コロナで出産が不安!里帰りや立ち合いは?

立ち合い出産暮らし

こんにちは、ももあぼです。

 

毎日新型コロナの話題や自粛などで、気持ちが沈んでしまいがち。

そんな中でも妊婦さんは、これからの出産やベビー用品の買い占めの報道もあり不安を募らせているのではないでしょうか。

 

私の友人も3月31日に無事出産しましたが、旦那さんだけ立ち合い出産できたものの、退院までは面会なし。

赤ちゃんはママ以外の家族と会うことはできなかったようです。

 

スポンサーリンク

今後立ち会い出産や里帰り出産はできるの?

立ち合い出産

4月4日、高橋真麻さんが第一子の立ち合い出産ができなくなったことを報告しています。

 

当初は、母の小林亜紀子さんと旦那さんとが立ち合う予定でしたが、3月に不可となり

ついに旦那さんまで立ち合いできなくなったようです。

 

また、お見舞いも配偶者だけで、入院時、退院時、分娩後15分のみのようです。

だんだんと厳しくなっていっていますね。

 

コロナ 立ち合い出産

里帰り出産(帰省分娩)や立ち合い出産(分娩立ち合い)は、推奨しないようです。

より詳しい情報は、こちらから。

急な帰省分娩の検討はぜひ避けてください。

分娩は予約された数によってその体制が決まっています。特に地方の小規模施設は急に受け入れる余裕がないところがほとんどなので、移動するほうがリスクになりかねません。

日本産科婦人科学会 日本産婦人科医会

 

私も里帰り出産を経験したことがありますが、予定日2か月前に帰省先近くの病院に通いますが、分娩予約はもっと先のはず。

きちんと今の産院でも受け入れてもらわないと困ってしまいますよね。

 

里帰り

住んでいる場所によって違うから、まずは主治医と相談ですね。

 

●妊婦健診は重要であなたとあなたの赤ちゃんのいのちと健康を守ることが証明されています。

しかし、妊婦健診の間隔を延ばしたり、超音波検査の回数を減らす、パートナーの立会いをお断りすることがあります。不安な症状がその間にあれば、どうぞ電話などでご相談ください。

施設全体の感染防御策や担当医の指示に従ってください。

 

●感染予防のために現在新型コロナウイルスに感染中の方や強く疑われる方の分娩方法や授乳方法を変えざるを得ないことがあります。

施設ごとに医療資源や、感染防護に使うことができる機材が異なっています。帝王切開を積極的に行うこともやむを得ない施設が多くなっています。施設の方針をご確認ください。

日本産科婦人科学会 日本産婦人科医会

Twitterでのつぶやきを集めてみました。

 

コロナのせいで立ち合い出産出来なくなった。夫は産まれて2時間後くらいにガラス越しに数分見れるだけ。あとは赤ちゃんに会えるのは退院してから。

辛い時1人なんだなと寂しくて悲しいけど仕方ない。お母さんも来ないことになった。 辛い人はたくさんいるはずだからみんな大人しく家に居よう。

妊婦だし、自宅待機言い渡されたし、コロナ不安しかない。立ち合い出産も不可なんて、メンタルズタボロですょ。。。

 

子供の命守れるのは親だけだもん!

母ちゃん頑張る!!

立ち合い出産と面会がNGになった方々どうか気持ちに蓋をしないで…私は「この状況だし、私は母親になるのだし、納得しなきゃ」と自分を奮い立たせて約一週間。

メンタル崩壊して訳もなく泣いたり、明け方に悪夢を見て飛び起きてしまった。悲しくて辛いときは、思い切り泣いてスッキリした方がいいんだ。

みんな…立ち合い出産制限されて悲しいよね…

でもね、私が1人目出産のとき、陣痛で苦しんでる私の横で夫が役立たずなのにイライラして、陣痛室から夫を追い出し、そのまま陣痛室で出産したのね。

結果、グロがダメな夫は立ち合いしなくて良かったねって事になったから、元気出してね(?)

 

 

ミヤネ屋で妊婦さんについて触れられてたけどそれじゃない感。

“緊急事態宣言を機に都内の妊婦さんは里帰りに切り替えるでしょう、そうしたら地域医療にリスクです。医療者が大変です。”だって。

里帰り出産は事前に決めてる人もいるのになぁ。邪魔者扱いされてる感じする…

昨日地元の産院に片っ端から問い合わせした所、個人病院では感染者が出ることを恐れて「緊急事態宣言が出されている地域からの里帰り出産はすべて断る」という産院もありました。

おそらく全国各地で同じことは起こっている&今後起こると思います。

里帰り出産先の病院では、今の所予定通り受け入れるけど受診まで自宅1週間待機、ロックダウンの場合の対応は未定… ロックダウンになったら東京で受け入れ先あるの?

早く決めてくれないと次の検診との兼ね合い、帰省時期、出産する病院何も決まらない。どうすればいいの?

スポンサーリンク

妊娠中、同居の家族が気を付けることは?

家で安静にしているとはいえ、不安は募るかもしれません。

目には見えないし感染力が強いので、同居の家族が感染しているかわからないのも不安です。

 

厚生省は、妊娠後期に新型コロナに感染しても一般の感染者と変わらないとしていますが、

新型コロナに関わらず肺炎を起こした場合、妊娠中の方が重症化する可能性があると指摘しています。

 

もちろん、妊婦さんのいるご家庭では手洗いは徹底されていると思いますが

家族で共有するものは、消毒するといいですよ。

 

例えば、リモコンや電気のスイッチ、ドアノブなど、無意識に触ってしまうものは1日2回程度(多ければ多いほど効果があります)、

体温計やヘアドライヤー、歯磨き粉のチューブなど家族で共有するものは、使うたび拭きましょう。

 

70%のアルコールか0.05%の次亜塩素酸ナトリウムで「消毒」となっています。




除菌水ジーア公式サイト

次亜塩素酸水、最近注目され始めましたね。

我が家では、コロナが出る前からインフルエンザ予防として噴霧器を使って、次亜塩素酸水で消毒していました。

 

スポンサーリンク

コロナで出産が不安!里帰りや立ち合いは?まとめ

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、里帰り出産や立ち合い出産は「推奨しない」ようです。

それでも、前々からバースプランを立ててきた妊婦さんにとっては、寝耳に水だと思いますし、里帰りじゃないと困るという場合もありますので、主治医に相談してみてください。

 

バースプランを変えることになっても、多くの方が今回は仕方がないと受け入れようとしています。

こんな状況で大変だとは思いますが、できるだけ穏やかに過ごせることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました