奈良の鹿の胃からポリ袋3キロ!県の条例で5万円以下の罰金も?

スポンサーリンク
テレビ

こんにちは、ももあぼです。

 

 国の天然記念物に指定されている奈良のシカ1頭が死に、胃の中からポリ袋とみられる異物3・2キロが見つかった。捨てられたごみを誤って食べたとみて、シカの保護活動に取り組む「奈良の鹿愛護会」が詳しい死因を調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190403-00000009-asahi-soci

奈良のシカの胃から3キロのポリ袋

(奈良の鹿愛護会Twitterより)

愛護会によると、シカは体長約79センチ、体重約30キロのメスで、推定17歳。

 

奈良市で3月23日、「東大寺の近くで立てないシカがいる」と通行人から愛護会に連絡があり、職員が保護しました。

23日はえさや水をとっていましたが、24日朝に死んだそうです。

 

愛護会が27日、シカを解剖したところ、胃の中から重さ3.2キロの異物が見つかったのだそうです。

ポリ袋が絡まった塊だととみられています。

https://naradeer.com/learning/ecology.html

鹿の胃って、草食動物だし結構大きいんですね。

でも第1胃に溜まっちゃったら、次の胃に送れないですもんね。

 

ポリ袋を食べてしまうと、エサが食べられなくなり栄養失調になってしまうのだとか。

 

https://naradeer.com/learning/ecology.html

 

鹿せんべいは主食じゃなくておやつなのだそう。

鹿のことを考えて、砂糖や香辛料は入っておらず、包装も最低限です。

 

包装紙は鹿が食べても大丈夫なように、パルプ100パーセントでできていて、印刷も大豆インクを使用しているのだそう。

 

しかし、パンフレット(チラシ)は鹿にとっては有害。

使わないときは、カバンにしまって食べられないようにしましょう。

 

奈良のシカはエサやりNG!奈良県の条例で5万円以下の罰金!

奈良の鹿からポリ袋が見つかるのは、これが初めてではありません。

ポリ袋は、鹿の胃の中で石灰化してしまったことがあるのだそう。

 

SNSでは外国人観光客の増加が問題で、周知徹底が必要という声や

鹿の行動範囲が結構広いので、周りの商店なども含めてポリ袋を使わないようにできないか、などの声がありました。

 

2017年、奈良県は、観光客からお菓子などを与えられ病気になることが増えていることから、「鹿せんべい」以外の鹿への餌付けを条例で禁止する方針を固めました。

 

違反者には、5万円以下の過料を検討し、2018年度からの施行を目指すとしている…とされていますので、今年は完全にアウトですね。

 

(あんじー様Twitterより)

 

漁に使う「ヤス」で肩のあたりを刺されています。

置いてあったパイプ椅子にひっかかりました。

口に輪ゴムをはめられていました。

ラムネのフタがひづめにはさまっています。

 

鹿に対するいたずらもひどいですが、SNSで写真を投稿するために鹿に乗ったりする人もいるのだとか。

 

また、数年前からネット上で「宮島の鹿は痩せている」「宮島の鹿が餓死」という噂から、奈良の鹿にもエサを与える人がいるのだそう。

 

良かれと思って、キャベツや人参などを持ってくる方がいらっしゃいます。

そうした方がいると個人単位で見れば少量であったとしても、積み重なれば鹿が消化しきれないような量の餌を与えていることになってしまいます。

すると結果的に鹿が体調を崩してしまうんです。

また野菜の味を覚えることによって、「また食べたい」と思った鹿が畑に現れるといったことも考えられます。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/28/news090.html#utm_term=share_pc

 

野菜くずや食パンを与えている人の姿が目撃されています。

 

どこの鹿も、基本的には人間が介さない形で暮らしてほしいという考えから、鹿への餌やりを行っていないのだとか。

 

鹿が人間に依存しない環境を作っていくためには、人間が鹿に餌を与えないことが重要なのだそうです。

それでも鹿のために何かしたい!

奈良の鹿愛護会では、ドングリを寄付できるのだそうです。

 

鹿のためにドングリを集めるのも楽しそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました