鈴木康友(野球)は病気で無菌室生活?妻や子供、血液型が変わる?爆報フライデー

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

6月14日放送の爆報!THEフライデーでは、

謎の病に侵された元巨人軍スターを支えた妻!ということで

余命宣告を受けていた、元巨人軍・鈴木康友さんとその奥さんについてまとめてみました。

鈴木康友Wikiプロフィール!年齢は?

鈴木 康友(すずき やすとも)さんは、元プロ野球選手、コーチ、野球解説者です。

(Twitterより)

生年月日:1959年7月6日(59歳)

出身地:奈良県五條市

身長:180 cm

体重:84 kg

学歴:天理高等学校

春夏の甲子園に4度出場しています。

ドラフト5位で、読売ジャイアンツに入団。

経歴

1980年、3年目に一軍初出場。

内野のユーティリティプレーヤーとして徐々に出場機会を増やしますが、

1984年、西武ライオンズに移籍 → 中日ドラゴンズ →西武ライオンズ

1992年、現役引退。

西武一軍守備・走塁コーチ、一塁ベースコーチ(1993年~2000年)

→巨人一軍守備・走塁コーチ、三塁ベースコーチ(2002年~2003年)

→オリックス・ブルーウェーブで一軍守備・走塁コーチ、一塁ベースコーチに(2004年)

→茨城ゴールデンゴールズのコーチ(2005~2006)

BCリーグ・富山サンダーバーズの初代監督(2007年~2009年 2008年にはリーグ優勝)

→ 埼玉西武ライオンズのコーチ(2010年~2011年)

→東北楽天ゴールデンイーグルスのコーチ(2012年~2013年)

福岡ソフトバンクホークスのコーチ(2014年~2016年)

四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの野手コーチ

(2017年 リーグ優勝、グランドチャンピオンシップ優勝)

選手、コーチとしてリーグ優勝は14回、日本一に7度輝いています。

鈴木康友の病気は骨髄異形形成症候群!

鈴木康友さんは、

2017年8月に白血病の前段階とも言われる「骨髄異形形成症候群」に罹患している事がわかり、約半年後の2018年3月に臍帯血移植を受け現在に至ります。

(Twitterより)

骨髄異形成症候群の自覚症状は、四国IL・徳島のコーチをしていた2017年に現れました。

グラウンドに出てノックをしていたら、いつになく息が切れてしまったのだそうです。

また、朝のゴミ出しやちょっと歩いただけで、「ゼーゼー」と息切れするようになったのだそうです。

鈴木康友さんは、家族の勧めもあり、すぐに病院で検査を受けました。

血液検査の数値は極度の貧血状態。

医師にも「鈴木さん、よく立っていられますね」と言われたそうです。

そして、すぐに施設の整った大病院で再検査を受けました。

そこで血液の難病「骨髄異形成症候群」と診断されたのだそうです。

当時、鈴木康友さんがコーチを務めていた徳島インディゴソックスは前期優勝。

後期終了後は、リーグチャンピオンシップを控えていました。

さらに、それに勝てば日本一決定戦・グランドチャンピオンシップもありました。

「日本一は大きな目標でしたから休むわけにはいきません。

幸いというと変ですが、輸血をすれば体は元気に動くようになるから、ずっとチームと一緒にいられました。」

(中略)

頭の片隅に『もう、死ぬかもしれない』との思いがあったから、絶対に行きたかったんですよ」

https://www.ninomiyasports.com/archives/81313

鈴木さんの強い熱意が伝わってきますね。

鈴木康友の臍帯血(さいたいけつ)移植

臍帯(さいたい)とは、へその緒のこと。

分娩後の胎盤と臍帯に残った血液を「臍帯血」といいます。

臍帯血幹細胞には、少数でも骨髄の機能を回復させる能力をもっているのだそうです。

ただし、移植が成功しても治る確率は、4~5割と言われたそうです。

2018年3月に、臍帯血移植を受けた鈴木康友さん。

85キロあった体重は一時、65キロ近くまで落ちましたが、6月末には退院し、その後コーチとしての仕事も再開しました。

鈴木康友の血液型が変わった?

鈴木康友さんは、臍帯血移植を受けたことで、血液型が変わったのだそうです。

以前はA型だった血液型は、移植後、O型に変わったのだそうです。

一般的に血液型といわれているのは、赤血球。

種類は、A、B、O、ABの4種類ですが、移植には白血球の型(HLA)が合う事が条件なのだそうです。

※HLAは白血球の血液型といわれてきましたが、細胞と体液に分布しているそうです。

そして移植が成功し、骨髄液に含まれる造血幹細胞が作り出すのが、ドナーの血液型なので、移植後にドナーと同じ血液型に変わるのだそうです。

鈴木康友の無菌生活は?妻や子供は?

鈴木康友さんは、夫婦で無菌生活を送っていたようです。

移植を受けると、免疫力が著しく低下し、細菌やウイルス、カビなどの微生物による空気感染が起こりやすいのだそうです。

無菌室(クリーンルーム)とは、特別な空調設備(高性能フィルター)を使用して、きれいな空気を循環させている部屋です。

施設や状態によって違うかもしれませんが

無菌室での面会は、基本家族

〇持ち込み物品は最低限(新品のもの)

〇床に落ちたものは拾わない。

〇乾燥予防、口内炎予防のため、頻繁にうがい

〇ペットボトル飲料は、コップで。24時間で飲み切る

〇手洗い・消毒は徹底的に。新聞、雑誌などを読んだ後にも。

〇こまめにウエットティッシュで拭く   などなど。

鈴木康友さんの奥さんについては、詳しくわかりませんでしたが

無菌室での生活は、支えている奥さんも大変だったことでしょう。

お子さんもわかりませんでしたが、短いペースで様々な球団のコーチを務められているので

その頃には、お子さんも独立されていたかもしれませんね。

詳しくは、放送でわかると思うので楽しみに待ちたいと思います。

鈴木康友の現在は?

(Twitterより)

2018年10月から埼玉県立教新座高のコーチに就任した、鈴木康友さん。

2019年からは、J SPORTSの野球解説者に13年振りに復帰しました。

また、東京スポーツの野球評論家として活動されています。

もうノックで息切れするようなことはありませんが、まだまだ握力は戻っていないようです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする