貴景勝は学校へ行こうのわんぱく相撲の子?小学校や実家は?有吉夜会

こんにちは、ももあぼです。

2月7日の櫻井・有吉THE夜会では

今話題の力士・貴景勝がバラエティ初登場!

TVデビュー「学校へ行こう!」秘蔵映像公開!

と、いうことで貴景勝の幼少期をまとめてみました。

2018年にミヤネ屋で放送された

貴景勝の生まれ育った芦屋市で

母校の恩師と指導した会長のインタビューもあります。

スポンサーリンク

貴景勝のプロフィール

貴景勝 光信(たかけいしょう みつのぶ )さんは、

千賀ノ浦部屋(入門時は貴乃花部屋)所属の現役大相撲力士です。

貴景勝

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/photonews/photonews_nsInc_201811260000291-0.html

本名:佐藤 貴信(さとう たかのぶ)

生年月日:1996年8月5日 

出身地:兵庫県芦屋市

血液型:O型

父親が貴乃花の大ファンであったため

「貴」の字がつけられたそうです。

身長:175cm

重:170kg

趣味:寝ること

得意手は突き、押し。最

高位は東小結(2018年1月場所・11月場所)。

好きな食べ物は肉、寿司。

嫌いな食べ物は、ハンバーグ

お肉が好きで、ハンバーグが嫌いっていうのが

ものすごく気になってしまいます。

調べてみたら、父親の指導で

450グラムハンバーグ3枚、

牛丼特盛り3杯などを食べ続け、

小4で30キロだった体重は2年で40キロ増。

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1794446.html

小学生の時は、ハンバーグを食べていますね。

んー、トラウマってやつでしょうか。

身体を大きくするのも大変なんですね。

貴景勝の小学校は、仁川学院小学校

仁川学院小学校の玄関には

貴景勝の「努力すれば夢は叶う」という垂れ幕(?)が。

2017年に授業に来て、力士のことについて

お仕事をどんなことをやっているのか話し、

子供たちと一緒に相撲を取ったのだそうです。

今でも、恩師の前川先生とは

学校行事やプライベートでも交流があるのだそうです。

貴景勝が子供の頃は

元気で、運動神経も抜群の子供だったのだとか。

あとは、頭が非常に切れるというか

賢い印象があったという、前川先生。

実はこの仁川学院は、エリートが集まる小学校なんです。

貴景勝の同級生、3人に1人が医学部に進学するそうです。

最高峰の国立大学(東大)に行っている子も何人も輩出しているのだとか。

そんな中、ひとり相撲への道を選んだ貴景勝。

小学校の卒業文集では

僕は中学を出たらすぐプロに入り、

理想は17歳で十両、18歳で三役、

20歳で横綱、優勝は35回以上したいです。」

と、なんとも具体的なプランニング。

実際に照らし合わせてみると、

高校卒業でプロに入ったため、

20歳で十両、21歳で三役を達成。

プラス3年していくと、その夢をちゃんと叶えているのです。

このままいくと、23歳で横綱になる夢も

叶えられるかもしれませんね。

「陰に隠れての努力は、人一倍しているんで

やっぱり部屋での稽古も本当に辛いといっています。

そういうのを見ていると

私達が励まされているので

頑張れというより、ありがとうと思いますね。」と前川先生。

芦屋で私立の学校出身で

ご実家はお金持ちなのでは?と噂されているのが

わかる気がしますね。

スポンサーリンク

貴景勝の小学校のときに指導は?

小学3年生で相撲を始めた、貴景勝は

小学4年生から近畿大会を3連覇するなど、頭角を現しています。

4歳から極真空手を始め、小3の終わりに全国大会決勝に進むも準優勝。

「おかしい判定(反則)で負けにされた。

判定がある競技はやりたくないと思った」。

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1794446.html

ここでも運動神経の良さというか、運動センスの良さが発揮されていますね。

ただ、相撲をして体重を増やしたことで

今まで1番走るのが速かったのに、

1年で遅くなってリレーの選手に選ばれなくなったというエピソードも。

当時相撲を教えていた関西奄美相撲連盟の会長が

貴景勝の強さの秘密を教えてくれました。

「普通の子と違ったところは、練習が好きでね

泡吹いても、けいれん起こしても

もう一丁、もう一丁って言って

逆にこっちがバテましたよ。」

現在なら、なかなかないとは思いますが

なかなかストイックと言っていいものか…。

練習メニューは

四股200回、腰割100回、ぶつかり稽古50回に

タイヤを使った筋力トレーニングという内容で

小学生から鍛えこまれた強靭な足腰が

今の相撲に生かされているのではないでしょうか。

そして、お父さんもスパルタだったそうです。

「貴景勝の素質を見込んで、努力も知っていたんでしょうけれども

お父さんの協力というか、勝負に対する執念ですか、

すごいお父さんで二人三脚ですよね。」と、会長。

厳しくも協力的な父親の存在が

貴景勝の勝負強さの原点になっているのかもしれません。

貴景勝の小学校の卒業文集には続きがありました。

「お客さんに喜ばれる好かれる相撲を取りたい。」

今や、自らの相撲で人々を喜ばせることができる貴景勝。

応援してくれる人のために

相撲道を教えてくれた元師匠・貴乃花親方のために

絶対に負けられませんし、ここが貴景勝の原点なのでしょうね。

スポンサーリンク

貴景勝の学校へ行こう!MAXでのテレビデビュー

小学生の頃から、関西ブロックでは負けなしの貴景勝。

そのため、わんぱく相撲時代にテレビの取材を受けたこともありました。

2007年、小学5年生の貴景勝を取材したのは

「未成年の主張」の「学校へ行こう!MAX」

貴景勝(くるくるおばけ様Twitterより)

貴景勝(くるくるおばけ様Twitterより)

櫻井・有吉THE夜会では、秘蔵映像公開ということで

「学校へ行こう!MAX」に出演した、小学生の貴景勝を見ることができるんですね。

お父さんがスパルタすぎる、一歩間違えば虐待?という声もありました。

幼少期から相撲が好きで、やっているようなので安心しました。

それにしても、10年以上前の映像もちゃんと残っていることにも驚きです。

スポンサーリンク

貴景勝優勝・2018年九州場所の成績

貴景勝

http://news.livedoor.com/article/detail/15635159/

初日:横綱・稀勢の里

2日目:大関・豪栄道

3日目:前頭三・竜電

4日目:前頭四・正代

5日目:関脇・逸ノ城

6日目:小結・魁聖

7日目:関脇・御嶽海(黒星)

8日目:前頭筆頭・妙義龍

9日目:大関・栃ノ心

10日目:前頭筆頭・北勝富士

11日目:前頭二・栃煌山

12日目:前頭二・玉鷲

13日目:前頭十二・碧山

14日目:大関・高安(黒星2)

貴景勝

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201811240000479.html

大関・高安と2敗で並んだことで

2000年夏場所の魁皇以来となる

史上9人目の小結優勝は持ち越しになってしまいました。

千秋楽:前頭三・錦木

高安は、御嶽海に敗れ、貴景勝の優勝が決定しました。

御嶽海は、今場所のキーパーソンでしたね。

スポンサーリンク

貴景勝の座り方がかわいい

真剣に優勝争いを繰り広げている貴景勝ですが

ネット上では、貴景勝の座り方がかわいいと人気に!

…確かにかわいい。。。

これは、実力とは違うところでも人気になりそうですね。

相撲にこんな楽しみ方があるなんて、知りませんでした。。。

広告336




広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告336