Suchmos(サチモス)紅白出場!メンバーのプロフィール、サッカーテーマ「VOLT-AGE」、歴代ソングも

スポンサーリンク
サチモス 音楽

こんにちは、ももあぼです。

 

いきなりですが、どどーんと、早くも紅白関連のニュースから。

紅白初出場が確実なのは、サッカーW杯があった今年、NHKのサッカーテーマに「VOLT―AGE」が起用された6人組ロックバンド「Suchmos(サチモス)」だ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000004-spnannex-ent

と、いうことで今回は、紅白歌合戦に出場しそうな

「Suchmos(サチモス)」の魅力に迫っていきたいと思います。

Suchmos(サチモス)とは?

サチモスhttps://www.suchmos.com/biography

2013年1月結成

普段からバイブスを共有していた、YONCE(Vo)、HSU(Ba)、OK(Dr)、TAIKING(Gt)、KCEE(Dj)、TAIHEI(Key)の6人グループ。

 

ROCK、JAZZ、HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされたSuchmos。

メンバー全員神奈川育ち。

Vo.YONCEは湘南・茅ヶ崎生まれ、レペゼン茅ヶ崎。

都内ライブハウス、神奈川・湘南のイベントを中心に活動。

 

サチモス

バンド名の由来は?

バンド名の由来は、スキャットのパイオニア、ルイ・アームストロングの愛称サッチモからパイオニアとなるべく引用。

Suchmos(サチモス)メンバー

YONCE(Vo)プロフィール

サチモスhttps://www.wwdjapan.com/s/14346

本名:河西洋介

生年月日:1991年8月29日

出身地:神奈川県茅ヶ崎

 

Suchmos(サチモス)Twitterにハングルがあったので、YONCEが書いてるの?在日韓国人?とも思ったのですがヨンスは、ようすけに由来するものでした。昔、「よんすけ」と呼ばれていたようです。

 

最近は飼っているイタリアングレーハウンドのルチアを可愛がり、「実はこいつ、僕と同じ誕生日で、マイケル・ジャクソンとも同じ8月29日生まれなんだ」と、ボーカリストらしい枕詞を添えて紹介する。

https://www.wwdjapan.com/s/14346

「アディダス」“NMD”の着想源「場所にとらわれないアクティブな生活」を体現する都市冒険者6組に密着ということで、YONCEさんのファッションについて特集されています。

 

HSU(Ba)(スー)プロフィール

サチモストーラスコーポレーションTwitterより

 

サチモス

 

本名:小杉隼太(こすぎ はやた)

生年月日:1989年6月29日

出身地:神奈川県横浜市

 

2017年9月24日のライブを最後に、SANABAGUN.脱退。

OK(Dr)プロフィール

サチモス(Instagramより)

本名:大原健人(おおはら けんと)

生年月日:1990年8月27日

サチモス(Instagramより)

 

TAIKING(Gt)プロフィール

サチモス(Instagramより)

本名:戸塚泰貴(とつか たいき)

生年月日:1990年5月10日

 

父は元日本代表の戸塚哲也さんだそうです。

 

KCEE(Dj)(ケイシー)プロフィール

サチモス(Instagramより)

本名:大原魁生(おおはら かいき)

生年月日:1992年9月18日

出身地:神奈川県横浜市

 

メンバーOKさんの弟です。ギターもされるのでしょうか?

 

TAIHEI(Key)プロフィール

(Twitterより)

本名:櫻打 泰平(さくらうち たいへい)

生年月日:1992年7月4日

出身地:富山県氷見市

サチモス

那覇マラソン、完走されたんですね。メンバー、応援に来てくれて仲良さそうですね。

2018年NHKサッカーテーマソング「VOLT-AGE(ボルテージ)」

NHKサッカーテーマソングの選考ポイントは世代や性別を超え、幅広く支持されるアーティストであり、サッカーの魅力や感動を独特の表現で伝えることができること。

 

ボーカルのYONCEは「世界中の視線を集めるピッチはどんな景色だろう。11人とサポーターが燃え上がるボルテージといかしたアイデアがあれば、感動的なシーンがきっと生まれる。心揺らすチャンスメイクを期待しています」とコメントを寄せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000111-spnannex-ent

 

作詞を手掛けたボーカルのYONCEは、大のサッカーファン(プレミアリーグのリヴァプールFCのファン)であるが、「変に意識しようないに」としながらもサッカーでも音楽でも使用される「ピッチ」という言葉を盛り込んでいる。

チームワークという部分でバンドと相通ずるものを感じ、1つの詩の中に両者が同居できればいいというのが今回のテーマである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/VOLT-AGE

 

サウンドのこだわりについて

NHKにとってSuchmosを起用したことはチャレンジだったと思うので、「いわゆる典型的なパターンとか求められている部分も意識しなければならない」と前置きしつつ、自分たちが納得いく形、一番格好良いと思うものを聴いてもらいたいという一心だったと説明した。

 

サッカーのテーマソングにみられる「オーオー」といった歌詞がなかったのが良かったのではないかという問いに対してYONCEは、それが悪いとは思わないが、こういう嗜みもあると提案していきたいと返答している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/VOLT-AGE

タイトルに込められた意味

これは今回の日本代表もそうなんですけど、だいたい僕らと歳の変わらない世代が中心になって活躍しているので。

「これから先の世の中を牽引していくのは絶対俺たちだ」という自覚が最近できてきたし、選手たちもそうだと思うし、きっとピッチを離れてテレビで応援している人たちもそうだと思うので、自分たちの世代感というか、この先のことをちゃんと考えていくぞというのも含めたタイトルになっています。

YONCE(J-WAVE「SAISON CARD TOKIO HOT 100」より

 

NHKサッカー歴代テーマソング

2010年:Superfly「タマシイレボリューション」

2011~12年:RADWIMPS「君と羊と青」

2013年にサカナクション「Aoi」

2014~16年に椎名林檎「NIPPON」

2017年にONE OK ROCK「We are」

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました