崎谷健次郎の27年のストーカーはだれ?画像や被害、なぜ今まで放置したの?

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

紅白歌手・崎谷健次郎さんのことを

27年もストーカーしていた犯人が

6月12日に逮捕されました。

特ダネで、崎谷さんにストーカー被害について

インタビューにこたえていたので、まとめてみました。

崎谷健次郎Wikiプロフィール

崎谷健次郎(さきや けんじろう)さんは、歌手・音楽プロデューサーです。

https://www.fnn.jp/posts/00419519CX/201906191903_CX_CX

生年月日:1962年12月30日(56歳)

出身地:広島県福山市

学歴:日本大学芸術学部音楽学科中退

崎谷健次郎の経歴

1985年、作曲家としてデビュー。

斉藤由貴さんや柴咲コウさんなど、多くの歌手に

楽曲を提供・プロデュースなどを行っています。

また、映画やテレビ番組でも多くの楽曲が使われてきました。

1987年、歌手デビュー。

「もう一度夜を止めて」はCMソングとして大ヒット。

崎谷健次郎が27年間ストーカーされるきっかけは?

28年前の1991年に、妻(当時)の知り合いとして出会い、

ニューヨーク滞在中に食事をしたそうです。

崎谷健次郎さんが滞在しているホテルに、その女性がやってくる機会があり

2人きりになって、ワンナイトラブがありました。

女性と関係を持ちましたが、好意は持っていなかったそうです。

その後、1991年にニューヨークでレコーディングしていた曲が

女性とのことを書いたんじゃないかという、強烈な妄想により

「歌は自分へのメッセージである」

「崎谷さんが私に好意を持っている」と思い込み、

ストーカー行為が始まったそうです。

崎谷健次郎の結婚相手は?子供は?

「当時の妻」という言葉がひっかかり、今は離婚している?再婚は?

と気になったので調べてみました。

崎谷健次郎さんは、24歳(1986年)のときに広島で同級生だった作詞家の有木林子こと

吉國一己さんとと結婚しましたが、数年間の別居の末4年後(1990年)に離婚。

その後34歳(1996年)の時に、現在所属する

株式会社インプレッション社長の鶴崎江理子さんと再婚しているそうです。

いずれも子供はいないそうです。

崎谷健次郎のストーカーはだれ?

崎谷健次郎さんをストーカーしていた女のブログが公開されました。

ストーカーの女は、歌手活動をしていたようなので、結構早くわかりました。

ストーカー女は、今井貴水(いまい きすい)さんというようです。

(ブログより)

こんにちは、ももあぼです。 6月12日に、崎谷健次郎さんに対する ストーカー規制法違反逮捕された、今井容疑者。 ...

ブログでは、崎谷健次郎さんの現在の妻だけでなく

親友であった元妻・吉國一己さんのことまで中傷しています。

まぁ朝鮮人の子孫とか、韓国の暴力団とつながりがあると言われたら中傷に当たりますよね。

自分が復縁するために、私を利用しようとしました。

私は当時利用されているのにも気が付かず、純粋に崎谷健次郎を愛して助けたいと思いました。

(ブログより)

この記事の投稿は2019年4月。

崎谷健次郎さんは、元妻の吉國一己さんと20年近く連絡を取っていないということなのですが、

今井貴水さんのストーカー行為を見かねた(ブログで発信しているので)吉國一己さんが

釘を刺したことでもあるのかもしれませんね。

離婚して20年も前の旦那と復縁しようなんて思うかなぁ?

27年間の今井貴水のストーカーとは?

※崎谷健次郎のインタビューをもとにした、崎谷健次郎さんの主張です。

1991年、崎谷健次郎さんは、アメリカ・ニューヨークで楽曲制作。

当時の妻の紹介で、今井貴水と出会います。

ニューヨークで2度食事をしたことがあるそうです。

1992年、崎谷健次郎さんは、今井貴水が歌手であることを知ります。

(今井貴水は海外在住だったようです)

曲の中に自分に対してのメッセージがあると勝手に妄想を膨らませ、

ストーカー被害が始まります。

1993年、軽井沢での崎谷健次郎さんのライブ中に、今井貴水が観客席から婚姻届を出します。

→ライブ出入り禁止に

直接的に会うことはなくなりましたが、

手紙やメールで婚姻届けの返事がないなどと言い続けたそうです。

また、探偵を雇い、崎谷さんの家を調べていたそうです。

そして、崎谷さんの事務所にも血判状を送り付けています。

内容は「会わせてください」といったもの。

2014年、今井貴水が崎谷健次郎さんの音楽セミナーに参加。

2017年、崎谷健次郎さんが、ボーカル養成所を開校し、今井貴水も参加。

廊下で待ち伏せるなどの付きまとい行為を再開します。

2018年、崎谷健次郎さんが警察に被害届を提出

今井貴水が崎谷健次郎さんのストーカーであると、警察と今井貴水の弁護士に働きかけました。

2019年、崎谷健次郎さんの関係者を脅すような内容のブログを再開。

2019年5月、刑事告訴

2019年6月、ストーカー規制法違反で今井貴水を逮捕

 

なぜ27年間もストーカー被害を放置?

ではなぜ、崎谷健次郎さんは

27年もの間、ストーカー被害を受けたままにしていたのでしょう。

やはり、愛情がないのに男女の関係になってしまった

後ろめたさのようなものがあるのではないでしょうかね。

今井貴水さんのブログによると、

そのミュージシャンと離婚した翌年、日本語教師になるとかでニューヨーク大学に留学した様です。

私には、離婚した夫ではなく、あくまで別れた彼氏として話をしていました。

3人で食事したのは、婚姻関係が続いている状態かと思ったんですが

離婚した後に、ニューヨークで3人で会ったんですね。

同じ音楽関係者ですし、離婚後もよい友達だったのかもしれません。

そうなってくると、元妻の吉國一己さんは元カレとして紹介し

崎谷健次郎も当時、未婚で、元妻の友人ということで丁寧にもてなしたそうです。

そして、ワンナイトラブ。

これは、勘違いしてもおかしくないような…。

その後のストーカー行為は、ちょっといきすぎていると思いますが

本当は、もう少し早い段階で

話し合うべきだったのかもしれませんね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする