奈緒は在日?プロフィールや出演ドラマ・CM「半分、青い。」木田原菜生役

スポンサーリンク
奈緒 テレビ

2018年春の朝ドラ「半分、青い。」で主人公の同級生・木田原菜生

を演じる、奈緒さん。

 

「奈緒」で調べても「松下奈緒」さんばかり検索されてしまいますが

昨年2017年から、一気にメディアへの露出が増えています。

 

そして、朝ドラ出演でこれからも人気が出てくるでしょう。

それでは、今回は奈緒さんの魅力について迫っていきたいと思います。

奈緒のプロフィール(wiki風)

奈緒

別名義:本田 なお(旧芸名)

生年月日:1995年2月10日(22歳)

出身地:福岡県

身長 :160 cm

出身高校:福岡県立筑紫中央高校

趣味:読書、映画鑑賞、ウクレレ、プロレス観戦、古着収集、中国語、着付け、バーレスクダンス

特技:韓国語、絵、乗馬(5級)

好きなもの:カレー、塩おにぎり、やきとり、うどん、野菜(小麦粉が入ってるものは控える)

苦手なもの:海老(甲殻アレルギーのため)、オイルサーディン、サーモン

 

芸名の「本田なお」の「本田」は漫画『フルーツバスケット』の登場人物「本田透」から苗字を拝借したそうです。

フルーツバスケット

2017年芸能事務所アービングに移籍後、芸名を奈緒に改名。

2017年~の出演ドラマ・映画・CMです。1年でこんなに!

テレビドラマ出演

Chef〜三ツ星の給食〜 – 宮田加奈 役

冬芽の人 – 関口照美 役

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん – 藤本 役 レギュラー

下北沢ダイハード

雨が降ると君は優しい – 平川百合 役 レギュラー

 

赤ひげ – 天野まさを 役 レギュラー

2018年:連続テレビ小説「半分、青い。」(4月2日- 、NHK) – 木田原菜生 役 レギュラー

 

映画出演

リングサイド・ストーリー(武正晴監督) – 小野寺絵里 役

日韓合作ショートフィルム「いつか、会える日まで」(たじまなおこ/イ・サガン監督) – 由奈役 役

CM出演

モスバーガー『お待たせする理由篇』『選抜!直火焼チキン祭篇』

モンスターストライク 『初詣篇』

リクナビ「NEXT」『屋上遊園地篇』

福屋不動産販売「ローカルミーハー」

アビバプロ

カンロ「ピュレグミ」

 

奈緒は在日?

こちらは、噂の域を出ませんが、在日韓国人の一般的な見分け方として有名なのが

特徴的な耳たぶですよね。朝鮮耳と呼ばれる、耳たぶない(薄い?)耳です。

ど…どうでしょう??

韓国で流行っているらしい黒マスクですが、日本では2014年に少しだけ流行りました。

そして、この噂の1番の要因は、日韓合作の映画に出演されたことや韓国語が話せるというところかもしれません。

でも、韓国に滞在して、韓国語勉強して…って、大変だったと思います(>_<)

奈緒さんが在日韓国人であっても、韓国が好きであっても、奈緒さんを好きな人は好きでしょうし関係ないと思います。

ただ、日韓関係がビミョーなので、お仕事をしたとはいえ韓国を前面に出していくマーケティングは、「差別化」「個性」は出せますが、「好かれるキャラ」を売るキャラクタービジネスとしてどうなのかなって老婆心ながら思っちゃいます(*ノωノ)

まぁ、T●Sなんかは、社員は韓国語ができないと出世できないと言われている会社ですし…芸能界では問題ないのかな。

「半分、青い。」鈴愛(すずめ)の同級生 木田原菜生(きだはら・なお)

純情岐阜編に同級生 木田原菜生として出演されます。

町の洋品店・「おしゃれ木田原」の一人娘。鈴愛とは幼なじみで高校まで一緒、気心の知れたよき相談相手。鈴愛も菜生も学校では目立たない存在だが、何かと天然な鈴愛に対し、菜生は意外にしっかり者。人の恋愛に目ざとく、心の機微を語ったり、「おしゃれ木田原」の将来についても真剣に考えている。鈴愛の片耳失聴のこともよく知っており、さりげない気配りで助けてくれる。

www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/277913.html

 

朝ドラ出演 奈緒さんのコメント

 

朝ドラ出演は緊張もありますが、鈴愛ちゃんに「菜生」と呼ばれると肩の力がスッと抜け、今は、このドラマで沢山の方に初めましてのご挨拶ができることを心からうれしく感じています。みんなの恋の行方は?木田原家は梟町のファッションアイコンとなれるのか?
お話を楽しみながら、にぎやかな皆さんについていけるように頑張ります!

www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1990/284882.html

 

楽しそうな雰囲気が伝わってきますね( *´艸`)

これからの活躍を楽しみにしています。

 

「半分、青い。」主演・永野芽郁さんの記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました