岡本依子(テコンドー)の今現在の職業は?宗教や結婚は?

スポンサーリンク
岡本頼子 スポーツ選手

こんにちは、ももあぼです。

 

テコンドー元日本代表で活躍した岡本依子さんですが

人気タレントから転身されています。

 

岡本依子さんの経歴や職業について調べてみました。

 

岡本依子プロフィール

岡本依子(おかもと よりこ)さんは、テコンドー元日本代表選手です。

岡本頼子

https://www.kouenirai.com/profile/5318/

生年月日:1971年9月6日(48歳)

出身地:大阪府門真市

 

身長:170㎝

体重:67㎏

 

四天王寺中学校・高等学校特別英数コース出身で

中学1年生のときから6年空手を習い、

 

早稲田大学人間科学部スポーツ科学科では

大学3年時に交換留学生としてオレゴン大学へ留学し

テコンドーを始めました。

 

テコンドー選手としての戦績

1993年 テコンドー全日本初出場・初優勝(以来、国内で、負けなし)

プロキックボクシングの試合出場 ルシアライカ選手にTKO負け。

 

1994年 アジア選手権銀メダル(フィリピン)

1996年 アジア選手権銀メダル(オーストラリア)

1998年 アジア選手権銅メダル(ベトナム)

1998年 アジア大会銅メダル(バンコク)

 

1999年 シドニー五輪予選アジア2位通過

2000年 シドニー五輪銅メダル

 

2001年 東アジア大会(大阪)銀メダル

2002年 ワールドカップ(東京)銀メダル

 

2003年 アテネ五輪アジア2位通過

2004年 アテネ五輪出場7位

 

2005年 アジア選手権銅メダル(ベトナム)

2007年 世界選手権ベスト8・コリアオープン金メダル・北京五輪アジア3位通過

2008年 北京オリンピック出場

 

テコンドーは、オリンピック競技としては

1988年のソウルオリンピックの公開競技となり、

2000年のシドニーオリンピックから正式競技となりました。

 

岡本依子さんは、シドニーオリンピックで銅メダルをとった

第一人者ともいえます。

スポンサーリンク

岡本依子の破門は協会の分裂が原因?

オリンピックでメダルを取る前に

夢を見つけるために留学した先でテコンドーを見つけた、岡本依子さん。

 

神奈川県でテコンドーを続けていたのですが

道場の方針で全日本選手権には選手を出さないということだったそうです。

 

全日本選手権に出場しなければ

当然、日本代表にはなれませんし、オリンピックにも出られません。

 

岡本さんは、悩んだ末大会に出ることを選び、道場は破門になったそうです。

 

 

また、アテネオリンピック出場の際には、

岡本さんはアジア大会2位でオリンピックに行ける権利があるにもかかわらず

 

日本オリンピック委員会は

全日本テコンドー協会と日本テコンドー連合に

分裂している国内競技団体が統一されない限り出場を認めない方針を示し

オリンピックへの出場が危うくなった時もありました。

 

そのときは、10日で10万人の署名が集まり

日本オリンピック委員会の救済措置で

個人資格を適用して出場することができました。

 

岡本依子と宗教

岡本依子さんは

2006年に韓国でキリスト教で洗礼を受けました。(プロテスタント)

 

2006年12月25日、韓国人コーチの出演する劇を見に、教会へ。

「お付き合い」のつもりで、クリスマスの集会に参加した。

 

「私は、神様は信じるけど、イエス・キリストのことは信じていません」

と言うと、担任牧師に、

 

「あなたが神様と幸せに暮らしていけるのなら、

イエス様がこの地に来られ、十字架にかかる必要がなかったでしょう」

と言われ、自分のためにイエスが十字架にかけられたことが

不思議と分かったという。

 

その場で信仰告白をし、それから、もっと神様を知りたい、

イエス様を知りたいと主日礼拝だけでなく、

毎朝、早天祈祷会に通ったり、弟子訓練を受けたりしていた。

https://harukaze.space/yoriko-okamoto/

 

2008年、北京オリンピックは、初戦敗退。

参加選手の中で最年長でした。

 

試合直後に担当牧師から、神学校に行くよう進められたそうです。

 

2009年2月8日、現役引退を表明。

 

2009年の7月からJTJ宣教神学校の通信生となり

2012年3月20日、JTJ宣教神学校牧師志願科卒業。

 

岡本依子の結婚は?

岡本依子さんは、結婚していません。

 

2009年に 「交際している相手がいて結婚したいが、まだできない」

と話していたそうで、結婚願望は強そうですよね。

 

2009年といえば、引退を表明した後であり

世界を目指すアスリートのときよりは、

結婚しやすい環境になったと言えると思います。

 

 

しかし、ある動画の流出により

本当に岡本依子さんのものであれば

(その彼かはわかりませんが)結婚は遠のいたと思います。

 

というか、すでに別れていて

本当ならリベンジポルノだったという方が可能性が高いですね。

スポンサーリンク

岡本依子の引退後の職業は?

岡本頼子

(Instagramより)

2010年3月17日、エクササイズDVD

「テコンドー韓流エクササイズ-岡本依子のネリチャギビューティー」を発売。

 

2010年3月29日に設立されたアスリートネットワークの理事に就任。

 

2011年、大阪でドリームテコンドースクールを開講。

2015年、全日本テコンドー協会理事会で理事に選任され、

理事会では強化委員会入りして選手強化に携わることも決定しました。

 

また、2019年には全日本テコンドー協会の副理事長を務めています。

テコンドー会長金原昇の独裁体制や選手ボイコットの原因は?
こんにちは、ももあぼです。 テコンドー会長・金原昇氏の体制が問題になり テコンドーの強化合宿が行われる予定でしたが 多くの選手がボイコットしたのだそうです。 2020年の東京オリンピックを目前にして ...

 

2018年5月末からは、カンテレドーガで、

テコンドーの動きを取り入れたエクササイズ動画配信しています。

 

岡本依子さんは、テコンドーの普及活動に取り組むとともに、

テコンドーの動きをもとにしたダイエットプログラム“ネリチャギ ビューティー”を開発し、

健康増進のための活動も行っています。

 

アスリートネットワークとは?

トップアスリートが有する3つのG(自)

つまり「自信、自律、自立」をキーワードに

「トップアスリート自身が直接的に関与し、企画、運営する」という方針を共有しています。

 

 

・現役トップアスリートの支援を行うとともに引退後のキャリア環境を整えること

・自らの経験、感動を社会に伝え、夢を与えること

・スポーツの持つさまざまなコンテンツを共有し理解すること

・影響力のあるトップアスリートたちが正しい情報を発信すること

・社会的規範に則り「人々から永遠にあこがれる存在」となるよう努力すること

 

このようなことを通じてスポーツの価値を向上させ、

スポーツで日本を元気にさせる源としていきます。

http://athlete-network.jp/#clients

 

現在の理事長は、元バレーボール監督の柳本晶一さんです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました