YUKI(岩根佑樹)は世界大会(FISM)3位のマジシャン!高校や経歴は?沼にハマってきいてみた



スポンサーリンク

こんにちは、ももあぼです。

12月3日放送の

「沼にハマってきいてみた」は、

「奇跡の技!10代マジシャン大集合!マジック沼」

と、いうことで

10代と若いけれど実力があるマジシャンの方々が出演します。

いいですね、頑張ってほしいです。

マジックといえば、Mr.マリックさんやセロさんが有名ですが

調べてみると、マジシャンの方って

ものすごく多くて人気があるんですね。

素人だと忘年会の一発芸と言う感じですが

やっぱりプロは違いますよね。

と、いうことで今回は

YUKIさんこと、岩根佑樹さんについてです。


スポンサーリンク

YUKI(岩根佑樹)プロフィール

YUKI

https://shotakashige.themedia.jp/posts/4802002

誕生年:2000年生まれ(18歳)

3歳の時に「FISM 2003」をテレビで観たのがきっかけで、

マジックに興味を持ちます。

2011年春、クロースアップマジックを始め、

2012年夏にステージマジックを独学で始めました。

2012年秋から積極的に国内外のコンテストに出場されています。

クロースアップマジックとは?

クロースアップ・マジック (英: close-up magic) とは、

マジックの形態のひとつで、少人数の観客に対してマジシャンが至近距離で演じるものをさす。

テーブルマジック (table magic) とほぼ同義である。

逆に大勢の観客に対して舞台上のマジシャンが離れた距離で演じる場合は

ステージマジックという。

(Wikiより)

最初は、ご両親や友人などごく少人数の前から始めて

徐々に観客を増やしていった感じなのでしょうか。

しかし、12歳で

ステージマジックを独学で始めるところが凄いですよね。


スポンサーリンク

岩根佑樹憧れのFISMとは?

FISM(フィズム)は、世界各国の団体が加盟する、マジックにおける世界最大規模の連合体である。

3年に1度開催される「FISMマジック世界大会」をFISMということもある。

(wikiより)

岩根佑樹さんが、3歳で観たのは

「FISMマジック世界大会」だったんですね。

ただ、FISMマジック世界大会に出場するためには、

「日本奇術協会主催の選考会」(各クラブの選考会)から

アジア地域の予選会「FISM ASIAコンテスト」で出場権を得て

世界大会へ…という感じで狭き門なのですね。

FISMのショーに出演することは名誉なことで、世界的に通用する実力であることが認められることになる。

また、コンテストに入賞あるいはグランプリを獲得すれば、マジシャンとして最高の誉と名声を得ることになるため、世界中から毎回100~150組近くの演技者が参加する。

コンテストで要求されるレベルは非常に高く、第一線で活躍しているプロマジシャンが真剣勝負する様は圧巻である。

(wikiより)

FISMでは、

技術/ハンドリング (Technical Skill/Handling)

ショーマンシップ/プレゼンテーション (Showmanship/Presentation)

エンターティメント性 (Entertainment value)

芸術性/全体構成 (Artistic Impression/Routining)

オリジナリティ(Originality)

魔法らしさ (Magic Atmosphere)

http://www.script-m.jp/blog/?p=64

この6つの項目を審査し、ポイントを振り分けていくのですが

魔法らしさ」っておもしろいですね。

これを見て、真っ先に思い浮かんだのがフィギュアスケートで

技術や構成などのポイントがあったように思いますが

魔法らしさがあるのは、マジックならでは…といったところなのでしょうか。

岩根佑樹の受賞歴や経歴は?

2013年

TMA Magic Convention ステージ部門 TMA 特別賞

テンヨー 第12回 ジュニアマジシャンビデオコンテスト グランプリ

中部奇術連合会 ワンデーコンベンション 2位

2014年

TMA Magic Convention ステージ部門 2位

第9回マジックポットコンベンション 2位(ゲスト出演)

2013年

2013 関西奇術連合会マジックフェスティバル

第14回 ICMコンベンション ジュニアセッション

FISMアジアステージ国内選考会 1位

2014年

FISM ASIA大会

マニピュレーション部門

入賞はしていないものの、FISMの挑戦資格を得ました。

2015年

第26回 イタリアで行われた

FISM 世界大会出場

(日本人の受賞者はいませんでした)

しかし、岩根佑樹さんは

最年少日本人コンテスタントになりました。

2017年

FISM マジックアジア大会 2017 第3位

2018年

第27回の韓国・釜山で行われた

世界大会のFISM

マニピュレーション部門 第3位

こちらでも

日本人最年少受賞者になりました。

マニュピュレーションとは、

手に持ったトランプを消すなど、手先の器用さを追求するマジックのジャンルで

ステージでの演目という感じのマジックのようです。

ちょっと不十分なところもあるかと思いますが

それでも10代でこれだけの受賞歴や経歴があるなんて

すごいですよね。


スポンサーリンク

岩根佑樹の高校は?

岩根佑樹さんの高校は、大阪学芸高等学校です。

デビューが早くて世界での経験もありますが

まだ高校3年生なんですね。

沼にハマってきいてみたでは?

18歳マジシャンYUKIが

世界大会のマニピュレーション部門3位を獲得した奇跡の技を披露する

https://tv.yahoo.co.jp/program/52080423/

10代で世界に認められた岩根佑樹さんのマジックを

テレビでみられるなんて。

Twitterでもあったのでご紹介しますね。

何が起こっているか考えるというより

確かに魔法っぽいし、見とれてしまいます。
この、NHK「沼にハマってきいてみた」の

InstagramやTwitterでは、

毎回そのテーマのイラストを

イラストレーターさんや漫画家さんが

描いていますので、

今回の放送はどのように描いてくれるのかも

楽しみの一つですよ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする