バスで老害か?座席トラブルで炎上!動画や暴言も。状況や原因は?



スポンサーリンク

こんにちは、ももあぼです。

バスの1人用の席に老人が割り込んできて、一緒に座ったのだそうです。

ちょっと意味がわかりませんが、グッディで紹介されていたのでまとめてみました。

そして、一緒に座った男性が、最初に座っていた男の子に対して

「チンピラ」と暴言を吐くほどエスカレート。

バスはどのような状況だったのでしょうか?

考えられる原因についてもまとめてみました。

老害?おじいちゃんが1人用の席に割り込む座席トラブル

先週の金曜日、3月29日午後6時過ぎのことです。

バスの1人用の座席に、親子が離れて座っていたのだそうです。

始発から座っていたのだそうですが、始発からバスは座るところがなかったのだそうです。

バスが混んでいて、一緒に座れなかったのでしょうね。

その1人で座っている男の子の席に、73歳の老人が割り込んで無理やり一緒に座ったのだそうです。

低学年(?)の男の子は、そのまま静かに座っていたようですが、前方に座っていたお母さんに「ママ…」と助けを求めたのだそうです。

そしてお母さんが振り向くと、知らないおじいさんと一緒に息子が窮屈そうに座っていました。

そこで、大声を出しておじいさんに詰め寄って、男の子を席から立たせました。

そこから、両者の言い合いが始まったのだそう。

お母さん、そして、その様子を見ていた別の乗客の女性も加わり、酔っ払っていたおじいさんと口論した動画がこちらです。

5日現在、553万回の再生回数があるのだそう。


スポンサーリンク

公共バスで座席トラブル!バスの状況は?原因は?

(番組より)

最近増えてきたノンステップバスは、乗り降りがしやすいようになっています。

2015年までのこのバス会社の車両は、30席。

混んでくると、乗客は、前方部分に立っていなくてはいけません。

最近は、後ろの座席を一部撤去して、バスの後方部分にも人が立てるようにしてあるバスが増えてきました。

今回トラブルが起こったバスは、23席。

乗客を後方スペースに誘導するために、ドア付近の座席は2列を1列に減らしたバスです。

バスの混雑状況は、満席で4~5人が立っていました。

そして、男性が座った(男の子が座っていた)のは、優先席ではありません。

また、男性が座った(男の子が座っていた)席は、バスに4席だけある幅広の1人がけ。

幅は、約56cm(ひじ掛けあり)

1人掛け約43cm、2人掛け81cmということなので、

酔っ払った男性からは、子供が座っているとスペースが空いているようにみえたのかもしれません。


スポンサーリンク

世代間ギャップ?バスで子供は立っているものなの?

子供が公共機関であるバスで座らせることについては、世代間ギャップがあるようです。

バスの乗客によると、車内の雰囲気は、おそらく母親側の言い分を支持する様子だったようですが、どっちもどっちという感じでもあったそうです。

そこまで注意して乗る必要もないだろうという、男性側の雰囲気もあったのだそうです。

口論の中で男性は、(バスで子供を座らせることは)「それは日本の誤った認識だ。子供を過保護している」と話しています。

乗客の女性は「あなたが無理やり、そこに座ることはないでしょ。ちゃんと言葉で言えばいいんです。」と反論しています。

しかし、問題は酒に酔った男性が、子供をチンピラ呼ばわりしたことではないでしょうか。

男の子は泣き出してしまっています。

運転士の仕事はどこまで?

グッディでは、安藤優子氏が

「この場では、バスの運転士が止めるべきだった。立ったまま口論しているのは安全じゃないから1回止めるべきだった。仲裁にはいるべきだったのでは」と発言。

ん~私だったら、こんな人のために約束に間に合わなくなるの嫌だな。。。

木村太郎さんは、「運転士は役目に限度があると思う。安全に車を運転して駅から駅へ送るのが仕事であって、そんな人間間の紛争を解決する権限も仕事もないと思う」

なおも食い下がる安藤氏に

「でもそれやったら、車内のトラブル全部運転士の仕事になる方が危ないですよ。逆に。

ナイフ持って振り回している人を止めるのも運転士の責任になるんですかってなったら、運転士は断りますよ。

運転士の立場から言ったら、当然だと思う。」

公共交通機関で子供は座るべき?お年寄りに席を譲るべき?

高橋克美氏は「バスで知らない男性が子供と座っていたら、席を譲る譲らないの前に、何かされているのかな?とかウワって思うから、お母さんがエ!ってなるのは自然なこと。

席を譲る譲らないの前に、恐怖があって、エキサイトしたのでは?」

この状況では、酔っていた男性や座っていた男の子に、何らかの座らなければならない事情があったのかもしれないとしながらも、

譲る譲らないの認識は、木村太郎さん、安藤さん、高橋さんは公共交通機関では子供は立っていろと言われたし、木村さんは子供にも言ったのだそうです。

同じ乗客で、男性を擁護していたのは、70代の女性は「男性の対応でおかしいところはない」ということで、世代間の認識の違いがあるのかなと思いました。

ちなみに動画を撮影した10代の男性は、「男性がやりすぎ」と母親側でした。

番組で紹介されたSNS上の様々な意見

元気そうな若者を探して「席を譲れ」と言えばいいのに

譲ってもらって当たり前な考えの老人には気持ちよく譲れない

お酒が飲めるくらいに元気やん

無理やり子供を下すのはひどいと思う。注意をした女性の勇気がすばらしい。

難しい問題。つえをついたおじいさんは車内で倒れる確率が高いから

→ おじいさんが持っているのは、杖ではなく傘だとわかりました。

走り回れる元気な子供なら、高齢者に席を譲るべき

混んでいるバスで子供に席を譲るようにしつけない親もよくないと思う

なんで子供なんだよ。ほかに座っている大人は席を譲らないの?

高齢者は席を譲ってほしいの?

グッディでは、65歳の高齢者100人にアンケートを実施。

「満員の時は、優先席以外でも席を譲ってほしい?」

結果は、39%の人が「譲ってほしい」と回答。

「足腰が弱くなり、怖さを感じるようになったから」

「本来優先席など関係なく譲るべき」

61%の人が「そうは思わない」と回答。

「健康のためできる限りは立っている」

「高齢者だからという印籠を振り回したくない」

一言いえば、こんなにトラブルにならなかったように思えますが。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 三平 より:

    「でもそれやったら、車内のトラブル全部運転士の仕事になる方があるないですよ。

    どう書きたかった(間違った)のかな。それが分からんので意味が取れません。友達へのメールではないので、丁寧に推敲すべきです。同様に、この母親には「家の外へ出たら気を張れ」と言いたい。「子供を座らせてもよいが、周囲に席を譲るべき相手がいないか、気をつけておくべき」という感想です。