戸邉直人は高身長イケメン!大学生活や博士号は?日本記録まで

スポンサーリンク


ももあぼです。

2019年2月にドイツ・カールスルーエで行われた

IAAFインドアミーティング(世界室内ツアー)において

2m35を記録して優勝し、13年ぶりに日本記録を更新した戸邉直人選手。

東京オリンピックの走高跳で日本人初のメダルを期待されています。

今回は、戸邉直人選手について調べてみました。

戸邉直人(とべなおと)プロフィール!身長は?

戸邉直人(とべなおと)さんは、陸上競技の選手で男子走高跳日本記録保持者です。

https://www.jaaf.or.jp/news/article/13030/?player=61

生年月日:1992年3月31日(27歳)

出身地:千葉県野田市

身長:194cm

体重:74kg

恵まれた体格なんですね。

走高跳は、身長が高く足が長いと体の重心が高いため有利と言われています。

なんとなくイメージでヨーロッパ系の選手が強いのかな?と思っていたら、

バルシム選手(カタール 2016リオ五輪銀、2017年世界選手権金メダリスト)、

王宇選手(アジア大会金メダリストで中国の記録保持者)とアジアも凄い!

王宇選手とは、仲良しなんだとか。

学歴

野田市立第二中学校 → 専修大学松戸高等学校 → 筑波大 → 筑波大学院

所属:つくばツインピークス → JAL

陸上選手、イケメンな方が多いですが、戸邉直人選手も、これからさらに人気が高まりそうです。

戸邉選手、戸辺選手との記述もありますが、「TOBE!(跳べ!)」なんて、応援しやすそうなお名前ですよね。

経歴

2006年、第33回全日本中学校陸上競技選手権大会に、野田市立第二中学校3年で出場し、1m94で優勝しました。

高校3年でインターハイ出場し、2m18で優勝。

高校記録を20年ぶりに更新しました。

インターハイから約2ヶ月後に行われたトキめき新潟国体では、高校新記録となる2m23で優勝し、高校2冠となりました。

中・高校生の頃から、走高跳で優勝しているんですね。

身長もその頃から高くて、運動神経もよかったということなので、

才能あふれるスター選手だったかもしれませんね。

2011年、大学3年のときに、第95回日本陸上競技選手権大会で、2m22で初優勝。

アジア大会では、初出場ながら2m21で5位入賞を果たしました。

大学卒業後、千葉陸協を経て、つくばツインピークスに所属。

2015年、第99回日本陸上競技選手権大会で自身2度目の優勝を果たし、2015年世界陸上競技選手権大会代表に選ばれました。

2016年のリオデジャネイロ五輪などでも活躍が期待されましたが、怪我の影響などで記録は伸び悩み代表には選ばれませんでした。

第102回日本陸上競技選手権大会において2位に入賞。

2018年7月11日、イタリアの試合で日本歴代2位タイとなる2m32を記録しました。

2018年8月、第18回アジア大会(ジャカルタ)において自身初の銅メダルを獲得しました。

2019年2月2日、IAAFインドアミーティング(ドイツ)において2m35を記録して優勝。

13年ぶりに日本記録を更新しました。また室内日本記録も13年ぶりの更新となりました。

2019年、日本航空にアスリート社員として入社しています。

戸邉直人の大学生活は?博士号もってるってすごい!

戸邉直人さんの大学は、筑波大学・筑波大学大学院に進学しています。

大学院では、人間総合科学研究科コーチング学専攻でした。

学部4年、修士課程2年、博士課程3年と、9年間にわたり学業と競技を両立させ続けてきた戸邉直人選手。

自らの跳躍の動きをを徹底的に解析し、より高く飛ぶための研究と練習を続けました。

それをまとめて、コーチング学の博士学位を取得しています。

研究テーマは「走高跳のコーチング学的研究」

博士論文を書きながら生活をしていた戸邉直人さん。

午前中はトレーニングをして、昼食をとってからは、夕飯を除いて寝る前まで研究に没頭していたようです。

現在はJALに入社していますが、活動の拠点は筑波大学なのだそうです。

この努力あってこその博士号なんですね。

戸辺直人の日本記録まで

2018年末、戸邉直人さんは大きな発見をします。

それは、踏み切りのときの腕の振り方(使い方)を変えました。

2018年は、両腕を振る、ダブルアームアクションでしたが

2019年からは、踏み切りの瞬間、片腕を振るシングルアームアクションに変更しました。

もともとは、シングルアームで跳んでいた戸邉直人選手でしたが、大学3年生の2月くらいに、ダブルアームに変更したそうです。

なぜなら、両腕を振り上げるフォームは、世界の主流で、トップレベルの選手ほとんどが実践しているからです。

両腕で振り込んだ方が、効率よく推進力を生みだすための跳躍力を高めることができます。

しかし、踏み切り前に腕を合わせる動作が必要で、戸邉直人選手の場合、動きが途切れがちになり、スピードが落ちてしまうという難点がありました。

一方、片腕を振り上げるフォームは、スピードを落とすことなく強く踏み切ることが出来、高く跳べることを発見しました。

2018年8月のブリュッセルで行われた試合の後、「もうこれはダメだ」と思って

帰国してすぐ、仮設に沿って変える取り組みをしました。

フォーム改造し、挑んだ2019年2月、2m35の日本新記録をマークしました。

そして、今季、全6試合ある世界室内ツアーで4勝し、日本人初の総合優勝に輝きました。

世界のトップ選手がやっていることと、違うことをするって勇気がいると思うけれど

戸邉直人選手は、自分に合う方法を見つけて日本新記録を出したんですね。

戸邉直人と東京オリンピック

戸邉直人選手の世界ランキングは(2019年2月19日付)7位。

戸邉直人選手曰く

東京オリンピック本番で2m40が跳べたら、ほぼほぼ金メダルという感じ。

2020年に1番いい跳躍ができたら…と話しました。

頑張ってほしいです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする