小宮孝泰(たかやす)の妻や子供は?馴れ初めや裏日記も。爆報フライデー



スポンサーリンク

こんにちは、ももあぼです。

12月14日放送の

爆報THEフライデーでは

妻に先立たれた芸能人ということで

小宮孝泰さんと奥さんの裏日記についてです。


スポンサーリンク

小宮孝泰プロフィール

小宮 孝泰(こみや たかやす)さんは、俳優・お笑いタレントです。

小宮

https://news.goo.ne.jp/entertainment/talent/M93-1346.html

生年月日:1956年3月11日

出身地:神奈川県小田原市

趣味・特技:

釣り、スキューバダイビング、狂言、落語、英会話

学歴:

神奈川県立小田原高等学校

明治大学卒業

所属事務所:オフィスPSC

1979年、明治大学の同級生だった渡辺正行さんの誘いを受け、

養成所で一級上だったラサール石井さんと3人で

お笑いトリオのコント赤信号を結成。

映画やテレビなどでも幅広く活躍されており

また、大河ドラマにも数多く出演。

2018年「西郷どん 」では徳川慶勝役をされていました。

妻・佳江さんとの馴れ初めは?

1990年夏、番組の司会とエキストラをしていたOLの佳江さんと出会い、

一目ぼれしてアタック。

交際がスタートし、翌年に結婚しました。

小宮孝泰さんは36歳、佳江さんは、21歳でした。

14歳年下だったそうです。

子供はいませんでした。


スポンサーリンク

佳江さんと乳がん

2001年、佳江さんが31歳のときに乳がんが見つかりました。

こんにちは、ももあぼです。 今日のスッキリは、 10月のピンクリボン月間において 乳がんを考える3日間ということで...

しかし、佳江さんは、延命治療を拒否。

がんを受け入れて生活することを選択しました。

小宮さんと実の母親以外には非公開にしました。

ガン告知後に写真を学び

猫マニアだったという佳江さんは

愛猫から町の猫に旅先の情景と、多くの写真を残していきました。

また、闘病生活をノートに記録していました。

体調が悪い時は起き上がることもできないことや、

腹痛で食事もままならないこと、

骨への転移の恐怖などがつづられていた。

そんな妻を小宮は思いやることができず、

妻を焼肉に連れ出してしまったり、

転移の検査を仕事の都合で先延ばしにしてしまったり、

身勝手なふるまいを重ねてしまったという。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/24/kiji/20181024s00041000188000c.html

そして、夫を気遣う(時には叱咤する)メモをたくさん遺しています。

2012年10月31日に、佳江さんは亡くなりました。

12年間の闘病生活で42歳でした。

小宮さんは、

「ほんと、わがままでしょ」

「今でも後ろめたい気持ちがある」

と、2018年のノンストップ!で話していました。

 それでも、小宮がよしえさんを大切に思う気持ちは伝わっていた。

骨への転移が確認された年のクリスマスには、妻から小宮にメールが届いた。

転移発覚後に、闘病生活に対する夫婦間の感覚の違いが解消していったことや、自分にいつも優しく、支えてくれることへの感謝がつづられていた

小宮は「人の気持ちや体を慮ることや、人のためにしてあげることはなかなかできない。

どうしても自分のことが大事になってしまうから。

そんなことを教えてくれたのが妻だと思う」

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/24/kiji/20181024s00041000188000c.html

妻、佳江さんとの生活をつづったエッセイも発売されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫女房 [ 小宮孝泰 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/12/13時点)

楽天で購入

妻のためにできること

小宮

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/243437

がんが発覚してから小宮孝泰さんは

妻のために何ができるか考えたのだそうです。

思いついたのは、「ヌード写真を撮ること

乳がん発症から1年が経つか経たないかぐらいでした。

素直な感じで『それいいね』という返答でした。

今の時代は部分摘出が可能ですが、それでも乳房の形が変わってしまうことに変わりはない。

これは直接、本人に聞いたわけではありませんが、女として生まれたからには……という気持ちもあると思った。

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/243437?page=2

懇意のカメラマンに事情を説明し

6月の早朝に三浦海岸で撮影をしたのだそうです。

佳江さんも出来上がりに喜んでいたそうです。

そして、「猫が飼えるマンションに引っ越し」。

佳江さんは猫好きで、猫が2匹飼える家で

在宅医療と在宅死を希望していたようです。

また、幼いころは家を転々としていたため

自分の家に住むことが、ずっと夢だったのだとか。

しかし、新居に住んだのは1カ月にも満たなかったそうです。

がんが肝臓に転移していました。

肝臓に転移したということは、治る見込みが限りなく少ないということですから、この頃は彼女も自分の死を認めていました。

自分でカタログを見て介護ベッドを選び、そこのリビングルームに置いて寝起きした。

料理上手でしたが、衰弱していたので、残念ながら調理場に立つことはかないませんでした。

その代わりに冷蔵庫やキッチンに『ここは、こうやって』といったメモをいろいろ貼ってくれました。

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/243521?page=2

そのメモは、現在もその場所に貼られているのだとか。


スポンサーリンク

まとめ

亡くなってしまった奥さんに

もっとああしてあげれば、こうしておけば…と思うことは

どんなに全力で介護して

寄り添っていてもあることなのではないのかなと思いました。

爆報!THEフライデーでは

裏日記とある、佳江さんの日記にある

介護する側とされる側のすれ違いについても

放送されるようなので楽しみにしたいと思っています。

多少のすれ違いはあるにしろ

小宮さんと佳江さんは、一緒にがんと闘っていた感じがしました。

これからも活躍を楽しみにしています。

追記:裏日記の内容は?

佳江さんが生前綴った、4冊のノート。

2001年のがん判明をきっかけに

病状の説明や治療法を書き留めた病気メモで

2012年9月くらいまでの期間まで書かれていました。

2010年、がんが骨に転移したころ

ノートの内容に、小宮さんへの不満が。

「私に我慢させ、強要することが多い」

「自立できないダメ人間」

「”おれはやってるこんなにやってる”とまた言い出した。

そうだねと言うしかなかった。

だけど、痛くて苦しいときにたたみかけられてはたまらなくて」

佳江さんは、夫の行為を無駄にしないように我慢していました。

小宮さんは、佳江さんが亡くなった後

そのノートを書き起こしました。

3年以上かけて打ち込んだ文字数は、50万字以上。

はじめは不満ばかりに目が行っていましたが

佳江さんは、感謝の気持ちをつづっていました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする