スポンサーリンク




川鍋一郎(日本交通)はタクシー王子?家族や経歴、本は?1900億円の赤字から。カンブリア

こんにちは、ももあぼです。

11月15日放送の「カンブリア宮殿」は、

「『拾う』から『選ばれる』へ。老舗3代目のタクシー革命!」で

日本交通の川鍋一朗会長が出演されます。

川鍋一朗さんとは、どのような方なのでしょう?

若くてイケメンですよね。

川鍋一朗さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

川鍋一朗プロフィール

川鍋 一朗(かわなべ いちろう)さんは、日本交通株式会社代表取締役会長です。

川鍋一朗

https://dogatch.jp/news/tx/57272/detail/

川鍋一朗さんは、1970年生まれ

日本交通創業家三代目で、

祖父は創業者の川鍋秋蔵氏。母方の曽祖父に藤山雷太氏。

父は、川鍋達朗氏、母は、日本飲料社長の娘さん。

そして奥さんは、元内閣総理大臣中曽根康弘の孫・文子さん。

叔母さんたちも、皆さん社長・会長夫人だし

リアル華麗なる一族って感じでしょうか。

ご兄弟は、弟・妹がいます。

川鍋一朗の経歴

それでは、簡単に、経歴紹介します。

学歴は、幼稚舎から慶應。

慶應義塾大学経済学部卒業。

さすがは、3代目のお坊ちゃまという感じですね。

スタンフォード大学アジア太平洋研究センター客員研究員

ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院修了MBA取得。

MBAは、経営学修士。

3代目として経営者としての準備はバッチリといったところですね。

1997年(平成9年)マッキンゼー日本支社勤務を経て、2000年家業の日本交通入社。

専務、副社長を経て、2005年代表取締役社長就任。

2015年 元カネボウ化粧品・前テイクアンドギブニーズ社長の

知識賢治氏を社長に迎え、自身は会長に

現在は東京と全国のハイヤー・タクシー協会の会長 兼

アプリ運営会社 JapanTaxi の社長としても業界自体を牽引しています。

こちらでは、会長と社長を兼務していらっしゃいますが

今回は、番組で会長と紹介されているので

会長と呼ばせていただきます。

スポンサーリンク

借金1900億円からのスタート

川鍋一朗

https://superceo.jp/tokusyu/manga/100133

華麗なる一族で、学歴もすごくて

3代目としての準備はバッチリ。

そんな川鍋一朗会長ですが、入社当初は大変だったようです。

2000年、29歳で日本交通に入社した、川鍋一朗会長。

そこで初めて1900億円もの赤字があることを知り、

会社の建て直しを図るべく立ち上がります。

会長ご本人も

100億超えると、あまりわからない」と言っていますし、

本当に想像もできないくらいの金額ですね。

その借金を返すために

まずは、持っているのもを全部売ったのだそうです。

本社も家も、ホテルにゴルフ場、スキー場などなど。

次は、会社をうまく回して、利益を出すこと

しかし、会社を救うために立ち上げた子会社でも

1年間、毎月1000万の赤字を出し続けてしまいます。

そこで、若手を集めてミーティング。

試行錯誤を繰り返し

「重要なものよりも、結果が出やすいものに取り組む」という結論に。

「結果だけがあなたを守ってくれると社員にもよく言っていますが、

気力や体力がある若いうちに、結果を出す経験をどれだけ積めるのか。

結局、打席に立つことでしか

本当の意味でのヒットを打つ感覚の練習はできないですから。

https://toyokeizai.net/articles/-/194019

これは、「アイデアは質より量」という言葉にもつながりますね。

最初はどれが当たるかわからないから

一気に10やると、2か3は当たる

1個を正確にやるよりも、

適当でいいからいっぱいやってみることが大事なのだそうです。

そして、結果が出たら、言いまくるのも大事。

みんな忙しくて人が何をやっているかなんて興味がないから、だそうです。

タクシー業界のいろいろな改革

昨年、東京のタクシーの初乗り運賃は730円から410円へと値下がりしました。

これにより、近距離を手軽に移動する、“ちょい乗り客”が増え、

利用客増につながっているそうです。

また、トヨタが開発したタクシー用の新型車両

車高が低いため高齢者でも乗りやすく、

座席だけでなく、観光客用にたくさんのトランクを積み込めるなど

広々として快適と評判のようです。


介護資格を持つ乗務員による「サポートタクシー」

観光の知識にたけた乗務員による「観光タクシー」などの、

お客に寄り添ったサービスを展開しています。

社内の改革も

乗務員のサービス向上を図るため、

様々な研修やマニュアル化を徹底しています。

さらに、覆面モニター制度を設け、

乗車中のタクシーに抜き打ちチェックも行うのだそうです。

また、キャリアパス制度という仕組みを作り

キャリアを積み試験に合格すると高級路線の黒タク乗務員に。

最終的にはサポートタクシーや観光タクシーといった専門性を持った

エキスパートドライバーへと昇格することができます。

もちろん報酬アップにも繋がる制度です。

スポンサーリンク

JapanTaxi(ジャパンタクシー)とは?

JapanTaxi(ジャパンタクシー)(全国タクシー)は日本最大級のタクシー配車アプリです。

JapanTaxi1つで、

タクシー料金を計算する

タクシーを呼ぶ(予約する)

タクシー料金を支払うの3つの機能を網羅。

JapanTaxi(ジャパンタクシー)の使い方は?

JapanTaxi(ジャパンタクシー)の使い方は3ステップ。

1.乗車場所を決めます。

2.内容を確認して注文。

3.付近のタクシーを探します。

ネット決済機能もありますし、料金検索もできますよ。

また、10月からは、LINE Clovaと連携しているので

「ねぇクローバ、ジャパンタクシー開いて」の一言で

タクシーを呼ぶことができちゃいます。

タクシー利用の多い方はもちろん、

知らない土地にいるときには、かなり心強いアプリになりそうですね。

川鍋一朗の本は?

タクシー王子、東京を往く。―日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」(文藝春秋)

「タクシー運転手になります!」

売上高日本一のタクシー会社の三代目若社長が突然宣言。

でも、最大の弱点は「道を知らないこと」。

果たして、激務にどう立ち向かったのか―。

笑いあり、涙あり、意外な出会いあり…心温まる奮闘劇

(Amazon紹介文より)

アマゾンでのレビューは、3.9で

星5つも60%と評判もいいみたいですね。

川鍋一朗まとめ

川鍋一朗さんは、日本交通の3代目社長(現・会長)。

華麗なる一族として、何不自由なく育ち

3代目になるものとして大きくなった川鍋さんが

入社すると、会社には1900億の赤字がありました。

そんな状態から日本交通は赤字から盛り返していくのですが

そこには、様々なアイデアがありました。

特に、JapanTaxi(全国タクシー)は、

日本最大級の配車サービスアプリです。

若くてイケメンな川鍋会長。

番組ではどんなお話が聞けるのか楽しみですね。

広告336




広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告336