レギュラー(芸人)の現在は介護とお笑い?レクリエーション介護士の依頼方法は?



スポンサーリンク

こんにちは、ももあぼです。

5月17日放送の爆報THEフライデーでは、介護界の革命児として今大人気のお笑い芸人レギュラーについてです。

お笑い芸人のレギュラーが、介護界で活躍しているなんて知らなかったのでまとめてみました。

レギュラー(お笑い芸人)とは?

レギュラーは、吉本興業東京本部所属のお笑いコンビ。「あるある探検隊」の持ちネタでブレイク。

(Instagramより)

2人とも大阪NSC21期生で、1998年4月にコンビを結成。

2000年のNHK上方漫才コンテストで優秀賞、2002年のABCお笑い新人グランプリでは最優秀新人賞を受賞しました。

2004年、「めちゃめちゃイケてるッ!」の「笑わず嫌い」に出演したことで「あるある探検隊」が受けて大ブレイク。

2006年に東京進出し、全国区に。

テレビ番組で引っ張りだこに。

しかし、わずか2年ほどで人気は低迷。一発屋芸人として表舞台から姿を消しました。

レギュラー西川プロフィール

西川晃啓(にしかわ あきひろ)さんは、ツッコミ担当で、立ち位置は向かって右。

(Instagramより)

生年月日:1979年8月11日

出身地:京都府

身長:180cm

体重:65キロ

血液型:A型

趣味:ビリヤード、サッカー観戦、ダーツ、野球、バスケ

角刈り頭が特徴。

レギュラー松本プロフィール

松本康太(まつもと こうた)さんはボケ担当で、立ち位置は向かって左。

(Instagramより)

生年月日:1979年5月16日

出身地:京都府

身長:170cm

体重:75キロ

血液型:B型

趣味:サッカー、映画鑑賞、お芝居鑑賞、妖怪が好き、海釣り、料理、ウォークラリー、フットサル、ボーリング、DVD収集、節約、駄菓子マニア

坊主頭が特徴

スポンサーリンク

レギュラーの現在はレクリエーション介護士

(Instagramより)

介護現場や在宅介護で行う高齢者向けのレクリエーション活動のことを「介護レクリエーション」といいます。

レクリエーション介護士は、介護や高齢者に対する基礎知識を持ち、自分の趣味や特技を生かして、介護レクリエーションを企画・提案・実施する資格です。

松本さんはレクリエーション介護士について

「施設で利用者さんの前に立って、皆が楽しめることをする」という資格です。手品が得意な人は手品でもいいし、中国語でも、ネイルでもいい。

老人ホームで過ごしている人って、朝ご飯食べたら昼ご飯まではぽっかり時間が空くんですね。「余暇時間」がめちゃくちゃあるんですけど、身体が不自由だとできることも限られてしまうので、楽しみがない

そこで、介護士が施設を訪ねて、「余暇時間を創りなおし(リ・クリエーション)、生きがいを作り出す」んです。

https://r25.jp/article/626688300304782814

実際にレギュラーの2人は、2014年に『介護職員初任者研修(旧・ヘルパー2級)、2017年にレクリエーション介護士2級を取得しています。

とくに、レクリエーション介護士2級の筆記試験は、松本さんが98点、西川さんが100点の好成績だったそうです。

また、松本さんは歌うまとしても有名ですし、盛り上げてくれそうですね。

レギュラーの介護レクの様子がInstagramにありましたので。

この投稿をInstagramで見る

レクリエーション介護♪上石神井に新規オープンした『イリーゼ練馬上石神井(介護付き有料老人ホーム)』内覧会 & レクリエーション介護体験(60分)♪今日は、施設に入居を考えてる人、親御さんのために内覧に来られてる人の前でしました♪ #介護 #レクリエーション介護 #練馬 #上石神井 #イリーゼ #介護付き有料老人ホーム #福祉 #老人ホーム #介護施設 #認知症 #認知症予防 #アクティブシニア #よしもとクリエイティブエージェンシー #レギュラー #あるある探検隊 #介護職員初任者研修 #レクリエーション介護士2級 #笑顔 #スマイル

レギュラー(松本康太)『あるある探検隊♪』🇯🇵さん(@aruarutankentai.matsumoto)がシェアした投稿 –

レギュラーは介護界の革命児?リズムネタ脳トレあるあるとは?

番組では、レギュラーのお仕事に密着。

この日も介護の仕事のレギュラー。

駅で待ち合わせて、担当者に連れられて介護施設へ行きます。

「デイサービスなので、比較的要介護低め…」と担当者。

施設に着くと、休む間もなく会場の下見。

「テレビの脇、ホワイトボードのところで。楕円形にだけしてもらったら…」と1分も経たず、その場を後にするレギュラー。

その理由は、(介護へのこだわりとして)事前に面識があるより、初対面で見た方が新鮮で良い、いつもと違う時間だと認識してもらい、スイッチを入れてもらうのだそう。

この日やるのは、リズムネタ脳トレあるある体操。

リズムネタとは、芸人がリズムに乗って次々とネタを披露するもの。

レギュラーは、高齢者が懐かしいと思えて共感できる昔の出来事を「あるある探検隊」のリズムで披露します。

それに合わせて、高齢者が口ずさんだり体を動かすことで、脳にいい刺激になるのだそうです。

本番の10分前に、松本さんは着替えます。

介護へのこだわりとして、施設スタッフに近い服装に着替えるのだそうです。

他にもおじいちゃん、おばあちゃんと呼ぶのではなく、お兄さん、お姉さんと呼ぶそうです。

入居者の前へ出ると、あっという間に大爆笑。

どの施設に行っても人気は絶大で、高齢者を笑いの渦に。

リズムネタ脳トレあるあるを披露!

「おやつ代わりに花の蜜♪」

「学校給食 くじら肉♪」

実は、高齢者にとって懐かしいワードをネタに入れ、脳を刺激する方法なんです。

そして、リズムに乗って、手を動かしてもらいます。

参加者に効果はあるのか脳神経内科の先生に、映像を見てもらったところ…

「手や足を動かす、さらに懐かしさ、いろんな場所を上手に動かすと脳を活性化しやすくなり、元気になる。非常に良いネタの選択だと思います」

スポンサーリンク

レギュラーのお笑い×介護のきっかけは?

レギュラー松本さんは、小さいころからおばあちゃん子でした。

そんなおばあちゃんが、突然ひどい物忘れになってしまい、家族で祖母を介護することになります。

しかし、おばあちゃんはレギュラーが売れて忙しくなってきたときに、介護できないまま、他界してしまいます。

話は前後しますが、レギュラー松本さんは、下積み時代に次長課長の河本準一さんの部屋に1年ほど居候しており、その後もお世話になっていたのだそうです。

しかし、2012年に河本準一さんの生活保護費受給騒動が勃発。

2012年4月の女性セブンの記事で、当時の河本さんの年収は5000万円とも言われていましたが、親族の扶養を怠っていて、母親が生活保護を受けている状態でした。

後日、所属事務所のHPでは様々な事情から生活の援助を行わなければならない親族が複数いること、母親への生活保護支給は河本さんが無名で収入が少なかった時に開始されたこと、担当の福祉事務所とも相談の上努力してきたことを説明。

その後の謝罪会見では、不正受給疑惑については否定したものの、岡山の福祉担当の方と相談していたので問題があると思わなかったと、涙ながらに謝罪しました。

そして、収入が増え始めた5~6年前からの受給分を返還しました。

河本さんは、それからずっとボランティア活動をされていて、地元の児童養護施設や介護施設で定期的に交流活動をされているのだそうです。

そんな河本さんに声をかけられて、高齢者施設などを回るようになったのだそうです。

祖母を介護できなかった後悔と、妻と子供がいる中、芸人の仕事が減少して時間があったことで、5年前に介護福祉の学校に通いました。

そして、介護ヘルパーとして働ける、介護職員初任者研修の資格を取得。

しかし、どのようにお笑いと介護の仕事を結びつけるか四苦八苦した時期があったそうです。

そんなとき、介護レクリエーションの資格があることを知ります。

そして、相方の西川さんを誘い、レクリエーション介護士の資格を取得したそうです。

ちなみに、この資格、芸人では初めてなのだそうです。

レギュラーはリズム脳トレ体操を考案し、月に2~3回、全国の介護施設を訪問しています。

レギュラーにレクリエーション介護の依頼をしたいときは?

レギュラーのお2人は、介護の話の公演も行っていましたが、2019年3月からレギュラーの代行サービスが開始されたようです。

https://www.kaigo-rec.com/feature/rec-supporter/regular/

BCC 株式会社の社内カンパニーで、レクリエーション介護士資格を手掛けるスマイル・プラスカンパニーは、レクリエーション介護士2級資格を取得いただいた株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属タレントのレギュラー(西川晃啓様・松本康太様)の協力のもと、介護レク代行サービスを開始しましたので、お知らせします。

https://www.value-press.com/pressrelease/218217

これによると

●時間:約60分/1回

●利用料金:お問い合わせ

●定員:60名まで(60名以上は要相談)

●対応エリア:全国(交通費実費請求)

HPはこちらから

番組ではレギュラーのレクリエーションは、入居者の方や介護をされている方にも評判がよく、その場の反応によってレクの内容を変えるなど臨機応変に対応されていました。

スポンサーリンク

レギュラーはレクリエーション介護士まとめ

レギュラーは、西川晃啓(にしかわ あきひろ)さんと松本康太(まつもと こうた)さんからなる、吉本興業東京本部所属のお笑いコンビ。

「あるある探検隊」の持ちネタでブレイクしました。

現在は、介護職員初任者研修(旧・ヘルパー2級・レクリエーション介護士2級の資格を取得し、介護の講演やレクリエーション介護士として活躍中です。

最近では、代行介護レクサービスも始まり、全国どこの施設へも来てもらえそうです。

Instagramを覗いても、レギュラーの仲の良さがうかがえます。

施設のおじいちゃんおばあちゃんと一緒にレクをするということで、ハプニングもあるかとおもいますが、そこをうまく笑いに変える技術があるんだろうなぁ。

最近テレビには出演されていないかもですが、一流の芸人さんですね。

番組では、介護レクの様子も放送されるようなので楽しみにしたいと思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする