新井恵理那の私物チェック!ブランドやカバンの中身は?誰だって波乱爆笑

スポンサーリンク
新井恵理那 タレント

こんにちは、ももあぼです。

 

1月27日放送の

誰だって波瀾爆笑で

新井恵理那さんの私物コーデ&ブランドを

紹介していたので、まとめてみました。

 

新井恵理那の私服コーデ

テレビでは、仕事柄かっちりとした衣装が多めですが

私服は、ラフで、デニムやニットが多い、ゆるっとした感じが多いのだとか。

 

新井恵理那(番組より)

 

テーマは「寝やすい」

楽屋でゴロゴロしたときの締め付けがない格好が基本だという荒井さん。

 

新井恵理那(番組より)

服は、基本セールでしか買わないという、かなりの節約家。

 

この日のセーターは、3割引きの1万円前後で購入。

ジーパンは、70%オフで買って、まとめ買いのため金額は覚えておらず

数千円で購入しています。

 

新井恵理那(番組より)

ネックレスは、自作。

セーターに合わせて手作りしたのだそうです。

 

2年前からジュエリー教室に通っていて(最近は行けていない)

今までに2つ製作しています。

 

新井恵理那(番組より)

もう1つは、イヤリングで

昨年のバレンタインデーまでに作ろうと思って作り始めて

秋にできた新作なのだとか。

 

イヤリングを1年かけて作ったという力作には

「KISS」とデザインされています。

 

新井さんは、「LOVE」や「KISS」といったモチーフが大好きなのだとか。

 

「バレンタインデーに向けてこれを作ろうと思った

そのころの自分の心境が現れています。

作品に出ますから」と、新井さん。

 

 

新井恵理那の私物の持ち物

 

土屋鞄製造所 トートバッグ

愛用バッグは、革ブランド土屋鞄製造所のトートバッグ。

新井恵理那(番組より)

革は味が出てくるのが本当に好きなポイントなのだそう。

 

しかし、そのバッグはかなり重いのだそうで

物を入れすぎて、形が崩れてきちゃっているのだとか。

 

「それはそれで愛嬌」と話す新井さん。

 

文房具ポーチ

新井恵理那(番組より)

文房具ポーチも手作り。

中には、文房具が入っていて、

ペンや充電器、フセンやクリップに加え

 

鼻・のど甜茶飴

 

アナウンサーとして、のど飴は必需品。

 

なんでもポーチにも

マヌカハニーののど飴(本当にヤバくなったとき用)。

新井恵理那

万が一に備えて、2種類持っているのだとか。

 

 

なんでもポーチ

この中には、何かあっても生きていけるように

心配性グッズが詰め込まれています。

 

化粧直し用の粉と筆

ハンドクリーム

目薬

ネイルバーム

リップバーム

イヤホン(BOSE)など

ほとんど使わないものも含め

23個もの道具がパンパンに収められています。

 

心配性のせいで、もしもの時用のグッズだらけなのだそう。

 

 

 

手帳カバーも自作。

5年前に一枚の革から切り出して、自分で作ったのだそうです。

 

新井恵理那(番組より)

中には、5年間出番がないポストカードも。

ポストカードは、なぜか5年間入れっぱなしなのだとか。

 

母の友達が「サインが欲しい」と言ってくれると

ポストカードに書いて渡せるように、サイン入りのもあり

スタンバイはしていますが、欲しがられていない状態なのだそう。

 

このように、もしもの時に備えるあまり、荷物が大量になってしまうのだそうです。

 

普段使わないもしものときアイテム

 

いざという時のためのビニール袋に

前髪整え用のクシ、変装用の伊達メガネ

飲み物持ち帰り用のエコバッグと

 

ほぼ使わないものだらけ。

 

それでも持ち歩く理由は

あれは家にあるって思うと悔しいから。

 

さらに、

筋トレができるストレッチゴム。

(1年ぶりくらいに使用)

 

HASHIBAMI 星型ミニウォレット

新井恵理那(番組より)

少しでも荷物を減らそうと昨年購入した

HASHIBAMIの星型ミニウォレット。

 

小さいサイズが今はやっているようですね。

 

しかし、この小さい財布に変えた途端

新たな悩みが増えたのだそうです。

 

それは、小さい財布に変えたばかりに

ポイントカードが財布に入らず、家にまとめて置いていること。

 

買い物に行く時だけ、握りしめて持っていくのだとか。

 

そして、ポイントカードを忘れることが多いため

最近ポイントが全然貯まらないのだそうです。

 

節約か重量かで悩んでいるのだそうです。

新井恵理那(番組より)

 

 

いつもは節約していて

お金を使うところがないのだとか。

 

その節約の原点は、青山学院大学の学生時代。

多くの女性アナウンサーを輩出し

オシャレな大学ランキングで11年連続1位の大学です。

 

2009年、新井恵理那さんはミス青山グランプリを受賞しているので

さぞかしオシャレな生活をしているのかと思いきや

 

貧乏学生で、「得」や「安い」「タダ」という言葉に弱く

カットモデルをして美容院代を浮かせたり

学食で240円のカレーしか頼まない、バイト三昧の日々だったようです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました