永野芽郁の演技力は、上手?下手?「君は月夜に光り輝く」あらすじ

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に主演した女優の永野芽郁(19)が、朝ドラ後初めて映画に出演する。

人気小説が原作の「君は月夜に光り輝く」(来年3月15日公開)で、4人組ロックバンド「DISH//」の北村匠海(20)とダブル主演する。

昨年公開され興行収入35億円の大ヒットとなった「君の膵臓をたべたい」の月川翔監督(36)がメガホンを取り、北村は同作以来の再タッグ。

「キミスイ」や興収85億円を記録した04年「世界の中心で、愛をさけぶ」と同じく、生と死に向き合いながら純愛を描く作品で、来年は“キミツキ”旋風が起きそうだ。

7日から撮影が始まり、永野は「朝ドラのテンポ感に慣れてしまって映画の現場に緊張しています。久々に違う女の子を生きる不安もありますが、新鮮な気持ちで向き合って頑張りたい」と意気込む。

北村とは初共演で「居心地の良い方なので、最後まで穏やかに落ち着いた雰囲気のままできるんじゃないかな」と信頼を寄せている。

北村は「凄く純度の高い、そして人として大事なテーマである“命”を扱う映画に再度起用していただけたことが感慨深く、役を精いっぱい生き抜きたい」と張り切っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000004-spnannex-ent

「君は月夜に光り輝く」

君は月夜に光り輝く

http://mwbunko.com/978-4-04-892675-1/

原作は第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜氏のデビュー作で、

累計発行部数30万部を突破しました。

「君は月夜に光り輝く」あらすじ

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。

高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。

月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。

彼女の名前は、渡良瀬まみず。

余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…

「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

http://mwbunko.com/978-4-04-892675-1/

「月は月夜に光り輝く」共演者

まみずと卓也の同級生を甲斐翔真(20)

卓也の姉を松本穂香(21)

卓也のバイト先の先輩を今田美桜(21)

まみずの担当看護師役で優香(38)

まみずの父を及川光博(48)

まみずの母を生田智子(51)

卓也の母親役で長谷川京子(40)

永野芽郁の演技力は?演技上手?下手?賛否両論

気になるのが永野芽郁さんの演技力ですよね。

永野芽郁さんの演技力について調べてみたところ、

本当に賛否両論なんです。

永野芽郁 映画出演作品

ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル(2009年7月11日)

ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-(2010年5月1日) – すみれ 役

私の優しくない先輩(2010年7月17日) – 西表耶麻子(小学生時代) 役

るろうに剣心(2012年8月25日) – 三条燕 役

ガチバン ULTRA MAX(2014年4月12日) – 星良 役

繕い裁つ人(2015年1月31日)- 中田まり 役

俺物語!!(2015年10月31日) – 大和凜子 役

ひるなかの流星(2017年3月24日) – 主演・与謝野すずめ 役

PARKS パークス(2017年4月22日) – ハル 役

帝一の國(2017年4月29日) – ヒロイン・白鳥美美子 役

ピーチガール(2017年5月20日) – 柏木沙絵 役

ミックス。(2017年10月21日) – 小笠原愛莉 役

調べてみると、映画「俺物語!!」の評価が高いですね。

朝ドラ「半分、青い」

また、朝の連続テレビ小説「半分、青い」に出演されていました。

朝ドラに出たからといって必ずしも

演技力の高い女優さんであるとは言い切れません。

今は演技派とも言われています芳根京子さんにしても

朝ドラ「べっぴんさん」のときの評価は高くはありませんし

その時は私も上手ではないと思ってみていました。

「半分、青い」も脚本のせい…とも思いますが

あまり上手だとは言えない永野芽郁さん。

ただ、泣く場面が朝ドラでは多かったので

今回も泣く場面では活躍してくれるのではないでしょうか。

朝ドラファンの中には

脚本がひどかったのもあり、

「永野芽郁さんもしばらく見たくない」という意見も一定数あります。

「君は月夜に光り輝く」で、また新しい永野芽郁を見せてくれるといいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする