キムリアは白血病新薬で3349万円!負担はいくら?ノバルティスとは?



スポンサーリンク

こんにちは、ももあぼです。

厚生労働省は14日、一部の白血病患者らに効果がある新型治療薬「キムリア」の価格を、3349万円とする方針を決めた。

15日の中央社会保険医療協議会に提案し、了承されれば22日に公的医療保険の適用となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000164-kyodonews-soci

白血病新薬キムリアは3349万円!

(ノバルティスHPより)

一部の白血病患者らに効果がある新型治療薬「キムリア」の販売価格を、3349万円とすることが、中央社会保険医療協議会で了承されました。

キムリアは、既存の治療法が効かない、治療の難しい一部の白血病患者を対象とした薬です。

1回の投与で効果が期待できますが、実用化が進むアメリカでは価格が約5000万円で、日本での販売価格がどうなるのか注目されていました。

厚生労働省は、キムリアの国内販売価格を約3349万円とする案を提出し、中央社会保険医療協議会で了承されました。

今月22日から公的医療保険の適用対象になります。

スポンサーリンク

新薬キムリアとは?

「キムリア」は、患者さん自身のT細胞を遺伝子導入により改変し、体内に戻すこと で、CD19と呼ばれる抗原を細胞表面に発現するB細胞性の腫瘍(B-ALLとDLBCL) を認識して攻撃する新しいがん免疫細胞療法です。

「キムリア」による治療は、継 続的な投与を必要とせず、投与は一度のみとなります(単回投与)

https://www.novartis.co.jp/news/media-releases/prkk20190326

患者さんひとりひとりからT細胞をとりだし、ノバルティスの製造施設で、がん細胞やその他の細胞の表面に発現するCD19抗原を特異的に認識し攻撃するよう、遺伝子導入により改変されます。

改変されたT細胞(CAR-T細胞)を、再び患者さんの血液に戻すことで、CD19を認識し、

攻撃する際に伝わる刺激により、CAR-T細胞自身が患者さんの血液内で増殖し効果を表す…といった方法のようです。

患者さんへの投与は1回かもしれませんが、その患者さんにごとにT細胞(CAR-T細胞)を改変してくれるってところがすごいですね。

オーダーメイドの治療薬って感じなのでしょうか。

キムリアの患者の負担額は?

新薬キムリアの価格は、非常に高額ですが、使うとなった場合、患者の負担額はいくらになるのでしょうか?

通常、働く世代の自己負担は、掛かった医療費の3割(医療保険制度)ですが、高額な医療費や薬に関しては、「高額療養費制度」が適応されます。

この制度は、収入に比例して患者の負担上限を月ごとに定めています。

例えば、70歳未満で年収が約370~770万円の方がキムリアを使った場合、自己負担額は約40万円になります。

残りの約3300万円は、公的保険から給付されるのだそうです。

投与見込み患者数は、ピーク時で年間216人とされています。

となると、単純に計算して約72億円ってことになりますね。

国の財政も気になるところですが、厚労省は「影響は限定的」としています。

他の高額新薬も保険適応?

2018年ノーベル賞を受賞した、京都大学の本庶佑特別教授の授賞理由となったガン治療薬のオプジーボ。

オプジーボも、年間で数千万のにのぼる費用のほとんどを保険で負担する薬であるとして、これを保険適応するかどうかの是非が議論となりました。

本来なら、国の財源を気にせずに、薬があるなら方法があるなら、助けてあげてほしいとは思いますが。。。

スポンサーリンク

ノバルティスとは?

ノバルティスNovartis International AG)は、スイス・バーゼルに本拠地を置く、国際的な製薬・バイオテクノロジー企業である。

(中略)

ノバルティスの日本法人は、持株会社ノバルティスホールディングジャパン株式会社を中心に以下のように展開している。中核として医薬品事業のノバルティスファーマ株式会社 (英: Novartis Pharma K.K.) がある。

両本社は、東京都港区虎ノ門にある虎ノ門ヒルズ森タワー内に所在する。

ノバルティスホールディングジャパン株式会社(持株会社)

  • ノバルティスファーマ株式会社(医薬品事業)
    • 日本チバガイギー株式会社(製造部門子会社)
  • サンド株式会社(後発医薬品事業)
  • 日本アルコン株式会社(眼科領域医療機器、用具およびコンタクトレンズ、レンズケア製品の輸入・製造・販売事業)
  • アルコンファーマ株式会社(旧日本アルコン眼科用品医薬品事業部)
  • ノバルティスアニマルヘルス株式会社(動物用医薬品事業)

(ノバルティスWikiより)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする