木原美悠(卓球)のTリーグのチームは?経歴や身長、中学は?兄や姉・弟がかわいい!

スポンサーリンク
木原美悠 スポーツ選手

こんにちは、ももあぼです。

 

1月21日のミヤネ屋で

卓球・木原美悠さんが

最年少で全日本世界選手権決勝戦に出場したことで

 

お父さんとお兄さんにインタビューされていたので

まとめてみました。

木原美悠のプロフィール

木原美悠(きはら みゆう)さんは、卓球選手です。

木原美悠

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/01/20/kiji/20190120s00026000138000c.html

生年月日:2004年8月3日

出身地:兵庫県明石市

 

JOCエリートアカデミー所属。

ITTF世界ランキング最高位は78位。

(2019年1月現在85位)

 

戦型:右シェーク裏表前陣攻守

 

経歴

父は、元卓球選手で卓球教室「ALL STAR」を運営する指導者

姉と兄も卓球選手。

その影響で、4歳で卓球を始めます

 

小学校1年で13歳以下の全日本選手権カデットの部で3回戦に進出。

2011年のバンビの部(小学2年生以下)で全国初優勝を皮切りに各世代で優勝を果たします。

 

2014年には東アジアホープス(小学6年生以下)の代表に選ばれます。

 

2015年、小学4年生で、全日本ジュニア優勝(福原愛と2位タイ)。

 

2月のジャパントップ12卓球大会には10歳8カ月の史上最年少で出場を果たします。

9月にITTFジュニアサーキット・チャイニーズタイペイジュニア&カデットオープンのジュニア女子シングルスで優勝。

 

2016年、小学5年生の全日本選手権は、

一般の部で社会人らを相手に2勝。

 

2017年より10期生としてJOCエリートアカデミーに入校。

T2アジア太平洋卓球リーグにも第4ラウンドのみ出場。

 

2019年1月の全日本卓球選手権では快進撃で決勝戦に進出し、

元女王・伊藤美誠選手に1-4で敗れたものの準優勝を果たしました。

14歳5か月での決勝進出は史上初です。

 

木原美悠の身長は?

163cm(2017年1月時点)

 

1年以上前のデータですが

小学5年生の時点で、160cmを超えていました。

 

なので、中学に入ってからは

あまり身長は伸びていないのかもしれません。

 

伊藤美誠選手、石川佳純選手よりも大きいので

十分な気もします。

 

身長が高いとリーチが長くて

少し有利になるのだとか。

 

 

木原美悠の中学校は?

出身は、兵庫県ですが

現在は、東京都北区で寄宿生活をしています。

 

練習している

味の素ナショナルトレーニングセンターも北区。

 

木原美悠さんは、JOCエリートアカデミーに在籍していますので

基本的に、ナショナルトレーニングセンターに隣接している

北区稲付中学校に通学することになっています。

 

 

JOCの協力でJOCオリンピック教室が開かれ

オリンピック選手による授業が行われるそうです。

 

 

小学生の時に好きだった教科は音楽。

今も音楽が好きなのでしょうか。

木原美悠の家族は?

父・博生(ひろき)さん

全国大会出場経験を持ち、子供たちを強くしたいと

会社を辞めて(美悠選手5歳のときに)卓球教室を経営しています。

 

 

2016年のインタビューで、木原選手の強さについて

 

「パワーがありますよね。普通の小学生よりは。

守備がうまい。ブロックですね。

相手に(いいボールを)打たれてもなんぼでも止めに入る」と話していました。

 

 

小学生時代、平日は10時まで4時間練習し、土日は12時間。

同世代では敵なしのため、男子高校生と練習をしてきました。

 

 

とはいえ、お父さんの話では

練習時間の半分はおかし食べたり遊んでいたそうですが

すごい集中力…ということなのでしょうか。

 

 

それでも、

「卓球に関して、甘えてきたり泣き言を言ったことがない」そうで

 

お父さんは、試合中コーチとしてアドバイスを送ることは

ほとんどしなかったそうです。

 

木原美悠の姉・茉鈴(まりん)さん

(Instagramより)

木原茉鈴さんは、1995年生まれの卓球選手で23歳。

 

木原美悠の兄・翔貴さん

木原美悠(木原翔貴さんTwitterより)

兄の卓球選手・木原翔貴さんは、21歳。

日本ペイントマレッツのコーチをされています。

 

「美悠は、小さいころから何でもすぐできて

自分が1年かかった技も3日くらいで習得していた。

 

小6くらいまでは、僕が勝てたんですけどね」

と、インタビューで話していました。

 

木原美悠の弟・寿馬(じゅま)くん

七五三の写真…ということで

寿馬くんは、年中さんなのでしょうか。

 

木原家が4歳から卓球を始めているのなら

卓球歴は1年くらいでしょうか。

 

将来の大物の予感です。

 

Tリーグでは木下アビエル所属

2018年発足したTリーグでも

スピードの速いフォアハンドを武器に

最年少 中学生選手ながら、ダブルスで6勝2敗と勝ち越しています。

 

木原美悠さんは、木下アビエルに所属しています。

木下アビエルには、石川佳純選手や

張本智和選手の妹・張本美和選手が所属しています。

 

 

全日本選手権で最年少決勝進出

2019年のお正月の取材では

「全日本は(今の)自分の中で1番大きい試合だと思います。

目標は、平野美宇さんのところまで(勝ち進んで)勝つ…」

と、話していました。

 

 

迎えた全日本選手権 女子シングルス5回戦。

 

世界ランキング85位の木原美悠選手(14)対

世界ランキング9位の平野美宇選手(18)。

 

第1ゲームこそ落としたものの

第2ゲームからは堂々とした試合運びで、元女王を圧倒します。

 

ゲームカウント4-1で、大金星をおさめます。

 

その後も快進撃は続き、大会最年少14歳5カ月での決勝進出

 

決勝では、女王・伊藤美誠選手(18)に敗れたものの準優勝。

 

試合後のインタビューでは

(伊藤美誠選手との)1番の差は、頭の使い方、考え方。

戦術とかがまだまだ違うなと思った。

 

全日本が始まる前は自分が決勝に行くと予想していなかった。

 

自信を持って今後の試合に生かしたいと思います。

 

ちなみに、決勝で敗れたあと、

お兄さんとメールをしたそうなのですが

決勝で負けてくやしいというよりは、今は結果に満足しているようでした。

 

まとめ

木原美悠さんは、14歳の卓球選手。

 

出身は、兵庫県ですが

現在は、東京で寮生活をしています。

 

中学校は、北区稲付中学校と思われます。

 

身長は、163cm

 

家族構成は、両親と姉、兄、弟がいます。

 

Tリーグでは木下アビエルに所属しています。

 

2019年1月の全日本選手権で最年少決勝進出で

注目が集まりました。

 

 

 

ミヤネ屋のインタビューを見ていると

木原美悠さんは、天才肌で練習をあまりしていないとのこと。

(もちろん、謙遜だとは思いますが)

 

 

ただ、伊藤美誠選手のお母さまが書かれた本を読んだことがありますが

伊藤選手の幼少期に比べると

確かに練習は少ないかも。。。と思いました。

 

 

まだ14歳ということで、東京…その先のパリを目指して

頑張ってほしいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました