大坂なおみがコーチに訴えられる?子供のころに契約?

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

テニスの世界ランキング1位の大坂なおみ選手が、子どものころのコーチに賞金の一部を支払うよう訴えられていたことが明らかになりました。

http://news.livedoor.com/article/detail/16182514

大坂なおみ、子供のころのコーチに訴えられる

http://news.livedoor.com/article/image_detail/16182514/?img_id=20458226

アメリカのニュースサイト「TMZ」によると、

訴えたのは大坂選手が13歳だった2011年に父親がテニスコーチとして雇ったクリストフ・ジーン氏。

ただ、父親のレオナルド・フランソワ氏は、大阪なおみさんだけではなく、もう一人の娘マリさんにもコーチするために雇っているようです。

子供のころの大坂なおみ選手を指導した、6人のコーチの全員が報酬を受け取っていなかったのだそうです。

数人は、無報酬での指導に納得している様子ですが、2人のコーチが不満を述べ、そのうちの1人が訴訟を起こしました。

大坂なおみ選手の将来性や父親の熱意、コーチの善意で支えられてきた…ということでしょうか。

大坂なおみ選手の父親は、コーチの1人と

おおよそ年間4万ドルの費用を支払うことはできない。

その代わりに、このコーチが他の選手を指導するときも、父は、ボールを投げたり、拾ったりなどの練習の手伝いをした。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kiyokotaniguchi/20190320-00118886/

こんな感じで合意しているのだそう。

子供のころのコーチ、クリストフ・ジーン氏の主張

ジーン氏は当時、要求した報酬を父親から受け取れなかったため、賞金の20%を永久に受け取り続けるという契約をして、この話を打ち切ったそうです。

ジーン氏は、契約の期間は「不明確」であると主張し、父親のフランソワ氏がそのことに同意する契約のコピーを持っていると言っています。

そして、アメリカ・フロリダ州の裁判所に父親と大坂選手を訴えたのだそうです。

ん~この「不明確」が「永久」になるかどうかって話ですよね。。。

これまでの大坂選手の獲得賞金は約12億円とされ、ジーン氏は少なくとも2.4億円の支払いを求めています。

これに対し、大坂選手側の弁護士であるアレックス・スピロ氏は

「国際的なアイコンとしてのナオミの上昇とインスピレーションが何らかの誤った主張につながることは驚くべきことではないが、

ナオミが見たことも署名したこともないこの愚かな”契約”は馬鹿げた訴えだ」

と対決する姿勢を明らかにしています。

大坂選手、優秀そうな弁護士さんを雇ったみたいで、とりあえずはよかった…のかな?

こんにちは、ももあぼです。 サーシャ・バインコーチ解任で話題になっている大坂なおみ選手ですが アメリカに豪邸の購入を検討...

大坂なおみ、子供のころのコーチに訴えられる まとめ

最初は大坂なおみ選手が有名になったから、たかりに来たのかと思っていたけれど、お父さんが「未払い」とされることもあるんですよね。

でも大坂なおみ選手の父親がそんな契約を結んでいたとして、

未成年の子供の大人になって成功したときの収入を、永久にたかることなんてできるんでしょうか。

それとも、「永久」には望んでいなくても、コーチのときに受け取れなかったお給料以上受け取ることができれば、元コーチにとっては、訴えた意味があるってことなのかな?

結局、少なくとも2億2000万円は欲しいといっていますし。。。

お父さんとコーチの契約、大坂なおみ選手としては、寝耳に水のありえない話ですよね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    給料不払いだったんだから訴えられるのは当然でしょうに
    いまもお金が入ったのに、自分から払おうともしなかったんでしょ?

    この人ちょいちょいくずだし、前のコーチの悪愚痴もいってるし
    きもちわるいんですよね 
    第二のセリーナウィリアムズになりそう
    国籍もちゃんととらずに、日本人名乗られるのも不愉快ですし
    まったくもって日本人はこんな人好きでもないです気持ち悪い

    黒人差別とかじゃなくて、黒人差別があるならボビーオロゴンとかは人気に慣れてません

    人として大阪なおみがきもちわるいんです