野々村直通(監督N)の今現在!甲子園発言大バッシングの真相ややくざ・山陰のピカソ?爆報フライデー

こんにちは、ももあぼです。

1月18日放送の爆報THEフライデーでは

あの人は今…大追跡SPということで

甲子園での発言で大バッシングを受けた監督Nは今… を

調べてみたいと思います。

どうやら監督Nというのは

野々村直通さんのようですので

野々村さんの現在をまとめてみました。

スポンサーリンク

野々村直通プロフィール

野々村 直通(ののむら なおみち)さんは、元野球監督です。

野々村直通

http://nonomura-naomichi.com/profile/index.html

生年月日:1951年12月14日

出身地:島根県雲南市

経歴

島根県立大東高等学校から広島大学(学校教育学部美術科)に進学。

硬式野球部で2年生のときに広島六大学の首位打者になります。

4年生のときに主将として全日本大学野球選手権大会に初出場しました。

美術科教諭として、

広島県立府中東高校に赴任し

1978年、秋の中国大会で準優勝。

1979年、第51回選抜高等学校野球大会に初出場。

松江日大高校の監督を経て

1988年、松江第一高校(後に開星高校)に硬式野球部を創部し、初代監督に就任。

1993年(創部6年目)夏の第75回全国高等学校野球選手権大会に初出場。

2007年、第89回全国高等学校野球選手権大会で、監督として甲子園大会初勝利。

2009年、第81回選抜高等学校野球大会では慶應義塾高校に勝利し選抜大会初勝利。

2010年、第82回選抜高等学校野球大会に出場。監督辞任。

2011年4月に監督に再就任。

夏の第93回全国高等学校野球選手権大会出場を最後に監督を退任し、

2012年3月限りで開星高校を定年退職しました。

開星高校を春2回、夏7回、甲子園へと導きました。

スポンサーリンク

野々村直通の甲子園の発言とは?

野々村直通さんの、甲子園で大バッシングを受けた発言とは何でしょう。

2010年、第82回選抜高等学校野球大会に出場した際に

大バッシングを受けたため、監督辞任にまで追い込まれています。

それは、初戦で21世紀枠選出の向陽高校に1-2で敗れたときのインタビューで

「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」

「切腹して死にたい」

などと答えたことでした。

21世紀枠選出とは?

2001年が21世紀最初の年であることに因み、

2001年開催の第73回大会から設けられた甲子園出場校。

部員不足やグラウンドがない、豪雪地帯といった学校・地域の特性などの困難を克服した学校や、

ボランティア活動といった野球以外の活動での地域貢献で他校の模範となる学校を選出します。

推薦は2012年までは

基本的に各都道府県の秋季大会で参加校数が128校を上回る都道府県ではベスト16、それ以外の県ではベスト8以上のチーム、

2013年以降は128校を上回る都道府県ではベスト32、それ以外の県ではベスト16以上と改定された。

(選抜高等学校野球大会Wikiより)

向陽高校は、和歌山県の高校で、こちらが主な選考理由。

旧制海草中学時代に嶋清一などの活躍で1939~40年に第25回、第26回と全国大会を連覇した名門校。

清掃活動など地域とつながりも深く、副主将は生徒会長を務めて学校生活にも熱心に取り組む。

(選抜高等学校野球大会Wikiより)

向陽高校は、2010年の全国高等学校野球選手権 和歌山大会の決勝で

甲子園の常連校・智弁和歌山高校に負けています。

理由はまぁ後付けに近い感じだと思いますが、

和歌山大会の成績がよかったので推薦されて甲子園に出場したのだと思います。

なので、決して弱いということはなかったはずです。

なぜあのような発言を?真相は?

マスコミって、面白おかしく、その部分だけ取り上げるんですよね。

いきなりこんなこと言うのって、おかしくない?と思ったので調べてみました。

2010年の開星高校には

白根尚貴選手(ソフトバンク → DeNA)と

糸原健斗選手(JX−ENEOS → 阪神タイガース)の有力選手がいました。

長年監督をやっている野々村さんは、

「全国制覇」も視野に入れて甲子園に臨んだわけです。

しかし、まさかの初戦敗退

試合後に敗軍の将として報道陣に囲まれた野々村さんは

悔しくてずっと黙ったままだったそうです。

だんだんイライラしてきた報道陣が「なぜ黙っているんですか」と聞いた時に

カッとなって、あの発言をしてしまったそうです。

もちろん野々村監督も「あの場で言っちゃいかん」とは思っていました。

しかし、何としても勝ちたかった、勝ちに執着していたのです。

相手を侮辱したつもりはありませんでした。

けれども、その発言を受けて日本中から大バッシングを受けました。

さらに、謝罪会見のシャツが派手な迷彩であったことも

「反省していない」と、さらなる騒動となり、辞任に追い込まれました。

国会でもやってる、前後の脈絡なく「発言だけを抜き取る」やつですね。

スポンサーリンク

野々村直通はやくざ監督?

野々村直通

http://nonomura-naomichi.com/profile/index.html

甲子園の抽選会での、羽織袴姿。

スーツも紫のラメ入り。

「菅原文太にしてくれ」と髪型を真似た短髪とサングラス。

指導中には、手や足が出ることもあり

「オンドリャー」「ワレー」という怒号には

試合の相手選手や監督までもが怖がっていたのだとか。

しかし、いつも実直な姿勢で何事にも命がけ。

選手をはじめ、保護者からも慕われており

1997年から野球部員が卒業する際には一人一人に似顔絵を贈っていた

というエピソードも。

また、あの発言で監督を辞任した際には

開星高校の野球部保護者が中心となって、監督復帰嘆願署名運動が起こり

8000名もの署名が集まりました。

その中には、向陽高校の保護者の署名もありました。

ちなみに野々村監督が退任した年から、甲子園の抽選会は

「責任教師、監督は白の半袖シャツまたは所属連盟のスタッフシャツ着用」

となっています。

もしや高野連も怖がって言えなかったのでしょうか。

野々村直通の現在

伯父が京都の西陣織の下絵書きをする芸術家であり、

その影響で幼い頃から絵を描いていた野々村監督。

美術教諭・監督として働く傍ら、

個展の開催島根県警鑑識課で長年似顔絵の特別講師をつとめるなど

画家としても活動し、「山陰のピカソ」とも呼ばれていました。

開星高校野球部のユニフォームをデザインしたこともあるんです。

2015年7月に島根県松江市に画廊「にがお絵&ギャラリー ののむら」を開設。

観光客や野球関係者の似顔絵を描いて、のんびり暮らしているのだとか。

そして、島根県農業協同組合(JAしまね)の月刊誌「JAしまねびより」の表紙の原画も担当しています。

また、教師退職後の2012年4月より教育評論家に転身し、講演活動をしています。

スポンサーリンク

爆報THEフライデーの放送では

爆報THEフライデーの放送では

若者相手の驚きの職業に転身?ということなので

教育評論家の方を大きく取り上げるのだと思います。

例えば「体罰」のあり方について。

荒れた学校で生徒と正面から向き合ってきた野々村さんだからこその話を聞くことができるかもしれませんね。

あと、野々村監督の「玉砕精神」を誤解される方もいるかもしれませんので。

野球をやりたくてもできなかった人たちがいる。

そういう人たちの為にも、当り前のことに感謝し、今の一打席、この一球にまごころを込めて野球をやらにゃ申し訳ない。

命を惜しまず玉と砕ける。その精神なくして本当の力は出ない。

https://number.bunshun.jp/articles/-/231155?page=3

「今、この一球にまごころをこめる」精神は

野々村監督の育てた野球選手に受け継がれていると思います。

広告336




広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告336