年忘れにっぽんの歌2018(第51回)の出演者や見どころは?応募方法や2017年視聴率は?

スポンサーリンク
年忘れ テレビ

こんにちは、ももあぼです。

 

12月31日放送の

第51回年忘れにっぽんの歌は

 

今年初めて和田アキ子さんが登場します。

 

平成最後のテレ東「年忘れにっぽんの歌」で

わかっていることをまとめてみました。

 

年忘れにっぽんの歌2018の司会は?

司会は

徳光和夫さん(77)

竹下景子さん(65)

中山秀征さん(51)のベテランのお3方です。

 

 

年忘れにっぽんの歌2018の出演者一覧

秋川雅史、秋元順子、麻倉未稀、渥美二郎、石川さゆり

石川ひとみ、市川由紀乃、五木ひろし、大泉逸郎、大江裕

大川栄策、大月みやこ、丘みどり、梶光夫、加山雄三

狩人、川中美幸、北島三郎、北山たけし、香西かおり

九重佑三子、伍代夏子、小林幸子、今陽子、坂本冬美

五月みどり、島谷ひとみ、島津亜矢純烈、城之内早苗

新川二朗、神野美伽、水前寺清子、瀬川瑛子、千昌夫

園まり、田川寿美、田代美代子、田辺靖雄、天童よしみ

敏いとうとハッピー&ブルー、中条きよし、中村雅俊、長山洋子、夏川りみ

新沼謙治、錦野旦、畠山みどり、原田悠里、氷川きよし

福田こうへい、藤あや子、平和勝次、細川たかし、堀内孝雄

堀江淳、前川清、増位山太志郎、松原のぶえ、マヒナスターズ

美川憲一、三沢あけみ、水森かおり、宮路オサム、三山ひろし

八代亜紀、山内惠介、山川豊、山田太郎、山本譲二

山本リンダ、ロス・インディオス、ロス・プリモス、和田アキ子

(五十音順 敬称略)

 

なお、収録は、12月11日から12日に

東京・中野サンプラザで行われており

 

大晦日は生放送の「紅白歌合戦」にも出場される方もいらっしゃいます。

 

年忘れにっぽんの歌2018見どころ

年忘れ

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/13/kiji/20181213s00041000265000c.html

 

今年は、和田アキ子さんがデビュー以来51年目にして初出演。

「古い日記」「笑って許して」「あの鐘を鳴らすのはあなた」

の3曲をスペシャルメドレーで熱唱します。

 

「私も番組と同じデビュー51 年目。

緊張したけど、すごく楽しかった。リハーサルの時から緊張した。

でも自分のファンだけじゃない人にも歌を聴いてもらえるのは勉強になると改めて思った。

今年は北海道や西日本が天災に襲われた。

それを忘れちゃいけないし、そうしたことを背負って、これからも歌っていきたい。

みんなで楽しめるすごくいい番組だと思いました」

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/13/kiji/20181213s00041000265000c.html

 

 

北島三郎さん(82)は2年連続出演で

50回目に番組のために作曲したオリジナル曲「にっぽんの歌」を

歌手仲間と歌います。

 

「1年は早いな…あっという間に『年忘れ』が来た。

今年も大勢の歌手仲間と歌えて楽しかった。

客席とも一体になれた。

振り返ると今年は台風、地震、大雨といろんなことがあった。

そういった被災地を少しでも元気づけたい、暗くなっちゃ申し訳ない、来年は良い年になれよ!という思いを込めて歌いました。

テレビをご覧の皆さまも是非、一緒に歌ってください」

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/13/kiji/20181213s00041000265000c.html

 

石川さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」や

八代亜紀さんの「舟唄」など

本当に大晦日に聞きたい「誰もが知る名曲」もたっぷりの6時間になっています。

 

プロデューサーの星俊一氏は

「視聴者の皆さまの期待を裏切らない、名曲ばかりを集めました。

豪華出演者による夢の共演、お見逃しなく!」

 

年忘れにっぽんの歌2017(第50回)の視聴率は?

昨年は、NHK紅白歌合戦の裏で

「第50回年忘れにっぽんの歌」の平均視聴率は8・4%。

 

紅白歌合戦よりも高い年齢層のしっかりとしたファンがついています。

 

 

年忘れにっぽんの歌の観覧方法は?

来年はテレビの前ではなく

実際に大物歌手をこの目で観たい!という方も多いのではないでしょうか。

 

「年忘れにっぽんの歌」の観覧募集人数は、500人(250組)。

毎年3000通以上の応募があり、倍率は、10~14倍くらいになっています。

 

11月中に、テレビ東京の昼の映画番組の中で観覧の募集をするようですので

チェックしておくといいですよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました