スポンサーリンク




ゴールデンステイトキラー(カリフォルニア)の概要や犯人、40年ぶり解決の方法は?ありえへん

こんにちは、ももあぼです。

11月13日放送

ありえへん∞世界の衝撃事件2018では

「黄金州の殺人鬼(Golden State Killer)」と呼ばれた

連続性的暴行・殺人事件の犯人が40年ぶりに捕まったことを紹介します。

事件の概要や犯人、

犯人逮捕の方法などを調べてみました。

スポンサーリンク

ゴールデンステートキラーの事件の概要は?

米カリフォルニア州で発生した

連続性的暴行・殺人事件では

1976~86年の間に少なくとも12件の殺人、

50件以上の性的暴行、120件の不法侵入があったとされていました。

犯人は「黄金州の殺人鬼(Golden State Killer)」と呼ばれていました。

被害者は、12~41歳の女性でした。

犯人は夜、家に侵入して住人を縛り上げ、女性を強姦。

現金や宝石、身分証明書などを奪って逃走するという手口でした。

しかし、5万ドル(約550万円)の懸賞金にもかかわらず

有力な情報はなく、40年もの間、犯人は捕まらずに未解決でした。

ゴールデンステートキラーの犯人は?

黄金州の殺人鬼

https://www.sankei.com/world/news/180426/wor1804260020-n1.html

2018年4月に逮捕されたのは

ジョセフ・ジェームズ・ディアンジェロ(Joseph James DeAngelo)容疑者(72)。

ディアンジェロ容疑者は

カリフォルニア州サクラメント近郊の

シトラス・ハイツ市内で娘と孫娘の2人と同居していました。

1973~79年にわたり警察官を務めた後、

ドラッグストアで万引きをしたとして解雇されていました。

ディアンジェロ容疑者は、

1978年2月2日に同州ランチョコルドバで起きた

新婚夫婦射殺事件をめぐり逮捕され、殺人2件の罪で訴追されています。

スポンサーリンク

容疑者を逮捕した手法とは?

逮捕の決定的な証拠は、「DNA検査」

ここまでだと、昔の技術ではわからなかったDNA検査の精度が上がって

犯人がみつかったのかな?くらいの認識でしたが

最近のDNA検査は、思っている以上にすごいんです。

今回の犯人特定に用いられたのが「遺伝子系図」

この「遺伝子系図」により、米国人の約半数は、

親族のDNAサンプルから特定できるとする研究論文が発表されました。

また、今後数年以内には、

欧州に祖先をもつ米国人のほぼ全員を遠縁のDNA照合によって追跡可能になるそうなのです。

自分のDNAでなく、親戚のDNAからでも自分を割り出せる…ということでしょうか。

犯人特定の経緯

警察は、現場にあった犯人のDNAサンプルを、

DNA分析サイト「GEDmatch」に登録することにより

似たようなゲノムを持つ人を、最も類似する順にリストアップするサービスを利用しました。

その結果、リストには容疑者の親戚──みいとこ──が掲載されていました。

これをきっかけに警察は、1800年代までさかのぼる系統樹を構築し、

数百人の子孫の中から、性別、年齢、住所などの条件から対象を絞った結果

ジョセフ・ジェームズ・ディアンジェロ容疑者が浮かび上がりました。

警察は、車のドアハンドルとごみからディアンジェロ容疑者のDNAサンプルを採取。

これを調べたところ、1980年の殺人現場に残されたものと見事一致したそうです。

こうして、ディアンジェロ容疑者は4月逮捕され、

現在は刑事施設で公判の開始を待っているそうです。

スポンサーリンク

「みいとこ」とは?

みいとこ…と言われましても、今まで聞いたこともありません。

自分とどれだけ離れた親戚なのか気になりませんか?

黄金州の殺人鬼

https://famico.jp/article-sanjyukeishi/

以前、「水曜日のダウンタウン」で松本さんのことを

親戚だと認識しているか…という企画をしていましたが

祖父母のいとこの孫くらい離れると

親戚と言われても一度も会ったことなさそうですね。

迷宮入り事件の解決へ

この「遺伝子系図」を使うことにより

詳細不明のDNAサンプル200件を分析した米企業「パラボン・ナノラボ」によると、

5か月間で身柄を拘束された容疑者の数は13人に上っているといるのだとか。

ただ、いいことばかりではなく

他人のDNA情報の違法な利用について、

プライバシー擁護を訴える活動家からは懸念の声が上がっているそうです。

未解決事件の犯人が捕まればいいとは思いますが

勝手にDNA情報を公開されると困る人だっているかもしれませんね。

ゴールデンステートキラーまとめ

アメリカ・カリフォルニア州で起きた

連続強姦・殺人事件(ゴールデンステートキラー)は、12件の殺人と50件以上の性的暴行がありました。

しかし、事件発生から5万ドルの懸賞金をかけても

犯人は見つからず、未解決になっていました。

今回、犯人逮捕の決め手となったのは

「DNA検査」の「遺伝子系図」です。

事件現場にあったDNAサンプルより

似たようなゲノムのある人を見つけて

(今回は、みいとこ)犯人を絞り、特定します。

数年後には

欧州に祖先をもつ米国人のほぼ全員を

遠縁のDNA照合によって追跡可能になるのだそうです。

いやぁ、悪いことはできませんね。

日本では導入しているのでしょうか?

探してみましたが分かりませんでした。

広告336




広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告336