JAL系ジップエア新制服のデザイナーは?採用・いつから乗れるの?

スポンサーリンク


こんにちは、ももあぼです。

 日本航空が新たに設立した格安航空会社(LCC)の「ジップエア トーキョー」(東京)は11日、乗務員の制服などを報道陣に公開した。

一般の航空会社では革靴が多いが、動きやすさにこだわり、客室乗務員(CA)やパイロット、地上職は全員スニーカーを履く。

CAが地上職を兼務するため、制服はどの職種でも統一感があるデザインにした。業務内容やその日の気分などに合わせて、白のシャツに黒のジャケットやワンピースなどを組み合わせる。

http://news.livedoor.com/article/detail/16302405/

JAL系ジップエアの新制服にスニーカー!

http://news.livedoor.com/article/image_detail/16302405/?img_id=20691615

2020年運航を開始する日本航空系の格安航空会社「ZIPAIR Tokyo」(ジップエア トーキョー)が、スニーカーを採用した制服と機体のデザインを発表しました。

業務に応じて着回しができること、スニーカーが採用されたこと、黒と白で構成され「動きやすさ」と「疲労感の軽減」を念頭にした制服になっています。

スポンサーリンク

ジップエア制服のデザイナーは堀内太郎!

堀内太郎(ほりうち たろう)さんは、デザイナーです。

http://www.zipairtokyo.com/ja/press/article/2019/0411_02.html

誕生年:1982年

出身地:新潟県

経歴

父が美術商で生活の中にアートがあったという堀内さん。

中学卒業後は、渡英し美術や写真、ファッションなどを学ぶうちに「アートのようなファッション」をやりたいと考え、2003年アントワープ王立芸術アカデミーに入学。首席で卒業しました。

2008年に渡仏し、「ニナ・リッチ」などに勤務後、2010年に「TARO HORIUCHI」(タロウホリウチ)を立ち上げます。

2012年には「第30回 毎日ファッション大賞」新人賞を受賞。世代や性別を超えた価値観をコンセプトに、自らの感覚を日常に落とし込むクリエイションで注目を集めてきました。

2018年にメンズブランド「th」を立ち上げ、2019年には写真家Ronald Stoopsの展覧会を監修するなど、活躍の幅を広げています。

ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)の名前の意味は?

『ZIPAIR』の名称は、英語で、矢などが素早く飛ぶ様子を表した擬態語“ZIP”から生まれた造語であり、「フライトの体感時間が短い」エアラインであることを表現しています。

また、“ZIP CODE”(郵便番号)が持っている「さまざまな場所に行ける」というイメージや、デジタルファイルフォーマットの“.zip”のイメージを盛り込み、

「至る所に日本人らしい創意工夫をつめて、計算し尽くされた移動体験を目指す」という想いを込めました。

また、社名については、新しいエアラインのベースとなる地名であり、世界でも有数のカルチャー発信都市でもある「東京」を冠して『ZIPAIR Tokyo』としました。

http://www.zipairtokyo.com/ja/press/article/2019/0308.html

朝の情報番組に、そんな意味があったとは。。。

スポンサーリンク

ジップエアにいつから乗れるの?

http://www.zipairtokyo.com/ja/press/article/2019/0411_02.html

ジップエアの機体はグレーが基調で、緑色の線が機体の横にデザインされています。

ジップエアは、国際線の中長距離の路線を飛ぶ格安航空会社として設立され、2020年3月末には、まず成田からソウルとバンコクへの2つの路線で就航する予定となっています。

HPによると、ジップエアは、2019年3月8日に航空運送事業許可申請を行ったのだそう。

2020年サマースケジュール 東京(成田)=バンコク(スワンナプーム)

2020年サマースケジュール 東京(成田)=ソウル(仁川)

サマースケジュールとあるので、2020年の夏から乗ることができるのでしょうか。

ZIPAIRの採用は?

ZIPAIR TokyoのHPを見てみると、運航乗務員や客室乗務員の採用説明会(4月中旬予定)・プレエントリーは終了していますが、

2019年4月13日(土)より、客室常務員の本エントリーが開始されるようです。

2020年にあの制服を着ることができる可能性があるってことですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする