見延和靖の経歴や高校の恩師は?フェンシングのイケメン日本代表!

見延和靖 スポーツ選手

こんにちは、ももあぼです。

 

8月30日のめざましテレビで

フェンシングの見延和靖選手について紹介していました。

 

見延和靖選手は、世界1位の実力を持つ選手なのだとか。

さっそく、まとめてみました。

 

見延和靖プロフィール!

見延和靖(みのべ かずやす)は、フェンシングの選手です。

http://kazuyasu.net/biography/

生年月日:1987年7月15日(32歳)

出身地:福井県越前市

 

血液型:B型

身長:177cm

体重:74キロ

 

家族:父・母、7歳上のお兄さんがいます。

 

学歴:武生商業高校→法政大学

所属:NEXUS株式会社

座右の銘:限界を迎えてからが勝負

 

昨シーズン、グランプリファイナルで2勝し

日本人初めて世界ランキング年間総合1位という快挙を成し遂げました。

 

フェンシング・エペの日本代表です。

 

経歴

小学校では空手、中学校ではバレーボールに熱中していた見延選手。

父親がフェンシング経験者で、武生商業高校1年からフェンシングを始めました。

 

当初はフルーレ、エペを両立していたましたが、大学入学後エペに専念。

3年時、全日本学生選手権大会で優勝、広州アジア大会団体戦で銅メダルを獲得しました。

 

NEXUS株式会社入社後は、五輪出場を目指し単身イタリアへ。

 

日本男子エペ個人では初のワールドカップ優勝し、

リオ五輪では悲願の個人戦出場、6位入賞を果たしました。

 

主な戦績

2015年:

ワールドカップ・エストニア > 個人 優勝 日本初!

全日本選手権 > 個人 優勝

 

2016年:

アジア選手権 中国 > 個人 3位 団体 優勝

日本初リオデジャネイロオリンピック > 個人 6位入賞 日本初!

 

2017年:

グランプリ・ハンガリー > 個人 2位 日本初!

ワールドカップ・フランス > 団体 3位 日本初!

 

2018年:

ワールドカップ・ドイツ > 個人 優勝

アジア大会・ジャカルタ > 団体 優勝 日本初!

ワールドカップ・スイス > 個人 優勝

全日本選手権  > 個人 優勝

 

2019年:

グランプリ・ハンガリー > 個人 優勝 日本初!

ワールドカップ・アルゼンチン > 団体 優勝 日本初!

(http://kazuyasu.net/より)

スポンサーリンク

見延和靖の高校は武生商業高校!

武生商業高校は、フェンシングの名門と呼ばれている高校で

リオオリンピックに出場した6選手のうち、4人が武生商業高校の出身です。

 

見延選手も番組のインタビューで

「間違いなく日本一練習している学校だったと思いますね。

(入部を)間違えたと思いましたよね。」

と笑っていました。

 

見延和靖の恩師・諸江克昭先生の指導とは?

武生商業高校では、ビデオミーティングをやっていたそうです。

ビデオミーティングを行ったのは、恩師でフェンシング部顧問の諸江克昭先生。

 

「ビデオを流してみるわけではなくて

一時停止してそこの中で考えさせる時間を作る」と見延選手。

 

ミーティングでは、ひとつひとつ動作を一時停止して確認し

他の部員も交え、勝つために必要な練習は何かを徹底的に考えさせたそうです。

 

「ほっといても自分で考えて練習するようになりますね。

なんのためにやっているのかわからないと、やっぱり血や肉にならない。」

と、諸江先生。

 

高校時代は、全国高等学校選抜フェンシング大会 団体戦 3位。

全国高校総体では、個人戦 ベスト8でした。

 

見延選手も

「自分の目標の立て方だったりとか

それに対して解決策を立てていかなきゃいけないので

 

そういったところが、今に生きていると思います。」

と話していました。

スポンサーリンク

見延和靖の筋肉がすごい!

イケメンフェンシング選手、見延和靖選手は

現役アスリートなのもあって、筋肉がすごいです。

 

(Instagramより)

2018年の全日本フェンシング選手権大会のポスターにも採用されています。

 

(Instagramより)

2019年の全日本フェンシング選手権大会のポスターにも。

篠山紀信さんが撮ってくれたのだそうです。

 

(Instagramより)

「Go Japan」でモデルとしても出演。

筋肉でスーツが映えますね。

 

個人的には、足首に目がいってしまいます。。。

スポンサーリンク

フェンシング見延和靖まとめ

見延和靖選手は、2019年6月に

日本人初めて世界ランキング年間総合1位という快挙を成し遂げた

フェンシング日本代表のエースです。

 

父の勧めで、武生商業高校1年の時にフェンシングをはじめました。

 

そのときの恩師が、フェンシング部顧問の諸江克昭先生。

 

ビデオミーティングを行い、自分で考えさせる指導が

今の見延選手にも生きているようです。

 

そして、見延選手といえば

イケメンフェンシング選手と言われるとおり

カッコいいのに、筋肉もすごいんです。

 

フェンシングの試合では、見えにくいかもしれませんが

脱いだらさすがアスーリート!筋肉がすごいですね。

 

これからも頑張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました