高橋一生の教え子は、矢作穂香!年齢や留学理由、古川雄輝の噂は?僕らは奇跡でできている

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

10月9日(火) からスタートする

「僕らは奇跡でできている」(21時~)に出演する

矢作穂香さんの魅力に迫っていきたいと思います。

矢作穂香プロフィール

矢作 穂香(やはぎ ほのか)さんは、女優・モデルです。

矢作穂香

http://www.ken-on.co.jp/artists/yahagi

別名義:未来 穂香(みき ほのか)2016年6月まで

生年月日:1997年3月7日(21歳)

出身地:千葉県

身長:155 cm

血液型:B型

趣味:映画鑑賞・お菓子作り

特技:英会話・クラシック・バレエ

所属事務所:研音

2008年、小学6年生の時に家族で遊園地に行った際スカウトされ、

2009年からファッション雑誌『ラブベリー』の専属モデルデビュー。

2010年3月、『夢の見つけ方教えたる2』で女優デビュー

2010年11月、映画『マリア様がみてる』で主演。

2014年8月末をもって契約満了によりエヴァーグリーン・エンタテイメントを退社。

2015年10月からニューヨークへ留学し、2016年3月に帰国。

2017年4月より研音に所属。

矢作穂香の留学の理由は?

憧れの女優はオードリー・ヘプバーンとアン・ハサウェイ。

将来の夢はヘプバーンのような国際的な女優になること。

大学に行きたいとは思っていたんですが4年間も両立できないだろうなと、

学びたかった語学の専門学校もいいかなとは思ったんですが、

両親の「だったら留学して、現地の英語を学んで帰って来た方がいいんじゃない?」

というアドバイスで。

「海外で生活してみなよ」と背中を押されて、

「何事も経験」だと思って留学することに決めました。

https://news.mynavi.jp/article/20180720-666785/2

また、「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」の撮影現場では、

帰国時女の古川雄輝さんや

永田琴監督が英語を話しているのがうらやましかったこと、

香港のファンイベントで、古川さんがペラペラで内心悔しくて、

私も英語をしゃべりたい!と思ったことが最終的なきっかけなのだとか。

現在英語は日常会話程度を話すことができるそうで

「世界の方たちとまたつながれるきっかけをもらえました。

前回は、英語はしゃべれなかったけど今回は少し習得したので、

なにかチャンスがあれば生かせればいいな。

『来ていいよ』って言ってくれるとことがあるなら、どこでもいきたいです」

と目を輝かせる。

https://www.oricon.co.jp/news/2120673/full/

主な出演作品

テレビドラマ

2010年、「仮面ライダーオーズ/OOO」

2013年、「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」

2013年、「幽かな彼女」

映画

2012年、「リアル鬼ごっこ4」

2014年、「思春期ごっこ」  主演・蓮見鷹音 役

2015年、「クレヴァニ、愛のトンネル」 – 主演・柏木一葉 役

2017年、「花筐/HANAGATAMI 」- ヒロイン・江馬美那 役

2018年、「鯉のはなシアター」- ヒロイン・奥崎愛実 役

「イタkiss」古川雄輝との噂も

「イタズラなkiss」というタイトル通り、相手役の古川雄輝さんとは

たくさんkissしていました。

矢作穂香

古川雄輝さんとのkissが多かったことや2人の演技力から

本当に付き合っているんじゃないか?という噂が立ちました。

当時、古川雄輝さんは「プライベートでは連絡をとっていません」と

交際を否定しています。

矢作穂香

https://www.oricon.co.jp/news/2118926/photo/8/

10月15日スタートの「ハラスメントゲーム」に出演。

主演の唐沢寿明さんが、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の富山支店長・秋津渉を演じ、

その顧問弁護士、矢澤光太郎役を演じます。

ドラマ「僕らは奇跡でできている」

僕らは奇跡でできている あらすじ

相河一輝(高橋一生)は、動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師。

陶芸家の祖父・相河義高(田中泯)に見守られて育ち、

今は住み込みの家政婦・山田妙子(戸田恵子)と暮らしている。

半年前、かつて師事した鮫島瞬教授(小林薫)の薦めで講師になったが、

生き物の研究に没頭する一方、それ以外には無頓着な一輝。

人の話を聞かなかったり、空気を読めず、悪気なく失言してしまうことも少なくない。

さらに、職場のルールを守ることができず、事務長の熊野久志(阿南健治)に叱られ、

同じ研究室の樫野木聡(要潤)や沼袋順平(児嶋一哉)からも変わり者扱いされていた。

そんなある日、不得意なものは先送りにする悪い癖がたたり、

歯の痛みが我慢できなくなった一輝は、鮫島の紹介で歯科クリニックを受診。

そこで出会った水本育実(榮倉奈々)は、容姿端麗で若くして院長を務める才色兼備なエリート。

歯科衛生士の丹沢あかり(トリンドル玲奈)もうらやむような人生を送っていた。

早速、一輝の診療にあたる育実だったが、一方的に話したり、診察の時間を守らない一輝の態度にいら立ちを隠せなくなり、

「常識っていうものがないんですか?」とキツイ一言を浴びせてしまう。

一方、大学では一輝の講義を受けている新庄龍太郎(西畑大吾)や青山琴音(矢作穂香)、尾崎桜(北香那)、須田巧(広田亮平)ら学生たちが、

一輝の出した“一風変わった課題”に頭を悩ませ…。

https://tv.yahoo.co.jp/program/49887680/

矢作穂香さん演じる青山琴音とは?

矢作穂香

https://www.ktv.jp/bokura/chart/

ファッションが大好きなオシャレ女子大生。

気になる異性に関しては、積極的に行動する「肉食系女子」

最初は一輝の講義に無関心だったものの一輝の独特な言動に徐々に興味を抱いていく。

https://www.ktv.jp/bokura/chart/

高橋一生さん演じる主人公の大学講師・相河一輝の教え子です。

「一輝先生とかかわってから、それまで何にも興味のなかった琴音が変わっていき、

どう成長していくのか、まだ分からないですが、

少しでも影響を受けている一輝先生に、琴音としてもっと近づいていけたらと思います」

「ファッションとか今どきのものに目がないところは琴音に似てるなかな?(笑)」

と、コメントしています。

確かに、思いを寄せる(?)学生さんは、1人はいないとですよね。

一輝先生に肉食女子として近づいていく琴音にも注目したいところですが

オシャレ女子と言う設定上、琴音の毎回(毎日?)のコーディネートにも

注目が集まりそうですね。

矢作穂香まとめ

矢作穂香さんは、女優・モデルです。

2009年からモデルデビューを経て、女優さんとして活躍されています。

「いたずらなkiss」では、アジア各国でも放送され、

特に中国ではものすごい人気だったそうです。

今回の「僕らは奇跡でできている」では

主人公・一輝先生の教え子の大学生、青山琴音を演じます。

一輝先生との関係も気になりますが

琴音の装いは、秋・冬ファッションの参考にもなるのではないでしょうか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする