佐々木太一(バレーボール/サントリー)の現在!ウイスキー難関資格に結婚は?

スポンサーリンク
スポーツ選手

こんにちは、ももあぼです。

 

4月26日放送の「爆報THEフライデー」では、1990年代にバレーボール日本代表でエースとして活躍した、佐々木太一は今…ということで、佐々木太一選手の現在についてまとめてみます。

 

佐々木太一Wikiプロフィール!

佐々木 太一(ささき たいち)さんは、元バレーボール選手です。

https://www.suntory.co.jp/culture-sports/sunbirds/buzz3/12.html

生年月日:1971年12月14日(47歳)

出身地:神奈川県横浜市

 

身長:194cm

学歴:専修大学

 

選手時代のプロフィールには、趣味は車・ギャンブルとなっていましたが、現在は違う趣味がありそうですよね。

経歴

小学校からバレーボールを始め、中学・高校とバレー部に所属。

 

専修大学1年で全日本ジュニア代表に選ばれ、3年からは日本代表に選出されました。

 

1994年にサントリーに入社。

サントリーバレーボール部「サントリーサンバーズ」に所属。

Vリーグ5連覇にも貢献しました。

 

2005年、33歳のときに引退し、サントリーの営業社員として活躍する一方で、CS放送GAORAやフジテレビのバレーボール中継の解説も積極的に行っていました。

スポンサーリンク

佐々木太一の全日本出場歴と受賞歴

身長は194cmとセンターとしては小柄ではありますが、その長い手足でブロック到達点は330cm、スパイク到達点は343cmを記録しています。

 

全日本での主な出場歴

1994年 世界選手権(世界バレー) 出場

1995年 ワールドカップ 出場(第5位)

1995年 ユニバーシアード 出場

1996年 アトランタオリンピックアジア大陸予選 出場

2000年 シドニーオリンピック最終予選 出場

 

受賞歴

新人賞(1993年)

若鷲賞(黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会・1994年)

ベスト6(黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会・1995年)

ベスト6(1995年・1998年・1999年・2000年・2001年)

スパイク賞(2001年)

Vリーグ特別賞(2003年)

Vリーグ日本記録賞(2007年・スパイク賞(62.66%))

 

佐々木太一の現在はウィスキーセミナー講師?

https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/07/taichi-sasaki_a_23428465/

引退後、2年間は営業職に就きましたが、結果がなかなか出せず精神的に参っていたそうで、転職雑誌を見ていたこともあるという佐々木さん。

 

そんなとき、上司に勧められたのがスコットランドでの研修でした。

スコットランドで出会ったウイスキーが佐々木さんを変えてくれたのだそうです。

 

2007年には、サントリーの社内資格「ウィスキー・アンバサダー」の第1期生となり、2011年には、日本の愛好家団体「スコッチ文化研究所」が定める「マスター・オブ・ウイスキー」で最初の合格者となりました。

(2019年4月現在、国内で9名)

 

だから佐々木さんの認定番号は、認定番号:MW0001なんですね。

 

それからは、営業とウイスキーアンバサダーとの「二刀流」で仕事に臨みました。

そして、2014年にウイスキー部に異動。

 

佐々木さんのお仕事は、主に山崎、白州の蒸溜所PRを考える役割で、

一般の人や得意先へのセミナーの内容を検討したり、社内資格「ウイスキー・アンバサダー」の育成をしたり、メディアへの取材対応も増えているのだそうです。

 

”「マスター・オブ・ウイスキー」佐々木太一と巡る、 新「山崎蒸溜所ツアー」”なんて、どんな質問にも答えてくれそうで、ウイスキーが大好きな人にはたまらないツアーなのではないでしょうか。

 

以前はウイスキーセミナー講師も務めていたそうですが、現在はされていないようです。

マスターオブウイスキーとは?合格率・難易度は?

佐々木太一さんの持っている「マスター・オブ・ウイスキー」とはどのような資格なのでしょう。

 

この資格は、ウイスキー文化研究所という土屋守さんが代表を務めている団体が実施している、資格の試験です。

2004年にスタートした『ウイスキーコニサー資格認定制度』は、ウイスキーに関心のある、あるいはウイスキーに関りのあるすべての人を対象にした認定制度で、職業を問わずどなたでも受験できます。

https://scotchclub.org/whiskyconnoisseur/

※ただし20歳以上で。

https://scotchclub.org/whiskyconnoisseur/

ウイスキーコニサー資格認定制度は3つの段階を踏んで取得していきます。

第1段階の「ウイスキーエキスパート」から始まり、「ウイスキープロフェッショナル」、そして「マスター・オブ・ウイスキー」が最終段階に当たります。

上位資格に進むにつれ、試験の難易度も上がります。

https://scotchclub.org/whiskyconnoisseur/

2018年度のウイスキーエキスパートの合格率は50.9%。平均で48.9%。

ウイスキーエキスパートの資格を保有している方のみが、次のウイスキープロフェッショナルを受験することができます。

 

そして、2018年度のウイスキープロフェッショナルの合格率は44.6%。平均で37.5%。

筆記試験に加えて官能試験(ブラインドテイスティングテスト)もあるため、舌も重要になるんですね。

 

さらに、マスター・オブ・ウイスキーともなると、一次試験のオリジナル研究論文、二次試験筆記試験、口頭試問、官能試験3つの審査をクリアして、合格者は国内で9名という狭き門。

 

この3つを総称して、「ウイスキーコニサー資格認定試験」というのだそうです。

 

佐々木太一さん、この3つの試験を合格して、マスター・オブ・ウイスキーの資格を手にしているなんてすごいです。

 

なお佐々木さんは、2008年に「ウイスキーエキスパート」取得、2009年に「ウイスキープロフェッショナル」取得、2011年に「マスター・オブ・ウイスキー」を取得しています。

スポンサーリンク

佐々木太一は結婚してる?子供は?

佐々木太一さんは、現役選手時代に結婚されており、2人のお子さんもいらっしゃるようです。

 

大阪にご自宅があり、山崎(大阪)、白州(山梨)の蒸溜所と会社のある東京とを行き来して、毎週新幹線で東京と大阪を往復しているということでした。(2015年当時)

 

遠距離ですが、単身赴任ではなく自分が通うことを選んだのは、家族がいたからなのかな?と思ってしまいました。

 

佐々木太一の現在まとめ

佐々木太一さんは、元日本代表のバレーボール選手でした。

 

現在は、サントリーのウイスキー部の社員として働いています。

そして、国内で9名という難関資格「マスター・オブ・ウイスキー」の資格を持っています。

 

結婚されていて、子供もいるようです。

 

営業知識ゼロの社員からの一発逆転ということで、佐々木太一さんがどのように成功していったのか楽しみにしてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました