佐藤希望(フェンシング)は二児の母!夫や子供は?東京オリンピックの日程・会場・新生活?スッキリ

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

今回紹介する佐藤希望さん

2016年のリオオリンピックのフェンシング・エペで

日本女子初の8位入賞を果たした選手です。

スッキリで競技のことや

子育ての両立について特集されていたのでまとめてみました。

佐藤希望のプロフィール

佐藤 希望(さとう のぞみ)さんは、日本の女子フェンシング(エペ)選手です。

佐藤希望

https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/family/1397/

旧姓:中野 中野希望(なかの のぞみ)

生年月日:1986年7月3日

出身地:福井県武生市(現・越前市)

身長:173cm

体重:58kg

趣味:ディズニーランドに行くこと

好きな食べ物:スイーツ、焼肉

学歴:武生商業高校 → 日本体育大学

所属:大垣共立銀行

5歳と 1歳の男の子を育てる2児の母、ママアスリートです。

佐藤選手が、フェンシングを始めたのは高校に入学してから。

それまで父の指導の元、中学校までは剣道をしていました。

高校3年生のときにインターハイで優勝し

世界ジュニア選手権にも3度出場しています。

経歴と戦績

2007年:全日本選手権で初優勝

2009年:大垣共立銀行フェンシング部に入部。

2009年:W杯キューバ大会、ユニバーシアードで銅メダル。

2010年:広州アジア大会では銀メダル。また日本の団体金メダルに貢献。

出身地である越前市の市民栄誉賞に輝きました。

2012年:ロンドンオリンピック 初戦敗退

2013年:結婚・長男を出産

2014年:復帰

2014年、2015年の全日本選手権で優勝

2016年:リオオリンピック 日本女子初の8位入賞

2017年:次男を出産

まだまだ競技を続けていらっしゃいます。

フェンシングのルールは?

1対1で、相手を突いたり、切ることで得点を競うフェンシング。

種目は3種類あります。

フルーレ

攻撃は、突きのみ。

得点が入るのは、胴体のみです。

サーブル

攻撃は、突きと斬り

得点が入るのは、上半身です。

エペ

攻撃は、突き

得点が入るのは、足や背中など全身で

どこを突いても得点が入ります。

佐藤希望の強さの秘訣は?

佐藤希望選手の種目は、エペ

ルールはシンプルでわかりやすい反面

手が長ければ、それだけ速く相手を突くことができるため

体格差で劣る日本人が、世界で勝つのは難しいとされてきました。

しかし、佐藤選手の身長は173cm

国内トップクラスの高身長です。

全身が狙えるからこそ、身長が高い方が有利です。

高身長の佐藤選手のリーチの長さは、大きな武器になります。

もちろん、身長だけではありません。

マスクを付けると、視界が変化し

距離感や剣先を見極めることが難しくなります。

しかし、佐藤選手を高校時代から指導してきた諸江コーチは

「選手がどのような動きをするのか

予測する能力も非常に大事になりまして

かなり若いときからずっとナショナルチームに所属していて

かなり経験が豊富」とコメント。

ベテランならではの予測する能力に長けているという佐藤選手。

幼いころから、剣道を習っていたからなのでしょうか。

前回のリオオリンピックでも

相手の攻撃の手がゆるんだ一瞬の隙を見逃さず

鋭い踏み込みから、ひと突き。

ベテランならではの巧さが発揮されました。

そんな佐藤選手の必殺技が

上半身を狙うようにして足を狙う技、足突きです。

身長の高さによるリーチの長さと

抜群な距離感が出せる技なのです。

佐藤選手の夫や子供は?

夫は、10歳年上の充(みつる)さん。

そして、5歳の長男・匠くんと

1歳の次男・旬くんです。

佐藤選手は、次男を出産後

地元福井で練習をしていたものの

東京オリンピックを見据えて上京を決意しました。

「練習は出産後も始めているので

スタートは切っているんですけれど

練習相手、コーチ、みんな東京にいるので

ここに来ないと東京(五輪)を目指すスタートは切れないと思って。

また、新たなスタートな気がします」とコメント。

2018年11月に

東京オリンピックに向けて、拠点を東京に移しました。

現在、長男は福井県で、次男を東京で育てています

佐藤希望はママアスリート

佐藤希望(Facebookより。番組では杉山愛さんが体験)

アスリートとしての練習と子育てを両立している佐藤選手。

なぜアスリートとして進化できるのでしょう?

佐藤希望選手が頑張れる理由は、もちろん2人の息子さん。

「子供が頑張れって最近は言ってくれるので」

そんな佐藤選手には、マイルールがありました。

働くママと一緒で、土・日は完全にお休みにしています。

全く練習場に来ないのだそうです。

そのお休みの2日間は、子供との時間なのだとか。

週に2日は、練習を休んで子供と向き合う時間にしています。

これが、5年前から続けているマイルール。

平日の練習中は、託児室に預けているのだそうです。

佐藤さんが練習しているのは

東京・北区にあり、多くの日本代表候補が練習している

ナショナルトレーニングセンター

その中に、フェンシングの練習場はありました。

そして託児所は、ナショナルトレーニングセンター内に併設されています。

佐藤選手は、リオオリンピックの際には、長男の匠くんを、

2019年1月からは、次男の旬くんを託児所に預けています。

今、ママさんアスリートが増えている中で大切ですよね。

1日のスケジュール

朝は、5時半起きでお弁当を作る、佐藤選手。

朝、託児室へ連れて行って、午前中練習して

お昼休みに1回見に行って

ちょっと一緒にお昼寝したりして、午後から練習に戻ってくる感じなのだそう。

居残り練習をしないのもマイルール。

夕方5時には、練習を終え家へ子供と一緒に帰宅します。

家に帰れば、完全にママモード。

「大変だけど、癒しもくれます。頑張れますね」。

この生活こそが強さの秘訣なのだとか。

「確実に練習量は落ちていますが

その分中身は濃いので良いメリハリだったと思います」

他のトップ選手に比べて練習量は減ってしまいましたが

その分、集中して質の高い練習ができていると、佐藤選手は確信しています。

子供がいるから強くなれる

東京オリンピックには特別な思いを寄せています。

「東京じゃなかったら、ここにいないかもしれないですね。

小さい時だと覚えてないかもしれない。

(2010年に)小学1年生ならきっと

ずっと覚えていてくれるかなって思うので。

子供に、戦うママを見せたい

メダルを子供にかけてあげたいっていうのが目標です。」

東京オリンピックでのフェンシングの会場や日程は?

競技日程:7月25日(火)~8月2日(水)

競技会場:幕張メッセ Bホール

フェンシングの選考方法は?

2019年4月3日から2020年4月4日までの試合の

ポイント数によって決定します。

佐藤選手の今後の日程は?

2019年3月6日~

ハンガリーで行われるグランプリ大会に

日本代表として出場することになっています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする