桜井日奈子2018年映画「ママレード・ボーイ」出演!「ういらぶ。」にも

スポンサーリンク
桜井日奈子 映画

 

12月22日に解禁となった、映画「ママレード・ボーイ」の主人公・小石川光希(桜井日奈子)と松浦遊(吉沢亮)2ショットビジュアル。

ママレード・ボーイ(映画ママレード・ボーイ公式HPより)

吉沢亮さんは、本作の為に髪色を金髪に!

11月20日にクランクインを迎え、現在絶賛撮影中です。

 

と、いうことで、今回は桜井日奈子さんの魅力に迫ります。

 

桜井 日奈子プロフィール(wiki風)

桜井日奈子(さくらい ひなこ)さんは、モデル・女優・タレントとして活動されています。

桜井日奈子

愛称:岡山の奇跡

生年月日:1997年4月2日(20歳)

出身地:岡山県

身長 :160 cm

特技:バスケットボール(フリースロー)

幼稚園から始めたことで身体が筋肉質になりキン肉マンというあだ名をつけられたそう

趣味:バスケットボールの部活動、卵焼き巡り、女子トーク

好きな食べ物:卵焼き、ブリの照り焼き、桃、イチゴ

 

岡山美少女・美人コンテスト

2014年:地元・岡山で開催された「岡山美少女・美人コンテスト」で美少女グランプリを獲得。

その後、現在の所属事務所インセントにスカウトされて芸能界入り。

友人から副賞の東京ディズニーランド旅行をせがまれたのがきっかけでコンテストに応募し、グランプリになり「岡山の奇跡」と評されたことから「キセキ」のあだ名で呼ばれたそうです。

先生からも「奇跡!」と呼ばれたのだそう。

 

2016年5月に演劇『それいゆ』で初舞台、7月に『そして、誰もいなくなった』で連続テレビドラマに初出演。

テレビドラマ

2016年:そして、誰もいなくなった – 君家砂央里 役

2016年:THE LAST COP/ラストコップ – 三島菜々子

 

映画

2017年:ラストコップ THE MOVIE – 三島菜々子

2018年:ママレード・ボーイ(4月27日公開予定) – 主演・小石川光希

2018年:ういらぶ。 – ヒロイン・春名優羽

 

CM

2015年:大東建託「いい部屋ネット」

2015~2017年:コロプラ「白猫プロジェクト」

2016年~:ニベア花王「8×4 BODY FRESH」

2016年~:グロップ

2016~2017年:JR東日本 JR SKISKI「冬が胸にきた。」篇

2017年:コスモ石油「コスモステーション」

2018年 春公開 映画「ママレード・ボーイ」

2018年4月27日に公開予定の、映画「ママレード・ボーイ」

ママレード・ボーイとは?

『ママレード・ボーイ』は、「りぼん」(集英社)で1992年から連載され、シリーズ累計発行部数1000万部超の吉住渉の大人気コミック。

テレビアニメ化(全76話)、劇場版アニメ『ママレード・ボーイ』公開、台湾でもテレビドラマ化されました。

また2013年からは、『ママレード・ボーイ』の13年後を描いた『ママレード・ボーイ little』も現在「ココハナ」で連載中です。(光希と遊の両親たちに新たに生まれた妹と弟が主人公のお話)

あらすじ

小石川 光希は、ある日いきなり両親から「離婚する」ことを告げられる。

ハワイ旅行で出会った松浦夫婦と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたため、お互いパートナーを交換して再婚するのだと言う。

しかも、松浦夫妻の息子の松浦 遊も含めて、みんなで一緒に暮らそうとまで言い出す始末。そんな非常識な生活の中、一緒に暮らす遊に惹かれ始めていく…

 

ヒロイン 小石川光希役 桜井日奈子さんインタビュー

私が映画のヒロイン役?本当の事なんだろうか?とまだ実感できていないのが正直な気持ちです。「ママレード・ボーイ」のヒロイン、小石川光希はとにかくピュアで、すぐに頬を赤く染めてしまうような子なんです。

20年以上も前の作品を現代でどう表現するのか、光希の髪型や衣装がどうなるのか、今からワクワクしています。そして、廣木監督とお仕事できることを幸せに思います。デビューしたばかりで経歴の浅い私にとっては、思ってもみなかったチャンスです。家族に翻弄され、恋に悩み苦しむピュアで一途な光希を全力で演じたいと思います。

wwws.warnerbros.co.jp/marmaladeboy/

 

ママレード・ボーイを熱唱するケンコバさん

熱唱するケンコバさんと、ママレード・ボーイ(の歌)を知らない宮川さん。

ママレード・ボーイの主題歌を知っている人なら、思わず笑ってしまうかも( *´艸`)

 

2018年公開へ 『ういらぶ。』

原作は、累計発行部数100万部を突破、電子版もLINEマンガの少女部門で月間1位を記録した星森ゆきも先生の大人気コミック『ういらぶ。―初々しい恋のおはなし―』

 

只今、映画「ういらぶ。」のHPで1巻試し読みができるので、ぜひぜひ優羽のかわいさと凛のツンデレを味わってください(*ノωノ)

あらすじ

あいつをいじめていいのは俺だけで、あいつのことを好きになっていいのも、俺だけだ。

同じマンションに住む、凛(平野紫耀)と優羽(桜井日奈子)、暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)の幼なじみ4人組。誰もが振り返る美男美女の4人は、高校でも最強の幼なじみチームとして憧れの的。

クールで華麗な見た目とは裏腹に、優羽のことが好きすぎていつも優羽にドSな態度で毒舌をふるい冷たくふるまってしまう凛。実は凛のことが好きな優羽も、そんな凛のせいで自分に自信が持てず、完全にネガティブ思考。お互い大好きすぎて「好き」って言えない…そんなこじらせたふたりを心配し見守る親友の暦と蛍太。

そんな4人の前に、“好きなら好きとハッキリ言う”ライバル・和真(健太郎)が現れる。ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は思わぬ方向へ動きはじめて…

https://mdpr.jp/cinema/detail/1722233

 

キャスト

和泉凛:優羽(ゆう)のことが一途に大好きなのに、彼女にメロメロなところを隠すためにスーパー毒舌・ドSのフリをする“こじらせイケメン”…平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)

 

春名優羽:幼なじみの凛にひたむきな思いを寄せながらも、自分に自信が持てず、凛の隠された気持ちにもまったく気づかない、誰もが守りたくなるようなちょっと天然系の美少女…桜井日奈子

坂下暦:優羽の親友で優羽を溺愛するクールビューティー…玉城ティナ

 

藤蛍太:凛の親友で凛にあきれつつも凛と優羽を優しく見守る…磯村勇斗

 

佐伯和真:凛の強力なライバルとして登場…健太郎

 

少女漫画のヒロインが実写になったら、こんな感じだろうなーというのを体現した桜井日奈子さんのかわいさ。

どちらも公開前なので、演技力などはわかりませんが、原作ファンも多いし熱いと思うので、プレッシャーも大きいとは思いますが頑張ってほしいですね(>_<)

コメント

タイトルとURLをコピーしました