紀平凱成(かいる)は自閉症の天才ピアニスト!経歴や聴覚過敏、カプースチン?世界仰天ニュース

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

ザ!世界仰天ニュースでは、

17歳のイケメンピアニスト紀平凱成さんが

生演奏するということで

紀平凱成さんの魅力についてまとめてみました。

紀平凱成のプロフィール

紀平凱成(きひら かいる)さんはピアニストです。

紀平凱成(Twitterより)

誕生年:2001年生まれ 高校2年生

経歴

東京大学の「異才発掘プロジェクト」ホーム・スカラー第一期生。

イギリス音楽大学トリニティ・カレッジ・ロンドンAdvanced Certificate(上級認定)取得。

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会の審査員賞受賞。

紀平凱成は自閉症?

2歳で自閉症と診断された、紀平凱成さん。

幼稚園では、言葉が上手く話せず、コミュニケーションが苦手だったのだそうです。

しかし、5歳を過ぎた頃から、驚きの能力を見せるようになります。

数字やアルファベット、漢字など、記号に興味をもち

難解な熟語や計算式を覚え、√(ルート)の計算までできるようになりました。

お母さんが意思疎通のために与えた落書き帳は

いつも難しい計算や音符でいっぱい。

ジグソーパズルも裏返しで揃えられました。

そして、ロックやジャズ、クラシックなど幅広い音楽に興味を持ち、

ピアノを習い始めた紀平さんは、誰が教えるでもなく楽譜を理解し

一度聞いただけの曲を楽譜を見ずに完璧に弾きこなすことができ

アレンジを加えることもできたのだそうです。

また、英語の歌詞も耳で聞き取り丸ごと覚えていたのだとか。

風の音、雨のしずく、鳥のさえずりなどをコードネームで表現する

絶対音感の持ち主でもありました。

小学校に入ると、徐々に簡単な意志を伝え始め、

コミュニケーション力も上がって、表情も変わっていったのだそうです。

そして、小学1年生でピアニストになりたいと宣言。

読譜も自然と身につけ、所かまわず五線を引いて作曲をし始めました。

幼い頃からの自分のスケジュールを分単位で記憶していたり

一度通った場所の地図が全て頭に入っているなど特殊な能力がありました。

10年以上前の曜日が瞬時にわかり周囲を驚かせたことも。

小学5年生になると、特定の音に嫌悪感を示すようになりました。(聴覚過敏)

食器があたる音、小さい子供の声、電車のアナウンスなどの生活音だけでなく、

自分が弾くピアノのあるフレーズ、音にも抵抗を示ようになりました。

中学生(15歳)になると、視覚が過敏になり、

特定の文字や人の顔・名前を見ることにも抵抗を感じ

外出すら困難になる時期もありました。

感覚過敏とは?(視覚・聴覚)

感覚過敏とは、五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)が敏感すぎることをいいます。

いわゆる普通の人なら負担に感じないような五感の刺激を、感覚過敏を持つ発達障害者は「やり過ごす」ことができません。

ごく普通の刺激を、耐えがたい苦痛として感じることも。

視覚: PC画面や照明、太陽光などをまぶしすぎると感じます。刺激を痛みとして感じる人も。

聴覚: 普通の人には耐えられるレベルの音を耐えがたい騒音と感じたり、普通の人には聞こえない高さ・大きさの音が聞こえたりします。

自分に必要な音声情報だけを抽出して聴くこと(カクテルパーティー効果)が苦手で、音声会話を苦手とする人も多いです。

http://mazecoze.jp/hattatsu/3424

紀平さんは、生活音も気になるため食器などは紙製品を使用。

大好きなピアノも高い音が苦手ですが、

イヤーマフ(防音具)をつけて音量を抑えているそうです。

紀平凱成はピアニスト

13歳の時、東京大学と日本財団が進める

突出した才能を伸ばす人材養成プロジェクト、「異才発掘プロジェクト」のホーム・スカラー第一期生に選ばれます。

16歳でイギリスの音楽学校“トリニティ・カレッジ・ロンドン”の”advanced certificate“(上級認定)に高得点で合格。

17歳でトリニティ・カレッジ・ロンドンの学士資格(ディプロマ)を取得しました。

2018年から、カプースチンの第一人者であり

盲目のピアニストとして有名な辻井伸行さんを指導したことでも知られ

川上昌祐さんに師事してして、実力を磨き続けています。

感動を沢山届けるピアニストになりたいと日々、チャレンジを続けています。

世界仰天ニュースでは

紀平凱成(Instagramより)

世界仰天ニュースでは、カプースチンを生演奏するのだそうで楽しみです。

川上先生のブログには

彼(紀平凱成さん)はカプースチンの曲の中でも、特に難度の高い曲に強く引かれるようです。

才能は作曲の方面にも出ていますし、番組を見てきっと驚かれる人もいるでしょう。

http://www.masahiro-kawakami.com/

カプースチンとは?

ニコライ・ギルシェヴィチ・カプースチンは、ウクライナの作曲家、ピアニスト、ミュージシャン。

紀平凱成

http://www.nikolai-kapustin.info/biography.html

生年月日:1937年11月22日

出身地:ウクライナ ホルリフカ

経歴

モスクワ音楽院でアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルにピアノを師事。

在学中にジャズに興味を持ち始め、独自のアイディアに基づいて作曲を試みるように。

1961年モスクワ音楽院卒業後、1972年までの11年間にわたって、ソビエト中をジャズ・オーケストラとして旅行。

1980年、チャイコフスキー大ホールで自作のピアノ協奏曲第2番を演奏したのを最後に、自作のレコーディングを除いて作曲活動に専念。多数の作品を生み出し続けています。

2018年現在、作品番号は161を数えます。

ニコライ・ペトロフ氏、マルカンドレ・アムラン氏、スティーヴン・オズボーン氏などの巨匠ピアニストらがカプースチンの作品を取り上げるようになり、その名が知られるようになりました。

日本国内で販売されている自作自演のCDも好評で、特に8つの演奏会用練習曲の人気が高く楽譜も多数出版されています。

本人が優れたピアニストであることから、高度な演奏技巧が求められるピアノ曲を多数作曲。

カプースチン氏の音楽は非常に高い演奏効果を有し、演奏会向きといえるのだとか。

紀平凱成さんの先生である、川上先生と親交があるのだそうです。

カプースチン氏の難易度が高く、人気があって

私の好みなのが、この曲。


カッコいいですが、ピアノで弾くのはかなり難しそうですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする