スポンサーリンク




坐骨神経痛はいつまで続く?若くてもなる原因は?整形外科と接骨院どっちに行く?【体験記】

お尻から太もも、太ももから足首にかけて

まるで電撃が走るような痛みはありませんか?

若くても坐骨神経痛になること、ご存じですか?

私は、椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛に2回なったことがあります。

30歳のときでした。

もっとご年配の人の症状かと思っていたのでショックを受けたのを覚えています。

今回は、そのときの体験を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

坐骨神経痛の原因は??

坐骨神経痛になった原因に心当たりはありますか?

私は1回目は、ダイエットのためのストレッチで無理をしてしまったことなのですが(;´∀`)

2回目は心当たりがなく、2時間程車に乗っていた時に急に痛み出しました。

後でも記述いたしますが、○○しているとき!!としっかり言える原因があるのならば

接骨院でも健康保険の対象になることがあるのだそうです。

坐骨神経痛の症状がでる原因(病名)は、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、

梨状筋症候群、股関節疾患などがありますが

いずれも坐骨神経を圧迫することにより、痛みが出てくるようです。

20代~30代でも、座り仕事が多かったり、前かがみの仕事が多かったり、

体が歪んでいたりすると症状が出てくることがあるようです。

坐骨神経痛の症状はいつまで続くの?

冷えむくみ 坐骨神経痛

梨状筋症候群が原因の場合、筋肉が緊張している状態なので、その緊張をほぐしていくと

症状が軽くなります。

治療期間の目安は、1~3か月です。

椎間板ヘルニアなどが原因の場合、治療しないと治らないので

治療期間の目安は、半年以上です。

ただ、椎間板ヘルニアは若い方もなりやすく、若い方の方が治るのも早いです。

その場合の目安は、2~6か月です。

自分がどれなのかわからない…

私が坐骨神経痛になったとき検索しまくって思った感想です。

自分で判断しないで、専門家に診てもらうのが1番です!!

整形外科と接骨院、どっちがいいの?

診てもらうのはわかったけれど、どっちがいいのって話ですよね。

私はどちらも行きました。

坐骨神経痛

坐骨神経痛の症状が出ているけれど原因疾患がわからない場合、

とりあえず整形外科を受診することをお勧めします。

整形外科できちんと検査をして、この症状の原因は何かがわからないといけないですし

多少の待ち時間はありますが、歩けないほど痛いときに

鎮痛剤やシップを処方してもらえることは、本当にありがたいです。

腰の牽引の機械も気持ちよかったです。

原因疾患がわかっていて、痛みが残っているのであれば

接骨院や整体、鍼灸院で治療を受けることもいいと思います。

一部保険が適用される場合がありますが、医師の同意書が必要で

どちらにしても一度整形外科に行かないといけません。

そして、3か月ごとに同意書が必要になります。

私は、地域の口コミや評判を参考にして接骨院を選びました。

保険適用外で、整形外科よりお金はかかりましたが、

電気治療と手技による施術を受けました。

姿勢や生活習慣の指摘も受けました。

スポンサーリンク

まとめ

そうは言っても、なかなか行く時間がないから家でストレッチして治したい

と思われる方は、多いんじゃないかと思います。

しかし、痛みが激しい急性期にストレッチすることはオススメしません。

安静に。

このままずっと痛いままだったら…と不安な気持ちもわかりますが

鎮痛剤を飲んで安静にして、できるだけ早く整形外科(または接骨院など)へ行きましょう。

痛みが弱まってきたら、少しずつ無理のない範囲でストレッチを始めましょう。

私が接骨院で教えてもらったことは

なるべくお風呂に使って温めること。冷えは大敵です。

坐骨神経痛

整形外科に行くにしても、接骨院などに行くにしても

専門家に診てもらうことは、とても大事です。

坐骨神経痛の治療期間を見る限り、徐々に良くなっていくという感じなので

再発しないよう上手に付き合っていくことが大事だと思います。

広告336




広告336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告336