体罰見た中学生の名前を教頭が教える(北海道)→体罰を真似る指導



スポンサーリンク

こんにちは、ももあぼです。

 北海道の公立中学校でアンケートに「体罰を見た」と答えた生徒の名前を、教頭が当該の教諭に伝え、その後、教諭が体罰を真似る不適切な指導をしていたことが分かりました。

去年1月、北海道南部の公立中学校で、プライバシーを守ることを条件に行われたアンケートで、「体罰を見た」と答えた男子生徒の名前を、教頭が当該の51歳の男性教諭に伝えていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190327-00000042-jnn-soci

体罰見た中学生の名前を教頭が教える

2018年1月に、北海道南部の中学で行われた、プライバシーを守ることを条件に行われたアンケート。

非公表のはずのアンケートでしたが、「体罰を見た」という男子生徒の名前が、教頭によってその男性教諭に伝えられていました。

なんだろう、この既視感。

道教委によると、体罰自体は誤解だったそうなのですが、

男性教諭はその後、「体罰の認識を改めさせよう」と、この生徒を体育教官室の床に寝かせ、腹を2、3回蹴るふりをしたということです。

生徒はその後、不登校になり、転校しました。

「体罰自体は誤解」。

なんか、この話だと、中学生が言うように本当は体罰あったんじゃないの?と疑いたくなってしまいますね。

実際に体罰を見られた、もしくは体罰を疑われた、はらいせのようにしか思えないですが。

実際に暴力振るっていないって思うかもしれないけれど、51歳の先生に蹴るふりされるのって、怖いかも。

ねぇ、ここも本当なの?

ちょっと悪いけれど、道教委含めてなんか信じられない。。。

秘密は守るよっていうアンケートで秘密を守らないなら、この先正直に答えてくれる生徒はいるのかな?

どんどん体罰やいじめがわからなくなっていっちゃいそう。

スポンサーリンク

男性教諭はどうなる?

道教委は、男性教諭に減給10%3か月の懲戒処分をしました。

しかし、「教員間での情報共有は事実関係の確認のため必要な場合がある」として、教頭の処分はしませんでした。

事実関係の確認のためには、生徒の名前は必要ないのでは?

体罰、やっていてもやっていなくても、先生だって人間だし、その生徒に対する気持ちはよくならないと思うんだけどなぁ。

生徒は不登校になってるのに、10%の減給なんて、痛くもかゆくもないでしょ?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする