災害食をおいしくレシピ&アレンジ!非常食や保存食との違いは?ごごナマ

スポンサーリンク
災害食 レシピ

 

こんにちは、ももあぼです。

 

このところ、異常気象や自然災害が立て続けに起こって

「もしものための備え」が、「もしも」よりも頻度が高くて

本当にきちんと用意しておかなければならないとと思います。

 

NHKごごナマでは、「災害食をおいしく食べる」方法

放送していたので、まとめてご紹介いたします。

非常食と災害食の違いは?

日本災害食学会 顧問の奥田和子さんによると

非常食は、例えば山登りなど計画的に持っていく、非常用の食べ物

災害食は、いつ災害が起こるかわからない、計画が立てられない、

長期化が予想されるときのための食べ物だそうです。

 

例えば、

非常食は、アメやドライフルーツ、カロリーバー、缶詰など

水や火がなくても、そのまま食べることができるもの。

 

災害食は、カンパン、水、レトルト食品、カップラーメンなど

そのままか、少し手を加えて食べるもの。

 

どちらも大きな差はないかもしれませんが

非常食は、コンパクトでカロリーが高いイメージです。

 

保存食と備蓄食料

保存食は、食材に防腐加工を施した食品

備蓄食料は、長期保存可能な食品のことです。

 

ちょっと違いがわかりづらいですが、

保存食は、自然のものだと「塩蔵や糖蔵」したものや干したもの、燻製、

他にはカップラーメン、インスタント食品、缶詰もでしょうか。

普通より長持ちする加工がされているものです。

 

備蓄食料は、保存食の他に、米なども含みます。

買い物ができないときを想定して、家に置いておく食料といったところでしょうか。

被災地の食事で大切なこと

 

災害の専門家2人に

「災害地の食事で大切なこと」を聞いた結果

2人とも「おいしく」が大切だと言っておられました。

 

不安でいっぱいの状態で、おいしくないとなかなか喉を通らないのだとか。

また、おいしいものを食べると、笑顔になったり、会話がはずんだりするので

明日への活力にもなるのだといいます。

 

想定しておこう!被害食の3つのステップ

日本災害食学会 顧問の奥田和子さんによると

ステップ1発災直後は、封を開けたらすぐ食べられる物を

カンパン、ビスケット、栄養補助食品など。

 

発災直後は、人命救助に集中するときであり

料理をしている時間的な余裕はありませんし

気持ち的な余裕もありません。

 

そんな中でも、非常持ち出し袋には「大好物」を入れておくのだそう。

先生は、フルーツみつ豆の缶詰を入れていました。

 

また、持ち出し袋に、ハチミツを入れている人もいます。

ハチミツは3000年持つと言われていますから、賞味期限は関係ないですもんね。

少しでも気持ちが晴れやかになるかもしれませんね。

ステップ2 1週間後 温かいものが食べたくなる

災害発生から1週間経つと、徐々にライフラインが回復し始めます。

この頃は、レトルトや缶詰。

 

栄養に偏りが出始め、免疫力が低下し、

風邪ひきをやすくなったり、便秘になったりする時期です。

 

そんなとき大切なのが、栄養のバランスです。

野菜不足になりやすいし、

おにぎりとパンの生活が続くと飽きてしまうので

食事には工夫が大切です。

 

これは、支援する立場の方にも言えることですね。

 

ステップ3 1カ月後 新鮮なものが食べたくなる

生野菜、肉、魚など。

 

だんだんとインフラが整ってくると、お店も始まります。

少しずつ災害前の生活に戻りつつあります。

 

この1カ月、精神的にも肉体的にも頑張っているので

少しずつ普段の食事にしていくことで、気持ちも落ち着いてきます。

 

災害発生から、環境や食に対する欲求が変わってきます。

支援する方もそれに対応していきたいですよね。

 

それにしても、

1カ月でインフラが整う想定の日本ってのもすごいですね。。。

災害食レシピ

電気屋ガス、水道が使えなくても

ポリ袋さえあれば、調理器具や食器にもなる、万能アイテムになります!

 

ステップ1~2のレシピ 便秘対策 乾物サラダ

災害直後から1週間くらいの時期に、手軽に栄養を摂るレシピです。

野菜不足から便秘になってしまう方が多い時期なので

食物繊維たっぷりで長期保存のできる乾物を使ったレシピを紹介します。

 

災害食

http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/gogonama/305597.html

材料(2人分)○
・切り干し大根…15g ・乾燥ひじき…5g ・ツナ缶…1缶

・水煮大豆…1缶 ・コーン缶…1缶 ・ごま…大さじ3

・すし酢…大さじ5 ・塩…適量 ・コショウ…適量 ・オリーブオイル…適量

http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/gogonama/305597.html

切り干し大根がない場合や、苦手な場合は、乾燥わかめなどでも代用可能です。

また、すし酢を使うことで、手軽に味付けができます。

そして、お酢には疲労回復効果もあります。

 

作り方は

1.ポリ袋に全ての材料を入れます。

ツナ缶や大豆缶は、汁ごと入れることで、乾物を戻す効果があります。

オリーブオイルも入れると、食物繊維の吸収がよくなります。

 

2.振って混ぜて、10分おく

 

災害時は、かむことが大切なので、しっかり噛む料理は大切です。

 

ステップ1のレシピ アルファ化米アレンジ

アルファ化米とは、お湯や水を注ぐだけで作れるご飯です。

米を一度煮て、水分を飛ばしたものです。

熱湯なら、お湯を入れてすぐにできますが、水の場合は1時間待ちます。

 

 

 

アルファ化米を戻すときに、野菜ジュースで戻すことによって

チキンライスのようになるのだとか。

また、お茶など好きな飲み物で戻すのもアリなのだそうです。

 

ステップ2のレシピ 血液サラサラ サバ缶カレー

サバ缶には、血液をサラサラにする、魚の油と

カレーのスパイスで代謝アップの効果を狙います!

災害食

http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/gogonama/305597.html

○材料(2人分)○
・サバ缶…1缶(※ツナ缶でもOK) ・トマトペースト…大さじ1

・玉ねぎ…1/4個 ・おろし生姜…少々 ・ニンニク…少々

・カレールー…ひとかけ ・水…80ml ・七味とうがらし…適量

http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/gogonama/305597.html

 

1.ポリ袋を広げ、たまねぎを薄めに切ったものなど、全ての材料を入れます。

たまねぎは、備蓄食材ですよね。

トマトペーストは、ケチャップでも代用可能です。

サバ缶は汁ごと入れます。水はサバ缶の汁分を少し減らして入れます。

サバ缶はツナ缶やオイルサーディンなど、魚の缶詰ならOK。

 

2.よく振り、ポリ袋の上部を縛り、沸騰した鍋の中に入れて、20分。

 

ごはんも、湯銭で作ることができます。

ポリ袋に、米1合と同量のお水を入れ、20分湯銭すると

お茶碗3杯分くらいのごはんになります。

 

ステップ3のレシピ タンパク質たっぷり 簡単だし巻き

普段通りの食事に戻していくと言っても、

冷蔵庫が使えなかったりすると、新鮮なお肉・お魚は難しいですよね。

 

そんなとき摂りたいタンパク質が、卵には豊富に含まれています。

卵は常温での保存も可能なため、災害時の貴重なたんぱく源でもあります。

災害食

http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/gogonama/305597.html

 

○材料(2人分)○
・卵…2個 ・めんつゆ…小さじ1/2

・水…小さじ1(※濃縮めんつゆの場合)

http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/gogonama/305597.html

 

1.ポリ袋に、全ての材料を入れ、振ります。

2.卵を集めて、ポリ袋の上部を縛り、湯銭にかけます。

 

だし巻き卵ができるということは、

プリンや茶わん蒸しにも応用できます。

 

ふわふわ黒豆蒸しケーキ

ホットケーキミックスにマヨネーズを入れて作る

ふわふわデザートです。

非常食

http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/gogonama/305597.html

○材料(2人分)○
・ホットケーキミックス…50g ・砂糖…小さじ1 ・マヨネーズ…大さじ1 ・牛乳…大さじ3 ・黒豆…15g ・抹茶…5g

http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/gogonama/305597.html

 

油分でふわふわにするので、油がなければ、オリーブオイルやマヨネーズで。

 

1.ポリ袋に全ての材料をいれて、混ぜる。

2.上部を縛って湯銭で20~30分。

 

ポリ袋は、湯銭するときは

ポリエチレン製で半透明のものがオススメです。

 

できれば、厚手のものがいいですが

非常時は、2~3枚重ねて使う方法も。

 

スーパーのポリ袋では、薄すぎるようです。

(本当に無ければ仕方ないですが。。。)

 

と、いうことで、1つの鍋で、

カレーにごはん、だし巻きに蒸しケーキの4種類作ることができました。

ローリングストック

防災バックの中の食料品は、たびたびチェックしないと

使う時になって賞味期限が切れていることもあるのだとか。

 

なので、災害食を日ごろから食べて補充する方法が推奨されています。

 

一度食べて味見をして、自分の好みに合わなかったら違うものにしましょう。

初めてのものは、疲れてからでは体は受け付けないこともあります。

食べておく、作ってみるというようなリハーサルをしておくことが大切です。

 

備蓄は最低1週間

食べ物の貯金だと思って、備蓄をしておいてください。

 

災害食 まとめ

災害バックに入れる食料というと、乾燥していて

あまりおいしくないもの…という考えは、もう古いのだそうです。。

 

阪神・淡路大震災の経験から、災害食はおいしいものへの進化してきました。

 

いつ災害が起こるかわからない、計画が立てられない、

長期化が予想されるときのために災害食を備蓄しておきましょう。

 

災害発生から、環境や食に対する欲求が変わってくることも

想定に入れないといけませんね。

 

ご紹介した災害食レシピは、

ポリ袋を使ってリハーサルしてもいいですが

面倒なら、家の調理器具で普通のごはんとして作ってもいいと思います。

 

備蓄は1週間ということで

家族が多いと、そんなに備蓄しておけないよ…とも思いますが

食べ物の貯金として、腐るものではないので備えておいて損はないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました