってはいけない)になるそうです。

たしかに、1人でいくのなら何とかなるのかもしれませんが、所属事務所である吉本興業と同じことをその中でしているのは、問題かもしれません。

そして今回は、その相手が反社会的勢力(詐欺グループの人)。

エステの会社の社長だと思って入江さんは知り合いになっているそうで、知らなかったにしても、どこか甘さがあったと思うと加藤さんは発言しました。

また、一緒に行ったメンバーもお金をもらっていなかったようですが、甘さがあると話していました。

入江慎也、吉本興業から契約解消!理由がヤバい!

吉本興業は、「週刊誌から問い合わせがあり、入江本人に確認したところ、重大な契約違反があったため契約解消」になったそうです。

入江さんが契約解消になったのは、4日火曜日のようです。

吉本興業のプロフィールは既に削除されています。

記事の内容については、すべてが事実ではないと吉本興業は答えています。

「入江は反社会的なグループとは知らなかったとはいえ、結果的に反社会的グループが代表を務めるような企業のパーティーに協力してしまっていました。

しかも今回の案件は、会社を通さないものでした。

ギャラは入江が受け取っていましたが、記事のような1人100万円というものではありません。」

今回、加藤さんは、「吉本興業と芸人の間に契約書がない」ことを話しました。

春奈さんも

「芸人は特に(契約書を)交わしたことがないので、契約解消というのであれば、会社としても契約書をちゃんと作って、これこれこういう契約でやるので、何か営業、お話があった際にはちゃんと会社は通しましょうねとか、そういう契約交わすときに、何もなかったのでわからない部分もある」として、「今後は会社的には考えていかないといけなんじゃないかな」と話しました。

確かに入江さんは、知らなかったのなら甘かったという加藤さんの言い分はもっともだと思います。

しかし、契約書や契約内容が知らされておらず、一方的に契約解消となると、もう少し事務所もやり方があったんじゃないのかな?と思ってしまいました。

詐欺グループの手口や主犯はだれ?

今回問題となったのは、詐欺グループの忘年会に闇営業に行ったから。

このグループは、2015年6月、警視庁に逮捕されています。

被害総額40億円、逮捕者リストには40人と大規模な投資詐欺グループのようで、

手口は社債購入を名目にパンフレットを高齢者に送り付け、証券会社を名乗って現金を受け取るというものだったようです。

主犯は大野春水受刑者、金宣秀受刑者、で、2014年12月27日に忘年会と大野受刑者の誕生会を兼ねて開かれた会に行ったのだそうです。

変わった名前…と思っていたら在日韓国人のようです。

逮捕当時、大野春水受刑者は、住所不詳、無職の27歳。

住所不詳とはいうものの、所沢に住んでいたという噂も。

金宣秀受刑者(通名・金沢 宣秀)は、東京都新宿区の事務作業員、38歳でした。

闇営業をナダルが告白!吉本興業もみ消しのウワサも

5日に放送された、「水曜日のダウンタウン」。

その中で、「俺に何か言わなきゃいけないことないか?とカマかけられたらベタに余計な事喋っちゃう説」で、ナダルさんがフジモンさんに話していました。

そこで「え…闇営業っすか?」

「いや闇営業はでもホンマにこれ食ってかなアカンから」とナダルさん。

「よう行ってる?」

「よう行ってるっていうか、そんな行ってないですけど、今度ゴールデンウィークに”ゴールデンウィーク闇”あります」

「別にお前食うていけるやろ?」

「いやでもこんなん言いたないですけど、キャベツ確認中のキャプテン★ザコさんも”闇もやりつづけたら光に変わんだ”」

「なにそれ。闇とかすなってお前は。もうテレビとか出てんねんから」

「すみません」

というくだりがありました。

入江さんの名前は出てきませんでしたが、テレビで名前を知られているような芸人であるナダルさんでも闇営業をしたことがあるのですから、テレビに出ていない方だと、闇営業は実は頻繁に行われていることなのかも?と思ってしまいます。

また、吉本興業は、この報道を隠すために山里さんの結婚をリークしたとも言われています。

山里さんは1番にラジオで報告したかったそうで、マネージャーさんもどこからか漏れてしまったと泣きながら報告したという話を聞くと、吉本興業の闇も深そうですね。

もしくは闇営業の騒動がバレる前に、山里さんを大きくお祝いしたかったから(好感度があがるのは目にみえていたので)、結婚をリークしたという話も。

4日に解雇、5日に放送なら、説の検証はVTRなので差し替えなどもできたはず。

水曜日のダウンタウン…切り込んでいきますね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする