オムツはずれって?タイミングや準備は?いつ始める?

スポンサーリンク


2歳を過ぎると「そろそろ…」と言われ始めるオムツはずれ。(トイレトレーニング)

オムツ姿も赤ちゃんぽくてかわいいけれど

集団生活が始まる前に、オムツが取れたらいいなぁと

思うママも多いのではないでしょうか?

だけど、

いつ頃から始めた方がいいの?

ちゃんとできるかな?

特に1人目ママさんは、不安でいっぱいですよね。

先輩ママさんに聞いてみても、十人十色、

それぞれに、トイレトレーニングの方法や期間などが違って

毎日ネットで検索するハメに。。。

(私がそうでした 🙁 )

同じ月齢くらいの子が、パンツになったと聞いて焦ってしまう…

なんてことも、よくある話で。。。

でもね、オムツを外すのは、子供なのです。

濡れたオムツ気持ち悪いな、いやだな

パパやママ(お兄ちゃん・お姉ちゃん)はどうしているのかな?

パンツかっこいいな

トイレでおしっこすると褒められてうれしいな

成長とともに体や心の準備が整えば、自然とオムツから離れていくものです。

だから、 「オムツはずれ」なのです。

ママが主体の「オムツはずし」とは、少しニュアンスが違いますよね。

こちらの方が、ママが頑張らなくちゃ!!という感じがします。

オムツはずれの準備

では、おむつがはずれる準備とは何でしょう?

一般的には、立って歩けること、おしっこの間隔が2~3時間、 「ちっち」と言えること

と、言われていますが、

1番大切なのは、おしっこの間隔が2~3時間ということだと思います。

おしっこの間隔が長くなるということは、それだけ膀胱におしっこが溜められるということです。膀胱も成長するにつれて、溜められる量が増えていくのです。

そして、ママが大体のおしっこのリズムや間隔などのタイミングがわかっていれば、

誘って成功することが多くなります。

朝やお昼寝から起きた後が狙い目ですね。

うんちは毎日でるのか、1日おきなのか

食事(水分をとって)からどれくらいで、おしっこが出るのかなど

ちょっと気にかけて、大まかなタイミングを知っているだけでも随分と楽になります。

立って歩けることについては、EC(エリミネーション・コミュニケーション)という、

簡単に言えば0歳からトイレトレーニングを始めるという考え方もありますし、

(私も実践していました)

10カ月で歩けるようになった三男をおまるに座らせてみたのはいいけれど、

床に足がつかなくて怖がらせちゃったという失敗もしてしまいました。

「ちっち」と言うことができなくても、もぞもぞしたり、お股を触ったり、隠れてみたりと

おしっこやうんちのときのクセや、ママがおしっこのタイミングがわかっていれば

十分対応できると思います。

こちらもよく観察する…ということでしょうか。

トイレに興味を持ってもらう

オムツ替えのとき声かけ

そんなに難しいことではありません。いつものように…でいいです。

「おしっこ出たね、新しいオムツに替えると気持ちいいよ」

「うんち出たね、お尻拭くとスッキリするよ」など

月齢が低いときから、おしっこ・うんちなどの言葉を入れて声をかけてみましょう。

絵本

トイレに関するさまざまな絵本が出版されています。

うちでは「ノンタン おしっこ しーしー」という本を読んでいましたが

最近ではさまざまな仕掛け絵本が出ているみたいなので

一緒に遊んで、キャラクター(主人公)がトイレを使う様子を見て

トイレの使い方を分かってもらいましょう。

DVD

絵本と同様、様々なキャラクターのDVDがありますね。

絵本よりも映像で見る方が、わかりやすいかもしれません。

トイレに一緒にいく

何と言っても実践ですね!!

自分でトイレをしてもらうためには、ドア開けっ放しでも恥ずかしがっていられません。

トイレットペーパーを引っ張ってもらったり(多分まだ切れないので出しすぎ注意!)、

一緒に水を流したり(独り言のように「お水ザーっていうよ」とか説明する)

お手伝い(?)してもらって、どうやって使うかをわかってもらいましょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする