スポンサーリンク




綱啓永(つな けいと)はジュノンボーイで「文学処女」で俳優デビュー!ツナの日、プロフィール、あらすじも

こんにちは、ももあぼです。

秋ドラマ始まるの楽しみにしていたら、もう始まっているなんて!

今回は、城田優・森川葵W主演の「文学処女」で俳優デビューされる綱 啓永さんです。

綱啓永さんとは?

どのような経緯で芸能界に入ったのかなどを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

綱啓永プロフィール

綱啓永(つな けいと)さんは、俳優です。

綱啓永

(Twitterより)

生年月日:1998年12月24日(19歳)

出身地:千葉県

血液型:O型

身長:175㎝

大学:日本大学2年生

第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのグランプリ

綱啓永さんがジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募したのは、母親の友人の推薦だったそうです。

きっと、お母さんたちの間でも噂のイケメンだったのでしょう。

コンテストでは、3次審査の途中で落選するものの、携帯サイトの人気投票による敗者復活戦を勝ち上がりファイナリストに。

綱啓永

https://mdpr.jp/news/detail/1730465

最終選考会では2ヶ月間猛特訓したというサックスを、白いスーツ姿で堂々と演奏。

特技が本当に何にもなくて。ベスト30のときは、ヨーヨー練習して披露したりしていた。動画見ててサックスの動画を見つけて。

https://mdpr.jp/news/detail/1730465

このサックス練習、「ファイナリストになるのが決まって2ヶ月弱ゼロから練習しました」とのことで

かなりの練習量をこなしてきた努力家な一面が見えますね。

スポンサーリンク

またブルゾンちえみさんを相手にした告白審査では、自分のコートを着せ後ろから抱きしめる“バックハグ”で、会場中の女子たちを湧かせました。

綱啓永

https://mdpr.jp/news/detail/1730465

“ロマンチックな港”というテーマで、自分のコートを後ろからブルゾンに着せてバックハグ。からの、「俺さ、ちえちゃんのこと好きだよ」

って、ロマンチックが止まりませんね!

バックハグは、「ジュノンのファイナリストの友達とずっと裏で練習してました。」という綱啓永さん。

そんなところもかわいいですね。

癒し系の雰囲気がある見た目とは裏腹に、頼もしく堂々としたパフォーマンスが評価され、史上初の敗者復活戦からのグランプリという快挙を成し遂げました!

将来の夢は?

将来の夢は、俳優・モデルで

「ジュノンの先輩の溝端淳平さんや菅田将暉さんのような俳優になりたい」と発言している。

そして、憧れの俳優に山崎賢人を、共演したい女優に広瀬すずの名前を挙げている。

https://mdpr.jp/news/detail/1754316

山崎賢人さんは、見た目も演技をしていないときのキャラクターも好きなのだとか。

いつか共演できるかもしれませんね。

スポンサーリンク

27日はツナの日

綱啓永さんは、毎月27日をとても大切に過ごしています。

苗字が数字になっちゃう人限定で盛り上がっちゃうものなのでしょうか?

文学処女

LINEコミックスオリジナルの同名漫画を実写ドラマ化。

原作は、中野まや花先生です。

綱啓永

文学処女あらすじ

出版社に勤める月白鹿子(森川葵)は、恋愛経験がない26歳。

念願の文芸編集部に配属され、編集長から人気作家の加賀屋朔(城田優)の担当を任される。

実は鹿子にとって加賀屋は、恋を知らない自分に、本を通して“初恋”を教えてくれた特別な存在だった。

鹿子は加賀屋と二人三脚で作品を作ろうと懸命に取り組むが、加賀屋からはドライな態度で雑事ばかりを押し付けられる。

そして、思わせぶりに近づいたかと思えば気まぐれに遠ざけようとする加賀屋の態度に翻弄されつつも、鹿子は徐々に心惹かれていく。

https://tv.yahoo.co.jp/tv_show/drama/autumn/00001377drama.html

スポンサーリンク

綱啓永演じる「川端龍之介」

綱啓永

(Twitterより)

ドラマオリジナルキャラクターの川端龍之介(22)。

主人公・月白鹿子の務める緑線社の編集者で、新入社員です。

とにかく優しい性格でポジティブに仕事を頑張る役どころなのだそう。

今回、綱啓永さんの俳優デビュー作になります。

ドラマではメガネをかけている綱啓永さん。それもまたいいですね。

(Twitterより)

「城田さんと中尾さんにも右も左もわからない自分を支えてくれて心強かったです。

芸能の世界に飛び込んで数ヶ月でドラマに出演できる事に感謝の気持ちでいっぱいです」

「撮影初日は緊張をしすぎて食事もまともにできなかった事を覚えています(笑)。

約1ヶ月間の撮影期間でしたが、本当に濃密な時間を過ごす事ができました」

https://www.oricon.co.jp/news/2117926/full/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=jstw003

写真を見ると、本当に和やかな雰囲気が伝わってきます。

弟キャラすぎて、イジらてれますけど、それもまた楽しそうですよね。

ちなみに、城田さんは、メインキャストで作家の加賀谷 朔 役。

中尾さんは、 編集者の先輩、望月 千広 役です。

綱啓永まとめ

綱啓永さんは、19歳。

今回の「文学処女」が初めてのお仕事、初めての俳優デビューです。

ジュノンのグランプリというだけあって、「フェアリー男子」という称号までもらった綱啓永さん。
フェアリー男子って、瀬戸康史さん以外では聞いたことないよ!

一体どんな俳優さんになっていくのか楽しみです。

そして、27日をツナの日とする綱啓永さんもかわいいです。

これからの活躍を楽しみにしています。

広告336