キャシー中島の病気はヘバーデン結節!初期症状や原因、対処法は?シンソウ坂上

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

6月13日放送の「直撃!シンソウ坂上」では、

キャシー中島さんを襲う病気についてでした。

キャシー中島さんの病気・ヘバーデン結節とはどのような病気なのかまとめてみました。

同じ日に放送されたハイヒールモモコさんの病気の記事も書いています

こんにちは、ももあぼです。 6月13日放送の「直撃!シンソウ坂上」では ハイヒール モモコさんを襲う病気についてです。 ...

キャシー中島のWikiプロフィール

キャシー中島(キャシーなかじま)さんはタレントで、日本のハワイアンキルトの第一人者です。

http://www.kathy-quiltshop.com/

本名:勝野 八千代(かつの やちよ)

生年月日:1952年2月6日

出身地:ハワイ・マウイ島

家族:父はアイルランド系アメリカ人の軍属で、母は日本人。

所属事務所:株式会社スタジオ・ケイグループ

経歴

1969年に、レナウンのCMでモデルとして芸能界デビュー。

1979年、俳優の勝野洋さんと再婚。

婚姻約2か月後の7月10日に母が死去し、しばらくの間、芸能活動から遠ざかっていましたが、1984年に著書の出版を機に芸能界に復帰しました。

近年では、日本でハワイアンキルトの第一人者として、ハワイアンキルトの教室が大盛況。

入会には3か月待ちの人気ぶりなのだそうです。

キャシー中島の病気・ヘバーデン結節とは?

(番組より)

ヘバーデン結節は、手の指の第一関節に“結節”と呼ばれるコブができ、人によっては指の痛みが長期間にわたって続き、最悪のケースでは指先が不自然に変形したまま全く動かなくなってしまう関節症

https://www.excite.co.jp/news/article/Oricon_2137540/

キャシー中島さんは、右手の中指と左手の親指以外は、すべてこの関節症になっているそうです。

ごつごつしたコブができ、激痛もあるのだそうです。

ヘパーデン結節は、患者の9割が女性。

主に40代以降に症状が出始めるのだとか。

ヘバーデン結節の初期症状は?

キャシー中島さんに最初に異変が起きたのが、22年前、45歳のときです。

「最初に気が付いたのは、小指がドーンという痛みを感じたんです。

何もしていないのに、指が痛んでくるんです。

それも半端な痛みじゃなく…」とキャシー中島さん。

突然、右手小指の第一関節に、針で刺されたような痛みがあったそうです。

冷やしてみたり、冷やして痛みをとるテープを貼ってみたりして、

痛みは一時的には消えるのですが、後からまた痛くなるそうです。

さらに、ペットポトルが空けられない、缶詰が空けられない、ささいな動きで指に痛みが走るのですが、我慢できる痛みなのだそうです。

実は、ヘパーデン結節には初期症状があり、痛みを感じるより前に、何かを持つときに違和感を覚えたり、指が動かしづらい症状がでるのだそうです。

指がこわばり、動かしにくくなるのが初期症状なのだそうです。

しかし、我慢できない痛みではなかったため、病院には行かなかったのだそうです。

その数か月後、右手の人差し指まで赤く腫れ、痛みがでるようになりました。

実はヘバーデン結節は、人にもよりますが、放っておくと違う指違う指へと症状が広がっていくのが特徴のようです。

人によっては、同時に複数の指が痛くなったりすることもあるようです。

症状が悪化していったキャシー中島さんは、包丁も握れない、ハサミも使えなくなっていったそうです。

そして、ついに左手にも症状が現れるようになったため病院へ。

発症から2年の時間が過ぎていました。

ヘパーデン結節の怖いところは、激痛が起こってもすぐに済みますし、鈍痛にも慣れていってしまうので、放っておく人が多いのだそうです。

しかし、放置し続けると、指先が曲がり始め、ずれた骨が神経を圧迫し、常に痛みが伴う症状を引き起こすそうです。

痛みを和らげるため、指先をまっすぐにボルトで固定する手術があるのだそうです。

ヘパーデン結節の原因や対処法は?

ヘパーデン結節の詳しい原因は不明ですが、

初期の段階で「エクオール」という成分をとることで、症状の進行を遅らせたり、痛みが広がるのを遅らせ、症状が改善したというデータがあるそうです。

最近の研究で、患者の9割が女性で、更年期に発症することが多いため

女性ホルモンの減少が原因という説でてきたそうです。

そのため、女性ホルモンと同様の効果がある成分を、治療に取り入れる専門医も増加しているのだそうです。

キャシー中島さんの病気の現在の状態は?

キャシー中島さんの場合は、2年も放置してしまったため病は進行。

現在も右手中指・左手親指以外の指に、力を加えたりぶつけたりすると、激痛が走るそうです。

それでも家事と仕事を両立できたのは、痛い時に本当に周りの人たちが助けてくれたから。

家族が助けてくれなかったら、なかなか毎日のことが辛かったと思う。感謝していますとキャシー中島さん。

キルト教室のハサミを使う作業は息子さんが、料理で包丁を使う作業は旦那さんがやっているそうです。

やっぱり家族の支えなんですね。

キャシー中島の病気・ヘパーデン結節まとめ

キャシー中島さんは、ハワイアンキルトの第一人者。

そんなキャシー中島さんが22年間闘ってきたヘパーデン結節について。

ささいな動きで指先に痛みが走るのだそうです。

ヘパーデン結節の初期症状は、何かを持つときに違和感を覚えたり、指が動かしづらい症状がでることがあるそうです。

その原因と考えられているのが女性ホルモンの減少。

対処法は、初期の段階で「エクオール」という成分をとるといいようです。

今でもヘパーデン結節と闘っているキャシー中島さん。

家族みんなでキャシー中島さんを支えていて、すてきでした。

2番目のお孫さんも生まれたそうなので、これからも元気でいてほしいです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする