鈴木康友(野球)は病気で無菌室生活?妻や子供、血液型が変わる?爆報フライデー

スポンサーリンク
スポーツ選手

こんにちは、ももあぼです。

 

6月14日放送の爆報!THEフライデーでは、

謎の病に侵された元巨人軍スターを支えた妻!ということで

 

余命宣告を受けていた、元巨人軍・鈴木康友さんとその奥さんについてまとめてみました。

 

鈴木康友Wikiプロフィール!年齢は?

鈴木 康友(すずき やすとも)さんは、元プロ野球選手、コーチ、野球解説者です。

(Twitterより)

生年月日:1959年7月6日(59歳)

出身地:奈良県五條市

 

身長:180 cm

体重:84 kg

 

学歴:天理高等学校

春夏の甲子園に4度出場しています。

ドラフト5位で、読売ジャイアンツに入団。

経歴

1978年、異例の背番号5で巨人軍に入団。

1980年、3年目に一軍初出場。

内野のユーティリティプレーヤーとして徐々に出場機会を増やしますが、

1984年、西武ライオンズに移籍 → 中日ドラゴンズ →西武ライオンズ

 

1992年、現役引退。

 

西武一軍守備・走塁コーチ、一塁ベースコーチ(1993年~2000年)

→巨人一軍守備・走塁コーチ、三塁ベースコーチ(2002年~2003年)

→オリックス・ブルーウェーブで一軍守備・走塁コーチ、一塁ベースコーチに(2004年)

 

→茨城ゴールデンゴールズのコーチ(2005~2006)

BCリーグ・富山サンダーバーズの初代監督(2007年~2009年 2008年にはリーグ優勝)

→ 埼玉西武ライオンズのコーチ(2010年~2011年)

→東北楽天ゴールデンイーグルスのコーチ(2012年~2013年)

福岡ソフトバンクホークスのコーチ(2014年~2016年)

 

四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの野手コーチ

(2017年 リーグ優勝、グランドチャンピオンシップ優勝)

 

選手、コーチとしてリーグ優勝は14回、日本一に7度輝いています。

 

鈴木康友の病気は骨髄異形形成症候群!

鈴木康友さんは、

2017年8月に白血病の前段階とも言われる「骨髄異形形成症候群」に罹患している事がわかり、約半年後の2018年3月に臍帯血移植を受け現在に至ります。

(Twitterより)

 

発症に気が付いたきっかけは?

骨髄異形成症候群の自覚症状は、四国IL・徳島のコーチをしていた2017年に現れました。

 

グラウンドに出てノックをしていたら、息切れとだるさでノックが打てなかったことがあったそうです。

最初は、気温のせいだと思っていたそうです。

 

しかし、数日後、家を出ようとした際、足が異常にむくんで靴が履けないこともあったのだそう。

 

仕事から戻ると、知らない間に、青あざ・内出血が無数にできていたそうです。

 

頻繁に出る鼻血、体のいたるところから出血が止まらなくなっていたそうです。

 

骨髄異形成症候群とは?

鈴木康友さんは、家族の勧めもあり、すぐに病院で検査を受けました。

血液検査の数値は極度の貧血状態。

医師にも「鈴木さん、よく立っていられますね」と言われたそうです。

 

そして、すぐに施設の整った大病院で再検査を受けました。

そこで血液の難病「骨髄異形成症候群」と診断されたのだそうです。

 

 

骨髄異形成症候群とは、急性白血病に移行する前段階ともいわれる血液のがんで

体に様々な異常をきたす、血液の難病。

現在、10万人に1~2人の割合で発症。

 

この病で1番恐ろしいのが、自らの体で血液がうまく作れないこと。

そのため、鈴木さんは、血液を入れ続けなければなりませんでした。

 

最初は、3時間かけて800ccの赤血球を輸血しました。

2週間に1回の頻度でしたが、出血が止まらず

3か月後には、輸血の間隔は1週間ごとになりました。

 

2年生存率は、50%。

「妻のために治りたいです」と医師達の前で涙を流したそうです。

 

移植手術を希望するも、ドナーが見つかるまで5か月はかかると言われてしまいました。

 

当時、鈴木康友さんがコーチを務めていた徳島インディゴソックスは前期優勝。

後期終了後は、リーグチャンピオンシップを控えていました。

さらに、それに勝てば日本一決定戦・グランドチャンピオンシップもありました。

 

「日本一は大きな目標でしたから休むわけにはいきません。

幸いというと変ですが、輸血をすれば体は元気に動くようになるから、ずっとチームと一緒にいられました。」

(中略)

頭の片隅に『もう、死ぬかもしれない』との思いがあったから、絶対に行きたかったんですよ」

https://www.ninomiyasports.com/archives/81313

鈴木さんの強い熱意が伝わってきますね。

鈴木康友の臍帯血(さいたいけつ)移植

臍帯(さいたい)とは、へその緒のこと。

分娩後の胎盤と臍帯に残った血液を「臍帯血」といいます。

 

さい帯血には、血液を作る造血幹細胞が含まれおり、

造血幹細胞を患者に移植して、血液を作る機能を再生させるのだそうです。

 

骨髄移植を待てなかった鈴木さんは、

医師を信じて、さい帯血移植を決意しました。

 

1か月後、あかちゃんのへその緒が適合。

ただし、移植が成功しても治る確率は、4~5割と言われたそうです。

 

2018年3月に、臍帯血移植を受けた鈴木康友さん。

85キロあった体重は一時、65キロ近くまで落ちましたが、6月末には退院し、その後コーチとしての仕事も再開しました。

 

鈴木康友の血液型が変わった?

鈴木康友さんは、臍帯血移植を受けたことで、血液型が変わったのだそうです。

 

以前はA型だった血液型は、移植後、O型に変わったのだそうです。

 

一般的に血液型といわれているのは、赤血球。

種類は、A、B、O、ABの4種類ですが、移植には白血球の型(HLA)が合う事が条件なのだそうです。

 

※HLAは白血球の血液型といわれてきましたが、細胞と体液に分布しているそうです。

 

そして移植が成功し、提供者の赤ちゃんの骨髄液に含まれる造血幹細胞によって

自らの体だけで血液が作れるようになった証なのだそうです。

 

鈴木康友の無菌生活は?妻や子供は?

鈴木康友さんは、夫婦で無菌生活を送っていたようです。

 

奥さんは、1988年に結婚した、客室乗務員の純(じゅん)さん。

2人の子宝に恵まれました。

 

 

移植後、GVHD(移植片対宿主病)に悩まされることに。

GVHD(移植片対宿主病)は移植による合併症。

高熱・皮膚の炎症・下痢などの症状があります。

 

移植を受けると、免疫力が著しく低下し、細菌やウイルス、カビなどの微生物により空気感染することは、死につながってしまうのだそう。

実際、無菌生活期間に様々な感染症でなくなってしまう人もいるそうです。

 

その後、自宅でも無菌生活を開始。

 

●カーテンの全交換→抗菌カーテンに交換

カーテンは菌が付着しやすく、窓ガラスの結露などでカビも生えやすい。

 

●庭に砂利を敷きつめる

砂埃はアレルギーを引き起こしやすい。

 

●空気清浄機の撤去

●タオルを使わず、ペーパータオル

●個包装の食べ物は、その日に食べきる

個包装でないものは、封開けた日は食べるが、それ以外は食べないそうです。

 

自宅療養で外に出られない鈴木さんに代わって

妻の純さんがパートに出て、家計を支えているのだそうです。

 

鈴木康友の現在は?

(Twitterより)

無菌生活で1年3か月を過ごした鈴木さんは、外出が出来るまでに回復。

 

2018年10月から埼玉県立教新座高のコーチに就任しています。

 

2019年からは、J SPORTSの野球解説者に13年振りに復帰しました。

また、東京スポーツの野球評論家として活動されています。

 

定期的に野球教室も行っているそうです。

 

番組では、9年ぶりに会う東尾修さん(元西武ライオンズ監督)とキャッチボール。

 

復活に向けて戦い続けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました